Jira Core 8.13.x アップグレード ノート

Jira Core リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、Jira Core 8.13 へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。

このリリースの新機能と改善の詳細については、「Jira Core 8.13.x リリース ノート」を参照してください。 


 アップグレード ノート

既知の問題: cross-origin iFrame を使うページでモーダル ダイアログが開かない

Jira の多数のアクションがモーダル ダイアログ (ポップアップ) で行うように構成されています。たとえば、ある項目の横で [編集] をクリックすると、ほとんどの場合、別のページに移動するのではなくモーダルで編集設定が開かれます。

問題

In Jira 8.12.2 and 8.13.0, these modal dialogs might not open on pages that use cross-origin iFrames. An example of this could be a cross-origin iFrame added to the Jira banner to collect some statistics. Because of this problem, you won’t be able to complete actions that rely on modal dialogs — these might include editing permissions, starting sprints, or editing comments in Jira Service Management requests. More about this bug

影響バージョン

  • 8.12.2、8.13.0

修正対象バージョン

この問題は次のバグ修正リリースで修正済みです。

  • 8.12.3、8.13.1

Support for Microsoft Exchange Online POP3 (8.13.1+)

We are planning to add the option to integrate with OAuth 2.0 using POP3 for Microsoft Exchange Online. The support will cover OAuth 2.0 integration for incoming mail. 

Setting to prevent phishing attacks 

To prevent non-authenticated users from navigating to crafted URLs in Jira and injecting messages onto the page, we've added a setting that disables displaying URL parameters in security dialogs. 

The setting is available in Jira administration > System > General configuration and defaults to Off

If the setting is disabled, the URL parameters that might be added to a URL are not captured and displayed in security dialogs. In that case, a security dialog looks the following:

New system property to speed up database search

We're introducing a new mechanism that retrieves custom field values for issues in batches of 50. This speeds up time-consuming operations such as database search. 

For now, all these improvements affect only Jira built-in custom fields. We’re also opening an experimental API to help you leverage these improvements. For details, see Batch custom field value retrieval API

You configure this feature with the jira.custom.field.indexing.batch.size property. Setting its value to 1 disables batching and any other number defines the number of issues that will be batched. 

To benefit from this change, a full reindex needs to be performed.

既知の問題: アップグレード後に Jira が MySQL データベースを認識しない

MySQL データベースを使っている場合、アップグレード後に次のエラーが表示されることがあります。

We can't tell what database you're using

これは、dbcongig.xml ファイルが database-type として mysql を使っているためです。MySQL 5.6 のサポート終了以降、Jira ではこのタイプは認識されなくなっています。構成を更新する必要があります。

この問題の解決方法

  1. Jira を停止します。
  2. Edit the dbconfig.xml file (in your home directory)
    • MySQL 8.0 を使っている場合、database-typemysql8 に変更します。
    • MySQL 5.7 を使っている場合、database-typemysql57 に変更します。
    • MySQL 5.6 を使っている場合、このバージョンのサポートは終了しているため、まずデータベースをアップグレードする必要があります。

MySQL への Jira の接続の詳細については次のページをご確認ください。

Known issue: Azure SQL is reported as an unsupported database

If you’re running Jira with the Microsoft Azure SQL database, you will get warnings saying that you’re using an unsupported database. That’s because Azure SQL is mistakenly reported as SQL Server 2014, and we’ve ended support for this one in this release.

ソリューション 

We’re working on the update of the Atlassian Troubleshooting and Support Tools app. For now, discard the warnings and wait for the available update. Your database is fine.

Increase pool-max-size

Jira 7.x を Jira 8.x にアップグレードする場合は、アップグレードの前に dbconfig.xml で pool-max-size パラメーターを 40 に変更することをおすすめします。デフォルトの 20 のままにしておくと、8.x でインデックスの再作成を実行する際に “ResultSet Closed” エラーが発生することがあります。変更の実装の詳細については「データベース接続のチューニング」を参照してください。

An important bugfix requires full reindex

We fixed a bug that caused issues removed from sprint not showing in Burndown Chart or Sprint Report. The problem will automatically be fixed for all the newly created and edited issues and they will display in the Sprint Report and Burndown Chart.
If you are not concerned about the past issues, you don’t have to take any action. However, if you want to be sure all the past and current issues get fixed too, you need to perform a full reindex.

A bug in Tomcat causing issues on upgrade

Tomcat started to use double-quotes as of version 8.5.48 as a result of Expansion of JAVA_OPTS in catalina.sh containing '*' stops startup on linux bug. That's why when you upgrade to Jira 8.13 and set parameters in setenv.sh or setenv.bat, make sure that you:

  • catalina.sh の二重引用符を削除しない
  • setenv.sh または setenv.bat に新しい行を使用しないで、すべてのパラメーターを 1 行に設定する

それ以外の場合、Jira の開始時に問題が発生する可能性があります。 

New events in the Advanced audit log DATA CENTER

We are adding new events to track priority (Created, deleted updated) and secure admin login (websudo) for you to have better insight into your application. 

BKS-V1 キーストア形式の既知の脆弱性

Jira を SSL で実行している場合、BouncyCastle ライブラリで提供される BKS-V1 キーストア形式のセキュリティ脆弱性にご注意ください。ご利用の Jira インスタンスではこれを使用しないことを強く推奨します。詳細情報

 サポート終了のお知らせ

In Jira 8.13, we are not making any changes. 

アプリ開発者向けの情報

See Preparing for Jira 8.13 for any important changes regarding apps.

アップグレード手順

Jira バージョン 8.x.x からアップグレードする場合 

利用可能なすべてのアップグレード方法およびアップグレード前の手順を含む完全なアップグレード手順について、「Jira アプリケーションのアップグレード」をご参照ください。

Last modified on Mar 17, 2021

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.