Jira Core 9.5.x アップグレード ノート

Jira Core リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Here are some important notes on upgrading to Jira Core 9.5.x.

8.x から 9.x へのアップグレードでは Jira の完全な再インデックスがトリガーされるため、プロセス中にダウンタイムが発生します。現在 8.x をご利用の場合、ダウンタイムを予測したうえでアップグレードに最適な時間枠を選ぶようにしてください。

完全な再インデックスやダウンタイムの予測方法の詳細の確認

 アップグレード ノート

Jira が Log4j2 に移行

確実性や、継続的なコンプライアンス実現のため、Log4j をバージョン 2.17.2 にアップグレードしました。

これは大幅な変更であるため、既存のカスタムの Log4j 1.x 環境と Jira 9.5 との互換性を確認するために追加の作業が必要になる可能性があります。

  • If you’re an admin using a custom Log4j 1.x configuration with your Jira instance, you’ll need to adjust the new log4j2.xml file to include those customizations. For more information about configuring Log4j 2, see Migrating from Log4j 1.x to 2.x and Configuring Log4j 2 in the official documentation.

  • If you’re an app vendor and your app uses a custom Log4j 1.x configuration, you’ll need to update your code. For more information on what this means for you, see Log4j upgrade details for third-party app vendors.

Java 17 のサポートを追加

Jira のパフォーマンスを向上してインスタンスの安定性を強化する、Java 17 のサポートを追加しました。

Make sure your Jira apps are updated to work on Java 17 and feel free to set up a new environment for Jira deployment.

Java 17 のサポート追加により、Jira 9.5 のインストール時にエラーが発生する可能性があります。防止方法をご確認ください

H2 データベースを 1.4.200 から 2.1.214 にアップグレード

組み込みのデータベース H2 を、バージョン 1.4.200 からバージョン 2.1.214 にアップグレードしました。アップグレードでは、多数の脆弱性の問題が修正されています。ご利用のデータをバージョン 2.1.214 に手動で移行済みであることをご確認ください。

スムーズなアップグレードのためにデータを移行する方法を確認

製品内診断の更新: 新しいユーザー インターフェイス、REST API、およびパフォーマンス メトリック

We’ve made several updates and improvements to the In-product diagnostics (IPD) tool to help you monitor and maintain your instance performance:

  • ユーザー インターフェイス: ユーザー インターフェイスで IPD モニタリングを手動で管理できるようになりました。この機能はデフォルトで有効化されています。

  • A new REST API endpoint: We’ve added the /rest/api/2/monitoring/ipd endpoint for managing the IPD monitoring.

  • New IPD metrics: We’ve added HTTP connection and mail queue metrics for instance diagnostics. The metrics are available through JMX and the log file atlassian-jira-ipd-monitoring.log.

Jira Temporary Directory Cleaner の追加

領域不足になってしまうインスタンスの問題を解決できるよう、Jira Temporary Directory Cleaner を追加しています。この機能により、Jira は起動中、java.io.tmpdir プロパティで定義された一時ディレクトリを自動的にクリーンアップするようになります。

クリーナーはデフォルトで無効化されています。有効化するには tmpdir.clean.on.startup プロパティを true に設定します。これは、setenv.sh スクリプトに次の新しい引数を追加することで行なえます。
-Dtmpdir.clean.on.startup=true

機能の詳細を見る

   サポート終了のお知らせ

This release does not include any end of support announcements. For the list of supported platforms, see Supported platforms.

 アプリ開発者向けの情報

アプリに関するすべての重要な変更については、「Jira 9.5 への準備」を参照してください。

 アップグレード手順

Upgrading from Jira 8.x.x? 

  • See Upgrading Jira applications for complete upgrade procedures, including all available upgrade methods and pre-upgrade steps. 

  • For a more tailored upgrade, go to Jira administration  > Applications > Plan your upgrade. We’ll recommend a version to upgrade to, run pre-upgrade checks, and provide you with a custom upgrade guide with step-by-step instructions.
最終更新日: 2022 年 12 月 15 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.