JIRA Core 7.6.x アップグレードノート

Here are some important notes on upgrading to JIRA Core 7.6. For details of the new features and improvements in this release, see the JIRA Core 7.6 release notes

アップグレードノート

優先度スキーム (UI の変更)

このリリースでは、Jira で優先度を管理する方法を大きく変更しましたが、これらの変更は現在お使いの設定には影響しません。現在、Jira のインスタンスでは、グローバルの優先度リストを使用しています。アップグレード後、これらの優先度はすべて既定の優先度スキームに移行し、アップグレード前と同様に動作します。新しいスキームを作成し、(いくつかのプロジェクトを関連付けることにより) それらのスキームを使用するまでは、何も変更されません。

優先度スキーム (API の変更)

We encourage everybody to get familiar with these changes, but they're more important for plugin developers rather than JIRA admins. The APIs that would allow JIRA admins to manage priority schemes outside of the user interface will not be available in JIRA 7.6.

プラグイン開発者の方で、自身の開発したプラグインを使って優先度スキームを管理したい場合は、下記の API の変更リストを確認してください。このリリースでは、プラグインによる優先度スキーム管理を可能にする新しい API を追加しただけでなく、既存の API の変更も行っているため、プラグインとの互換性が失われる可能性が高いです。この変更は優先度スキームに対してのものであり、優先度を管理する API に対するものではありませんが、いままでのグローバルの優先度リストが既定の優先度スキームになるため、プラグインが優先度自体に関して不正確なデータを取得してしまう場合があります。 

最新情報

プラグインによる優先度スキーム管理を可能にするため追加される API は以下の通りです。 

変更点を表示する...
Classname メソッドシグネチャ Javadoc
com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

FieldConfigScheme createWithDefaultMapping(String name, String description, List<String> optionIds);

Doc

FieldConfigScheme updateWithDefaultMapping(FieldConfigScheme fieldConfigScheme, List<String> optionIds);

Doc

FieldConfig getFieldConfigForDefaultMapping(FieldConfigScheme fieldConfigScheme);

Doc

void delete(FieldConfigScheme fieldConfigScheme); Doc

FieldConfigScheme getScheme(Project project);

Doc

FieldConfigScheme getScheme(Long id);

Doc

List<FieldConfigScheme> getAllSchemes(); Doc

boolean isDefaultScheme(FieldConfigScheme fieldConfigScheme); Doc

FieldConfigScheme getDefaultScheme(); Doc

String getDefaultOption(IssueContext issueContext); Doc

String getDefaultOption(FieldConfig fieldConfig); Doc

void setDefaultOption(FieldConfig fieldConfig, String optionId); Doc

List<String> getOptions(IssueContext issueContext); Doc

List<String> getOptions(FieldConfig fieldConfig); Doc

void setOptions(FieldConfig fieldConfig, List<String> optionIds); Doc

void addOptionToDefault(String optionId); Doc

void removeOptionFromAllSchemes(String optionId); Doc

Collection<FieldConfigScheme> getAllRelatedSchemes(String optionId); Doc

void assignProject(@Nonnull FieldConfigScheme priorityFieldConfig, @Nonnull Project project); Doc

Set<Project> getProjectsWithScheme(@Nonnull FieldConfigScheme fieldConfigScheme); Doc

void unassignProject(@Nonnull FieldConfigScheme scheme, @Nonnull Project project); Doc


優先度スキームの作成、更新、削除が行われると発生するイベントも新たに追加しました。

Classname イベント Javadoc
com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager com.atlassian.jira.event.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeCreatedEvent Doc

com.atlassian.jira.event.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeDeletedEvent

Doc

com.atlassian.jira.event.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeUpdatedEvent Doc

変更内容について

一部の API では優先度スキームに対して優先度の追加または削除を行うために、追加のオプションのレシーブも行います。

変更点を表示する...
Classname メソッドシグネチャ 変更 Javadoc
com.atlassian.jira.config.PriorityManager createPriority 個別の優先度の作成に加えて、既定の優先度スキームにこの優先度を追加もします。 Doc

removePriority 個別の優先度の削除に加えて、すべての優先度スキームからこの優先度を削除もします。 Doc

非推奨となった API

以下の API は非推奨となり、新たな PrioritySchemeManager クラスに置き換えられました。

変更点を表示する...
Classname メソッドシグネチャ 置換後 Javadoc
com.atlassian.jira.config.PriorityManager setDefaultPriority

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#setDefaultOption(FieldConfig, String)

Doc

getDefaultPriority

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#getDefaultOption(IssueContext)

Doc
com.atlassian.jira.config.ConstantsManager getDefaultPriority

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#getDefaultOption(com.atlassian.jira.issue.context.IssueContext)、または

com.atlassian.jira.issue.fields.config.manager.PrioritySchemeManager

#getDefaultOption(com.atlassian.jira.issue.fields.config.FieldConfig)

Doc

Content-Security-Policy および X-Frame-Options ヘッダー

クリックジャック攻撃を防ぐため、Jira では、X-Frame-Options および Content-Security-Policy セキュリティ ヘッダーを各 HTTP レスポンスに追加します。これらのヘッダーはコンテンツの iframe への埋め込みをブロックするため、本来この方法で表示したかったページにも影響する場合があります。別のサイトのリソースを Jira に埋め込んでいる場合(ダッシュボードなど)、アップグレード後に動作しなくなる場合があります。この問題を解決するには、この機能を無効化するか、セキュリティ ヘッダーの受信からリソースを除外するように選択します。詳細情報

アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Jira のいずれかのバージョンをご利用中の場合は、以下の説明に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. アップグレードする前に、インストール先のディレクトリ、ホームディレクトリ、およびデータベースをバックアップされることを強くお勧めします。
  2. Read the release notes and upgrade notes for all releases between your version and the latest version.
  3. 最新バージョンの Jira をダウンロードします。
  4. アップグレードガイド」の説明に従ってください。

以前のバージョンからのアップグレード方法

  • 7.0, or later
    Take a look at the upgrade matrix. It lists known issues you should be aware of when upgrading between multiple versions.
  • 7.0 より前
    移行ハブを参照してください。Jira 7.0 リリースでは大幅な変更が行われています。まず Jira 7.0 にアップグレードしてから、それ以降のバージョンにアップグレードする必要があります。
最終更新日: 2017 年 12 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.