Confluence 6.2 アップグレード ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問


以下は、Confluence 6.2 へのアップグレード時の重要注意事項です。このリリースの新機能と改善点に関する詳細は、「Confluence 6.2 リリースノート」を参照してください。

アップグレード ノート

Confluence 6 はメジャー アップグレードです

Confluence 5.x からアップグレードする場合、これらのアップグレードノートを熟読し、フルバックアップを行い、非本番環境でアップグレードをテストしてから、本番サイトのアップグレードを実行してください。

このページへのリンクが移動されました

[共有] ボタンを使用してページに小さなリンクを使用できるようになったため、 メニューから「このページにリンク」オプションを削除しました。このリンクを取得する既存の「k」キーボード ショートカットは引き続き使用できます。 

[共有] ダイアログの変更

[共有] ダイアログ ボックスに、いくつかのマイナーな変更を行いました。常に利用できるようになり、チャットはその他の方法で共有できる、ページへの小さなリンクが含まれるようになりました。これまで、[共有] ボタンは、メールサーバーを構成している場合にしか表示されませんでした。 

ページ インデックス マクロの変更

大きなスペースでは、ページ インデックス マクロが大量のメモリを消費する場合があります。サイトでメモリ不足が発生するのを防ぐため、スペース内のページが 200 より多いの場合はページ抜粋が表示されなくなり、スペース内のページが 5000 より多い場合、ページがリストされなくなりました。この制限は、システム プロパティを使用して増減させることができます。 

アップグレード後の設定ファイルの更新

The contents of configuration files, such as server.xmlsetenv.bat / setenv.sh and confluenceinit.properties change from time to time. 

アップグレード時、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加(プロキシ設定、データソース、JVM パラメータなど)を手動で再適用することをお勧めします。そうしない場合、アップグレードで実施した改善が失われてしまいます。

Confluence 5.x からのアップグレード

共同編集は Synchrony の魔法によって利用可能になりました。Confluence Server をインストールすると、Synchrony はサーバー上で別のプロセスとして動作するように設定されます。

Confluence 5.x からアップグレードする場合、知っておく必要がある要件がいくつかあります。

  • メモリおよび CPU:以前の Confluence リリースよりも多くのリソースをサーバーに与える必要がある場合があります。Confluence をインストールすると、Synchrony (共同編集に必要)はサーバー上で別のプロセスとして動作するように設定されます。Synchrony デフォルトの最大ヒープ サイズは 1GB です(Confluence の要件の最上位)。 
  • WebSockets:共同編集は WebSockets を使用して最適に動作します。ファイアウォール/プロキシで WebSocket 接続を許可する必要があります。 
  • SSL termination:Synchrony は直接 HTTPS 接続をサポートしないため、SSL はロード バランサ、プロキシ サーバー、またはゲートウェイでターミネートされる必要があります。 
  • Database drivers: You must use a supported database driver. Collaborative editing will fail with an error if you're using an unsupported or custom JDBC driver (or driverClassName in the case of a JNDI datasource connection). See Database JDBC Drivers for the list of drivers we support.
  • データベース接続プール:ご使用のデータベースは、Confluence と Synchrony の両方をサポートできるように十分な接続数を許可する必要があります (既定値は最大プールサイズの 15)。  


インフラストラクチャの変更 

開発者向けの情報

このリリースでは、アドオンに影響を与える可能性のあるライブラリー アップグレードがいくつかありました。 

変更の詳細については、「Confluence 6.2 の準備」を参照してください。

サポート終了のお知らせ

Confluence 6.2 では、サポートされるプラットフォームに変更はありません。 

  • 予告: Oracle Solaris のサポート終了
    Confluence 6.2.x は Oracle Solaris オペレーティング システムをサポートする最後のリリースとなります。 

詳細は、Confluence のサポート終了のお知らせを参照してください。

既知の問題

アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Confluence のバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1.  > [一般設定] > [サポート ツール] > [ヘルスチェック] の順に移動して、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベース設定などを確認します。
  2. アップグレードする前に、インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、およびデータベースをバックアップすることを強くおすすめします。
  3. ご使用の Confluence のバージョンが 6.0 より前の場合、そのバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリースリリース ノートおよびアップグレード ガイドお読みください。
  4. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  5. アップグレード ガイド」の説明に従います。

既知の問題のチェックとConfluenceアップグレードのトラブルシューティング

Confluence インストールのアップグレードに必要な手順が完了したら、「Confluence のアップグレード後のチェックリスト」のすべての項目を確認し、すべてが期待どおりに動作していることを確認します。適切に動作していないところがあれば、既知の Confluence の問題を確認し、以下に記載されているアップグレードのトラブルシューティングを試してください。

  • 既知の問題を確認してください。Confluence のリリース後にその最新バージョンで問題が見つかる場合があります。そのような場合、既知の問題に関する情報を Confluence ナレッジベースで公開します。
  • コミュニティで回答を確認してください。他のユーザーに同じ問題が発生している可能性があります。Atlassian Answers のコミュニティから回答を確認することができます。
  • Confluence のアップグレード中に問題が発生しましたか?Confluence ナレッジベースで、アップグレードのトラブルシューティングを行うガイドを参照してください。

  • アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。
Last modified on Mar 25, 2019

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.