Confluence 6.13 アップグレード ノート

Confluence リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 6.13 にアップグレードする際の重要注意事項です。このリリースの新機能と改善点に関する詳細は、「Confluence 6.13 リリースノート」を参照してください。 

アップグレードノート

Confluence Server and Data Center 6.13 is an Enterprise Release
This means we'll provide bug fix releases until 6.13 reaches end of life, to address critical security, stability, data integrity, and performance issues. 

Ready to upgrade? Check out the Confluence 6.13 Enterprise Release Change Log for a roll-up of changes since 6.6. 

AdoptOpenJDK

In Confluence 6.13.0 and 6.13.1 we continue to bundle the Oracle JRE, but it's very straightforward to switch to AdoptOpenJDK if you prefer.  

From Confluence 6.13.2 we bundle the AdoptOpenJDK JRE by default.  You can choose to switch back to Oracle if you prefer. 

Head to Change the Java vendor or version Confluence uses for a step-by-step guide to changing the Java version for Confluence to use.

Font configuration issue

We have identified a font configuration issue that impacts Linux operating systems. You may need to install a font configuration package in order to install and run Confluence with AdoptOpenJDK.  See Confluence Server 6.13 or later fails with FontConfiguration error when installing on Linux operating systems

PDF export changes

We've improved the styling of our PDF exports. Some of these fixes have changed the behaviour of the PDF. Here are some of the significant changes:

  • PDFs are now exported page by page. This means that each Confluence page will start on a new PDF page (and not be combined).
  • Headings are no longer demoted, based on the page's level in the page hierarchy (for example, if an exported page was 2 levels deep, h1 headers were demoted to h3, h2 headers to h4 and so on). Headings now match the level set on the Confluence page. 
  • Tables are no longer resized to fill the PDF page width.  They are now resized based on the amount of content in the table.
  • Table columns are no longer equal width. Columns are resized based on the amount of content in the table. 

In most cases you can use CSS styling to replicate the Confluence 6.12 and earlier behaviour. See Customize Exports to PDF for more info. 

インフラの変更 

開発者向け

Head to Preparing for Confluence 6.13 to find out more about changes under the hood. 

サポート終了のお知らせ

As previously announced, PostgreSQL 9.3 is no longer supported.

Confluence 7.0 is coming

Confluence 6.0 のリリースから 2 年が経過し、Confluence 7.0 の計画をお知らせする時期を迎えました。

7.0 などのプラットフォーム リリースでは、使用頻度の低い機能やパフォーマンスが悪い機能の削除などの大きな変更を行う場合があります。このような変更は短期的には破壊的な操作ですが、Confluence のユーザー エクスペリエンス、パフォーマンス、および安定性を改善するための必要不可欠な機会です。

Your feedback during this process is really important to us, which is why we are sharing our plans with you now.

Head to Planned changes in Confluence 7.0 for details of features we're considering removing. Formal end of support announcements will be made closer to the release of Confluence 7.0.

既知の問題

アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Confluence のバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. > [サポートツール] > [ヘルスチェック] の順に移動し、ライセンスの有効性、アプリケーションサーバー、データベース設定などを確認します。
  2. Before you upgrade, we strongly recommend that you back up your installation directory, home directory and database.
  3. ご使用の Confluence のバージョンが 6.5 より前の場合、そのバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリースリリースノートおよびアップグレードガイド読んでください。
  4. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  5. アップグレードガイド」の説明に従ってください。

アップグレード後の設定ファイルの更新

The contents of configuration files such as server.xml, web.xml , setenv.bat / setenv.sh and confluenceinit.properties change from time to time. 

アップグレード時、以前のインストールのファイルで単純に上書きするのではなく、これらのファイルへの追加 (プロキシ設定、データソース、JVM パラメーターなど) を手動で再適用することをお勧めします。そうしないと、アップグレードで実施した改善が失われてしまいます。

Check for Atlassian Companion MSI updates

The Atlassian Companion app manages the download and re-upload of files edited in Confluence. If you distribute the Companion app using the Microsoft Installer (MSI), the app won't automatically get the latest security updates and bug fixes. Check the Atlassian Companion app release notes to make sure you're running the latest version.

Confluence 5.x からのアップグレード

共同編集は Synchrony の魔法によって利用可能になりました。Confluence Server をインストールすると、Synchrony はサーバー上で別のプロセスとして動作するように設定されます。

Confluence 5.x からアップグレードする場合、知っておく必要がある要件がいくつかあります。

Collaborative editing requirements...
  • メモリおよび CPU:以前の Confluence リリースよりも多くのリソースをサーバーに与える必要がある場合があります。Confluence をインストールすると、Synchrony (共同編集に必要)はサーバー上で別のプロセスとして動作するように設定されます。Synchrony デフォルトの最大ヒープ サイズは 1GB です(Confluence の要件の最上位)。 
  • WebSockets:共同編集は WebSockets を使用して最適に動作します。ファイアウォール/プロキシで WebSocket 接続を許可する必要があります。 
  • SSL termination:Synchrony は直接 HTTPS 接続をサポートしないため、SSL はロード バランサ、プロキシ サーバー、またはゲートウェイでターミネートされる必要があります。 
  • Database drivers: You must use a supported database driver. Collaborative editing will fail with an error if you're using an unsupported or custom JDBC driver (or driverClassName in the case of a JNDI datasource connection). See Database JDBC Drivers for the list of drivers we support.
  • データベース接続プール:ご使用のデータベースは、Confluence と Synchrony の両方をサポートできるように十分な接続数を許可する必要があります (既定値は最大プールサイズの 15)。  

既知の問題のチェックとConfluenceアップグレードのトラブルシューティング

Confluence インストールのアップグレードに必要な手順が完了したら、「Confluence のアップグレード後のチェックリスト」のすべての項目を確認し、すべてが期待どおりに動作していることを確認します。適切に動作していないところがあれば、既知の Confluence の問題を確認し、以下に記載されているアップグレードのトラブルシューティングを試してください。

  • 既知の問題を確認してください。Confluence のリリース後にその最新バージョンで問題が見つかる場合があります。そのような場合、既知の問題に関する情報を Confluence ナレッジベースで公開します。
  • コミュニティで回答を確認してください。他のユーザーに同じ問題が発生している可能性があります。Atlassian Answers のコミュニティから回答を確認することができます。
  • Confluence のアップグレード中に問題が発生しましたか?Confluence ナレッジベースで、アップグレードのトラブルシューティングを行うガイドを参照してください。

アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポートチケットを作成して、当社のサポートエンジニアのサポートを受けてください。

最終更新日 2019 年 3 月 25 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.