Confluence 6.13 リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

   

 .  

さらに読む

本リリースに関する重要な情報をアップグレード ノートでご確認ください。また、解決済みの課題の完全な一覧をご確認ください。


フィードバックをお寄せください

投票の 770 票以上が製品に反映されています!

Confluence Server and Data Center 6.13 is an Enterprise Release
This means we'll provide bug fix releases until 6.13 reaches end of life, to address critical security, stability, data integrity, and performance issues. 

Ready to upgrade? Check out the Confluence 6.13 Enterprise Release Change Log for a roll-up of changes since 6.6. 

Confluence を AdoptOpenJDK 8 で実行

Oracle は 1 月に Oracle JDK 8 の公式アップデートの提供の停止を予定しています。これにより、有償のサブスクリプションまたはサポート契約をお持ちの Oracle のお客様のみが、アップデートを行えるようになります。  

お客様に有効な選択肢を提供するため、Confluence 6.13 では AdoptOpenJDK 8 での実行のサポートを開始しました。AdoptOpenJDK は無料で使用でき、定期的なメンテナンスとセキュリティ アップデートが提供されています。IBM などの企業を通じて AdoptOpenJDK の有料サポートを利用することも可能です。 

引き続き Confluence の Oracle JDK / JRE 8 での実行はサポートされます。また、今後のリリースでは Java 11 のサポート開始を予定しています。 

GDPR への準拠を支援する機能

現在、ほとんどの企業が EU 一般データ保護規則 (GDPR) への準拠を念頭に置き、EU 規制が実際には適用されない地域においても多くのユーザーがベスト プラクティスの導入を検討しています。 

このリリースでは、ユーザー アカウントを永久に削除し、そのアカウントに関連付けられた個人を特定可能な情報の大半を匿名化する機能を追加しました。いくつかの制限事項がありますが、多くの企業で活用していただけるツールとなっております。

管理先を問わずにアカウントを削除

ユーザー アカウントの削除は非常に簡単に行えます。ユーザー アカウントが保管されているディレクトリへの書き込み権限を Confluence が持っている場合、ユーザー管理画面に移動し、ユーザーを見つけて [削除] をクリックするだけで操作が完了します。 

Confluence がディレクトリへの書き込み権限を持たない場合や、ユーザー アカウントが複数のディレクトリに存在する場合、2 段階の手順を行います。ユーザー アカウントをすべての外部ディレクトリから削除したら、ユーザー管理画面の [ディレクトリと非同期] タブに移動して、そこから削除します。 

アカウントを削除すると、Confluence は次の処理を実行します。

  • アカウント、プロファイル画像 (アバター)、個人情報の削除
  • フルネームとユーザー名を匿名化されたエイリアスで置き換え
  • 検索結果にユーザー名が表示されないよう、ユーザーが投稿したりメンションされたりしていたすべてのコンテンツの再インデックスを実施   

ユーザーを削除するとそのアカウントのコンテンツはどうなりますか?

ユーザー アカウントを削除しても、ページ、コメント、およびその他の Confluence コンテンツが削除されることはありません。ユーザーのパーソナル スペースも削除されません。これは、パーソナル スペースに組織が所有している情報が含まれている可能性があるためです。 

したがって、アカウントの削除後は、パーソナル スペースの削除や、フリー テキストで表現されていたり、データベースでサードパーティ製アプリや Synchrony のデータとして保持されていたりする個人に関する情報の書き換えが必要になります。 

サイト内での削除済みアカウントの表示形式について

アカウントを削除すると、ダッシュボード、ページ履歴、@メンション、マクロなどの場所で、フルネームが "user-12345" のようなエイリアスで置き換えられます。ユーザー名はユーザー キー (一意の文字列) で置き換えられます。  

サイト内で統一されたエイリアスが提供されます。したがって、ユーザーは同じアカウントが作成したページやコメントを特定することはできますが、そのアカウントが誰であるかを確認することはできません。 

アカウントの削除と無効化の違いについて

ユーザーが組織を離れる場合やユーザーに Confluence へのアクセスが不要になった場合などのほとんどの事例では、ユーザーを無効化する既存のプロセスを利用することをおすすめします。これにより、コンテンツに引き続きユーザー名を関連付け、アカウントを必要に応じて簡単に再有効化できます。 

PDF エクスポートの改善

PDF エクスポートに関連する多数の不具合を修正し、PDF の外観にも複数の改善を行いました。内容のハイライトは次のようなものです。

  • Confluence 内での表示形式をより良く反映するように表を改善。幅全体に広がる拡張や、列の強制的な等幅設定を廃止しました。 
  • 見出しを一貫したサイズで表示するように改善。 
  • 最近の作業、ステータス、およびヒント マクロの表示形式の改善。 
  • それぞれの Confluence ページを新しい PDF ページから開始するようにし、ドキュメントの可読性を向上。 
  • 長い単語や文字列の改行の修正。 

PDF のスタイルは引き続きプレーンでシンプルなものであるため、PDF スタイルシートを使用して独自のスタイルを追加したりすることで、カスタマイズを自由に行っていただけます。  

Cloud への移行を簡単に実行 

Confluence 6.13 には Cloud Migration Assistant for Confluence が同梱されます。チームで Atlassian Cloud への移行を検討している場合、Migration Assistant をぜひご活用ください。 

任意のタイミングでスペースを移行

Migration Assistant を使用して、現在のサイトのコンテンツの量を分析し、新しい Cloud サイトへのスペースの移行計画を作成できます。

どのスペースをどのタイミングで移行するかは自身で決めることができます。たとえば、特定のプロジェクトに関連するいくつかのスペースを最初に移行したり、特定の拠点のチームの作業時間内に影響を与えないよう、そのチームが保有するスペースを移行したりすることができます。

