Confluence 8.8 ベータ版リリース ノート

Confluence Development Releases

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Atlassian presents Confluence 8.8.0-rc1. This is a snapshot of our work in progress, primarily focused on providing app developers an opportunity to test their apps and make any required changes in advance of an official release.

Confluence 8.8.0-rc1 は今すぐダウンロードできます

Development releases are not production ready. Development releases are snapshots of the ongoing Confluence development process. While we try to keep these releases stable, they have not undergone the same degree of testing as a full release, and could contain features that are incomplete or may change or be removed before the next full release.

No upgrade path. Because development releases represent work in progress, we cannot provide a supported upgrade path between development releases, or from any development release to a final release. You may not be able to migrate any data you store in a Confluence development release to a future Confluence release.

Atlassian does not provide support for development releases.



この開発リリースに不具合がある場合、
お手数ですが当社まで問題を報告してください。 

問題を報告する


Highlights of 8.8.0-rc1

2024 年 2 月 2 日にリリース

含まれるもの

  • 軽微なバグ修正

Highlights of 8.8.0-beta1

2024 年 1 月 24 日にリリース

この Confluence リリースは Data Center ライセンスのみをサポートしています。Server ライセンスをお持ちの場合は、アップグレードのオプションをご確認ください

複数の添付ファイルを一度に削除する

対象:エンド ユーザー 管理者

ページの添付ファイルが少量である場合は、添付ファイルを 1 つずつ削除しても問題ありませんが、1 ページにつき多数の添付ファイルを扱う組織にとっては、手動での削除に多くの時間を要することになります。こうしたフィードバックに基づき、今回のリリースでは添付ファイルを一括削除する機能を追加しました。

現時点では、この機能で一度に削除できる添付ファイルは最大 20 個です。選択した添付ファイルをダウンロードすることもできます。

スクリーンショット:選択した添付ファイルを一括削除するための新しい [削除] ボタン。


新しい REST API で便利になったコンテンツ管理

対象: 管理者

より多くの REST API にアクセスして、次のようなコンテンツ管理タスクの自動化、スクリプト作成、拡張に役立てましょう。

  • ページの権限の更新

  • スペースのアーカイブと復元

使用する新しいメソッドについては、REST API のドキュメントを参照してください。

プレーン テキストのユーザー ディレクトリ サーバーのパスワード暗号化

対象: 管理者

シークレット マネージャーで、ユーザー ディレクトリのパスワード暗号化がサポートされるようになりました。これによって、ユーザー ディレクトリを設定する際に、指定されたサーバー パスワードが自動で AES 暗号化されます。ユーザー ディレクトリがすでに設定されている既存のインスタンスでは、Confluence 8.8.0 へのアップグレード時にパスワードが自動で暗号化されます。Confluence は暗号化キーを自動で生成して、キー ディレクトリに保存します。ディレクトリはサイト エクスポートに含まれないため、このディレクトリを手動でバックアップする必要があります。ディレクトリの場所は次のとおりです。

  • クラスター化されたインスタンスshared home ディレクトリ
  • シングルノード インスタンスlocal home ディレクトリ

詳細は「バックアップと復元」をご参照ください。

ATST アプリ ヘルス チェック

対象: 管理者

アトラシアン トラブルシューティングとサポート アプリ(ATST)がバージョン 1.54.0 にアップグレードされ、Confluence Data Center 8.8 で既定で利用可能となりました。チェック項目には次が含まれます。

Confluence 8.7 以前をご利用の場合でも、ATST アプリを 1.54.0 にアップグレードできます。このアップグレードは Atlassian Marketplace で手動により行います。アップグレード後は、最新のヘルス チェック機能をただちに使用できます。

製品内診断用の新しいインフラストラクチャ指標

対象: 管理者

インスタンス インフラストラクチャのヘルスとパフォーマンスを監視するために、新しい指標をいくつか追加します。

  • 送信メール サーバーと受信メール サーバー

  • ユーザーディレクトリ

  • 共有ホーム ディレクトリとローカル ホーム ディレクトリ

  • ノードの通信

  • Synchrony 接続

新しいインフラストラクチャ指標の詳細はこちらをご覧ください。

アクセシビリティのさらなる改善

対象: エンド ユーザー

アトラシアンは、クリティカルなアクセシビリティに関する問題の修正と、最新のアトラシアン ユーザー インターフェイス(AUI)へのアップグレードに注力してきました。Team Calendar、スペース サイドバー、エディター ツールバー、アバター、ドロップダウン メニュー、インライン コメントなど、スクリーン リーダーやキーボードを利用するユーザー向けの改善を行いました。

