Jira Core 7.7.x リリースノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

2018 年 1 月 11 日
We're pleased to present JIRA Core 7.7.
ハイライト
さらに読む

本リリースに関する重要な情報をアップグレード ノートでご確認ください。また、解決済みの課題の完全な一覧をご確認ください。 

互換性のあるアプリケーション

If you're looking for compatible JIRA applications, look no further:



優先度スキーム用の REST API

JIRA Core 7.7 brings experimental REST APIs to let you manage priority schemes outside of the user interface. As a JIRA admin, you can perform the following actions on priority schemes:

  • 優先度スキームの作成
  • 優先度スキームの一覧の取得 
  • 1 つの優先度スキームの取得 
  • 優先度スキームの更新 (新しい優先度など) 
  • プロジェクトと優先度スキームの関連付け 
  • プロジェクトと優先度スキームの関連付けの削除 
  • プロジェクトに関連付けられた優先度スキームの取得

詳細については、「Jira 7.7.0 REST API」をご参照ください。

その他の改善事項

ほかにも次のような改善や修正を行いました。

  • 課題の説明への画像のペースト。課題の説明画面でビジュアル モードとテキスト モードを切り替えたときに、画像のレンダリングで問題が発生する場合がありました。この問題を修正し、モードの切り替えをスムーズに行えるようになりました。

  • We speak your language. We've added two more languages to JIRA—Italian and Finnish. Check out the languages available by default after you upgrade to JIRA 7.7.

    Also, we’ve decided that translations for languages that are bundled with JIRA best reflect what we originally wanted to say. That’s why we’re closing the crowdsourcing of translations for these languages and accepting them as official words of JIRA. You can still help us improve the remaining languages, or change the official translations to use in your own JIRA instance. For more info, see Translating JIRA.

解決済みの課題

7.7.0 で解決済みの課題

2018 年 1 月 11 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.7.1 で解決済みの課題

2018 年 1 月 31 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.7.2 で解決済みの課題

2018 年 2 月 19 日にリリース

T キー 要約 ステータス
Loading...
Refresh

7.7.3 で解決済みの課題

2018 年 4 月 25 日にリリース、2018 年 5 月 7 日に削除

このリリースはこの不具合のため、削除されました。使用することはできません。

7.7.4 で解決済みの課題

2018 年 5 月 9 日にリリース

BTF 分析プラグインに変更を行い、収集する情報の品質や精度を改善しました。

この改善を利用するには、Jira Server / Data Center インスタンスをこのバージョンにアップグレードします。

キー 要約 T 作成日 更新日 期限 担当者 報告者 P ステータス ソリューション
Loading...
Refresh

最終更新日: 2018 年 12 月 31 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.