ユーザーが主導権を持って、移行するスペースや計画の実行タイミングを決定し、移行プロセスをリアルタイムで監視できます。1 つのスペースのデータのアップロード中に、次のスペースのデータがデータベースからエクスポートされます。

データを安全に転送

アトラシアンではセキュリティを非常に重視しています。受信トラフィックを許可するためのファイアウォールを変更する必要はありません。ご利用の Server サイトから、アトラシアンが保有する migration.atlassian.com サービス、および新しいクラウド サイトへの発信トラフィックを許可するだけで、移行を開始できます。 

考慮事項

The Migration Assistant is an app, so its capabilities, and required Confluence versions will change over time. Head to the Marketplace listing for a summary of recent changes.  

As at the release of Confluence 6.13, the Migration Assistant only transfers spaces. It doesn't migrate your users. We recommend populating your new cloud site with users first, so people are seamlessly reunited with their content.  It is not yet suitable for migrating Confluence Data Center sites. 

Confluence Server サイトの移行で必要な判断事項や計画については、Cloud Migration をご参照ください。 

Infrastructure recommendations

Running a large Confluence site and want to make sure your current infrastructure is up to the task?We recently ran a series of performance tests on a typical large-sized Confluence instance. We designed these tests to get useful, data-driven recommendations for your deployment's application and database nodes. These recommendations can help you plan a suitable environment, or check whether your current instance is adequate for the size of your content and traffic.

Head to Infrastructure recommendations for enterprise Confluence instances on AWS to check out our recommendations, including full details of our methodology.  

提供開始から 1 年を迎えるエンタープライズ リリースのまとめ

アトラシアンの最初のエンタープライズ リリースとして Confluence 6.6 を指定してから、12 か月が経過しました。この 1 年間での標準リリースとの比較は、次のとおりとなります。

約 4 - 6 週間ごとに新しい 6.6.x バグ修正バージョンを提供し、安定性やパフォーマンスに関連する以降のリリースでの重要な修正のバックポートを行いました。 

ほとんどのお客様に最新の Confluence バージョンを利用していただいていますが、大規模企業のお客様の多くにエンタープライズ リリースをお選びいただきました。また、Data Center のお客様では、Confluence 6.6 の利用がもっとも多くなっています。 

エンタープライズ リリースをさまざまな理由でお選びいただいています。これには、年間を通じたマイナー バージョン アップグレード計画、新しいフィーチャー リリースへのアップグレード負荷を考慮することなく重大な問題や脆弱性に迅速に対応できるメリットなどがあります。 

エンタープライズ リリースと標準リリースの両方において、Confluence を最大限に活用するため、その時点での最新のバグ修正バージョンをインストールすることをおすすめします。 

よいお年をお迎えください。 

解決済みの課題

バグ修正や解決済みの提案の詳細については、Jira を参照してください。

Confluence 6.13 is affected by the following security issues: CVE-2019-3395 and CVE-2019-3396, CVE-2019-3398, and CVE-2019-3394.

When upgrading, we recommend upgrading to the most recent bugfix version, which is 6.13.8.


6.13.8 で解決済みの課題

2019 年 8 月 29 日にリリース済み

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

6.13.7 で解決済みの課題

2019 年 8 月 26 日にリリース済み

This version contains a known issue that affects people running Confluence on Windows using the bundled JRE. See CONFSERVER-58784 - Getting issue details... STATUS for details and a workaround, or upgrade to 6.13.8 or later.

キー 要約 T ステータス
Loading...
Refresh

6.13.6 で解決済みの課題

2019 年 6 月 26 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

6.13.5 で解決済みの課題

2019 年 6 月 03 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

6.13.4 で解決済みの課題

2019 年 4 月 05 日にリリース

From 6.13.4 URLs must be added to Confluence's whitelist before they can be shared using the Share a link blueprint. This is to prevent people from accidentally or maliciously sharing links that may pose a security risk to your site.  


T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

6.13.3 で解決済みの課題

2019 年 3 月 05 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

6.13.2 で解決済みの課題

2019 年 1 月 31 日にリリース

Change to bundled Java vendor

From this version onwards we bundle the AdoptOpenJDK JRE rather than the Oracle JRE. This change will only impact people who run Confluence using the bundled JRE (which is available when you install using the installer)

Both Oracle and AdoptOpenJDK are supported, so if you would prefer to use the Oracle JRE, see Change the Java vendor or version Confluence uses.

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

6.13.1 で解決済みの課題

2019 年 1 月 17 日にリリース

View issues in Jira

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

6.13.0 で解決済みの課題

2018 年 12 月 04 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh


アップグレードの開始

アップグレードする前に、本リリースの重要な変更を確認するためにアップグレード ノートをご確認ください。その後、通常のアップグレード手順に従ってサイトをアップグレードします。

tip/resting Created with Sketch.

最後のアップグレードから時間が経過している場合、Confluence 6.0 以降の重要な変更の概要についてアップグレード マトリクスをご参照ください。

ソフトウェア メンテナンスの更新が完了していることをご確認ください。いますぐ更新

謝辞

すばらしいお客様である皆様に...

いつも Confluence の改善にご協力いただきありがとうございます。インタビューに参加してくださった皆様、機能リクエストの作成、課題への投票、およびバグの報告を行ってくださった皆様に感謝を申し上げます!

最終更新日 2019 年 8 月 29 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.