詳細は解決済みチケットのリストをご参照ください。


アップグレード ノート

Questions for Confluence upgrade required

Questions for Confluence アプリをご利用の場合は、Confluence 8.8 に重大な変更があるため、Confluence 8.8 にアップグレード後はただちに Questions for Confluence 4.5.3 へのアップグレードが必要となります。Confluence 8.8 にアップグレードすると、Questions for Confluence は、より新しいバージョンにアップグレードされるまで読み込まれません。

スタートアップ エラー:データベースの添付ファイル ストレージ

現在でも引き続き添付ファイルをデータベースに保存している場合(この方法は Confluence 5.4 で廃止済みです)、Confluence 8.8 以降にアップグレードする前に、これらをファイル システムに移行する必要があります。この移行を実行しないと、Confluence は正常に起動しません。

添付ファイルをデータベース ストレージからファイル システム ストレージに移行する方法をご確認ください。

Universal Plugin Manager によるアプリのアップロードの変更

セキュリティを強化するために、Confluence を含む Data Center 製品において、Universal Plugin Manager(UPM)と REST API によるアプリのインストール処理方法が変更されました。今後、UPM の [アプリをアップロード] ボタンは既定で無効となります。引き続き、システム管理者は次の 2 つの回避策によって、アプリのインストールを有効にできます。

  1. UI アップロード ボタンと API を再度有効にします。システム プロパティ upm.plugin.upload.enabled を true に設定します。セキュリティ上の理由から、この設定を永久にオンのままにしないでください。プラグインのアップロードが完了したら、オフにすることをお勧めします。

  2. Confluence ファイル システムからカスタム プラグインを読み込みます。システム プロパティ atlassian.confluence.plugin.scan.directory を、再起動時にシステムに読み込まれるカスタム プラグインのターゲット ロケーションに設定します。Confluence ホーム ディレクトリ内のディレクトリをお勧めします (例: $CONFLUENCE_HOME/plugins/installed-plugins など)。このプロパティの設定後は、Confluence を必ず再起動してください。
    **
    Confluence クラスターを実行している場合、機能を有効化するために設定した構成プロパティを取得するには、ローリング リスタートで十分です。

この変更は Atlassian Marketplace からのアプリのインストールには影響しません。開発モードで実行しているインスタンスでは、UPM のアップロード オプションが引き続き有効となります。

Confluence での使用頻度の低いレンダリング方法の削除

このリリースでは、使用頻度の低いいくつかのレンダリング方法を予定外に削除する必要がありました。非常にまれなケースですが、これにより、お客様が開発したプラグインやユーザー マクロのレンダリングが失敗する可能性があります。このアップグレード後にユーザー マクロが壊れた場合は、アトラシアン サポートにご連絡ください。

サーバー ライセンスのサポート終了

Confluence 8.7 は、Data Center のみのリリースとなり、Server ライセンスはサポートされません。Atlassian Server のサポート終了に伴い、Confluence 8.6.x 以降のバージョンにアップグレードする前に、有効な Data Center ライセンスを保持しているかどうか、ご確認ください。

ライセンスを更新するには、次の手順に従います。

  1. [管理 ] > [一般設定] > [ライセンス詳細] の順に移動します。

  2. [ライセンスを更新] で、Data Center ライセンス キーを入力します。

  3. [保存] を選択します。

Confluence 8.5.x 長期サポート リリースは、2024 年 2 月 15 日まで、サーバー ライセンスを引き続きサポートします。アップグレードのオプションをご確認ください。


サポート対象プラットフォームの変更

事前告知: PostgreSQL 12 のサポート終了

Confluence 8.8 は PostgreSQL 12 に対応した最後のリリースです。

PostgreSQL 12 は Confluence 8.9 以降のバージョンではサポートされません。

事前告知: Java 11 のサポート終了

Confluence 8.9. は、Java 11 をサポートする最後のリリースです。

Java 11 は Confluence 9.0 以降のバージョンではサポートされません。

これらの告知の詳細については「Confluence のサポート終了のお知らせ」をご参照ください。

サポート対象プラットフォームの完全なリストを見る


インフラストラクチャの変更

Confluence 8.8 には、アプリに影響を与える可能性のある変更が含まれています。「Confluence 8.8 の準備」に進んで、これらの変更がアプリ開発者にどのように影響するかについてご確認ください。 

最終更新日: 2024 年 2 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.