Jira Core 8.8.x アップグレード ノート

Jira Core リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、Jira Core 8.8 へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。

このリリースの新機能と改善の詳細については、「Jira Core 8.8.x リリース ノート」を参照してください。 


 アップグレード ノート

Increase pool-max-size

Jira 7.x を Jira 8.x にアップグレードする場合は、アップグレードの前に dbconfig.xml で pool-max-size パラメーターを 40 に変更することをおすすめします。デフォルトの 20 のままにしておくと、8.x でインデックスの再作成を実行する際に “ResultSet Closed” エラーが発生することがあります。変更の実装の詳細については「データベース接続のチューニング」を参照してください。

バージョン ビューの読み込み速度を上げるのに役立つ新しい API

Available from Jira 8.8.1

プロジェクト設定でのバージョン ビューの読み込みを高速化して大規模なインスタンスでのタイムアウトを回避するために、呼び出されたエンドポイントを変更しました。 

Now, instead of .../release/allversions we use GET /rest/projects/1.0/project/<project_key>/release/allversions-nodetails to return the list of all project versions together with their data such as their name, status, or description (except the progress data). Archived versions are also returned. 

また、各バージョンに関連する各ステータス カテゴリ (すること、進行中、完了) の課題の数についての情報を返す方法も変更しました。総称して「進捗」と呼ばれるこのデータは、ページがスクロールされると遅延読み込みされるようになって、別の新しいエンドポイントを使用します。 

The old endpoint is still working however, will not be used by the releases including and following Jira 7.13.14, 8.5.5, 8.8.1 and 8.9.  

New endpoint

取得するデータ

GET

/rest/projects/1.0/project/<project_key>/release/allversions-nodetails

プロジェクトのバージョンとそのデータのリスト
POST /rest/projects/1.0/project/<project_key>/release/details/progress各バージョンの進捗状況

This is not a breaking change. 

Java 11 ではデフォルトで G11 GC が有効

If you’re running Jira with Java 11, Garbage First Garbage Collection (G1 GC) will be enabled by default. We’ve already been recommending this method when tuning garbage collection, so now you’ll get it out of the box. G1 GC is more efficient and improves performance, especially in environments with large Java heap.

Java バージョン

Default GC

推奨される GC

Java 11G1 GC
  • 大規模な Java ヒープの G1 GC
  • 小さい Java ヒープの ParallelGC*
Java 8ParallelGCParallelGC

*Our performance tests have shown that you might benefit from ParallelGC if you have a relatively small Java heap. The difference is not big, but you can consider switching back to ParallelGC if you’re having problems with performance.

サポート対象のすべてのメール ハンドラー

In Jira 8.6 we decided to deprecate two email handlers that do not use regex: ”Add a comment from the non-quoted email body” and ”Create a new issue or add a comment to an existing issue” (see the announcement). We advised users to switch to the handlers which use regular expressions to get rid of unwanted content such as email footers or signatures. 

それ以降、当社は廃止に関する重要なフィードバックをいただいてきました。結果として、メール ハンドラーを元に戻すことにしました。

2 つのメール ハンドラーは廃止せずに代わりに既存のハンドラーに正規表現を追加し、管理者がメールで Jira 課題に追加された不要なコンテンツを管理できるようにします。

新しい API エンドポイント

As a result of introducing the Advanced auditing feature, we've added new REST endpoints. For more information, see here

監査ログの移行

Jira 8.8 に導入される改善した監査ログでは、アップグレード時に既存の監査ログ (最大千万レコード) を移行する必要があります。

既存のイベントは、データベースに移行されます。

移行は Jira 起動時に実行される

The migration will run on startup for regular upgrades (it runs in the background for the Data Center ZDU upgrades, but these aren't available for Jira Core). Depending on the database you’re using and the size of your current audit log, it might take up to several hours to migrate all the data.

移行するエントリの数を制限する

移行を高速化するために、移行するエントリの数を制限するか移行を完全にオフにできます。移行をオフにすると決定した場合、新しい監査ログにはアップグレード後に発生したイベントのみが表示されます。 

制限を適用するには、setenv.sh/.bat ファイルに次の行を追加します。この例では、移行を 10 エントリのみに制限します。

JVM_SUPPORT_RECOMMENDED_ARGS="-Djira.advanced.audit.log.migration.limit=10"

移行の実行中は新しいイベントがバッファーに入れられて、移行が完了するとバッファーがリリースされます。移行前には追加のヘルス チェックも実行して、新しい監査ログを収容するのに十分な空きディスク領域 (Jira ホーム パーティション上) があるかどうかを確認します。

Expected changes to incoming mail settings (Jira 8.10)

In response to Google and Microsoft deprecating Basic Authentication, we will soon be adding OAuth 2.0 authentication methods for incoming email (so far using the IMAP and POP3 protocols). We’ll also backport it to the supported Enterprise releases. If you currently use email to create issues and issue comments, you will need to reconfigure your incoming mail settings. 

We treat this work with highest priority and aim to provide the solution ahead of the deadlines set by Google and Microsoft so that you have time to upgrade. 

OAuth 2.0 support will mean changes in to the incoming mail settings and the way you configure the incoming email server. It's a good idea to plan to take the time after your upgrade to review the changes so that your instance's email handlers keep working. 

 サポート終了のお知らせ

サポート終了

In Jira 8.8, we're making the following changes:

We're stopping the support for the following platforms:

  • SQL Server 2012

  • PostgreSQL 9.4

  • Solaris

  • Oracle 12c R1

  • PostgreSQL 9.5

For more details, see End of support announcements.

Deprecating Hipchat

We are planning to stop supporting and unbundle the Hipchat plugin from Jira version 8.11 and later. 
The reason for this is that Hipchat Cloud reached the end of life in Feb 2019, HipChat Data Center in Sep 2019, and Hipchat Server is due in June 2020.

If you have not already, make sure you migrate to other chat solutions before Jira 8.11.

アプリ開発者向けの情報

See Preparing for Jira 8.8 for any important changes regarding apps.

アップグレード手順

Jira バージョン 8.x.x からアップグレードする場合 

See Upgrading Jira applications for complete upgrade procedures, including all available upgrade methods and pre-upgrade steps. For a more tailored upgrade, go to  > Applications > Plan your upgrade. We’ll recommend a version to upgrade to, run pre-upgrade checks, and provide you with a custom upgrade guide with step-by-step instructions.

最終更新日 2020 年 11 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.