Jira Core 8.10.x アップグレード ノート

Jira Core リリース ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ここでは、Jira Core 8.10 へのアップグレードに関する重要な注意事項について説明します。

このリリースの新機能と改善の詳細については、「Jira Core 8.10.x リリース ノート」を参照してください。 


アップグレード ノート

既知の問題: ログ ファイル内の RequestCache に関する警告メッセージが多すぎる

In Jira 8.9.1, we introduced additional logging messages to track the use of RequestCache without the context. For some instances, this resulted in a huge number of warning messages in the log file, similar to the one below:

[c.a.j.cache.request.RequestCacheImpl] From Jira 9.0 version creation/usage of RequestCacheImpl will throw the IllegalStateException.

この問題が発生している場合は、RequestCache のログを ERROR に変更することで回避できます。同時に、当社はこの問題の修正に取り組んでいます。詳細については、こちらを確認してください。

RequestCache のログ レベルの変更

一時的 (Jira を再起動すると動作しなくなる)
  1. Jira で、[管理] > [システム] > [ロギングとプロファイリング] の順に移動します。
  2. [既定のロガー] > [別のパッケージ用にログ レベルを設定する] までスクロールします。
  3. ERROR レベルで "com.atlassian.jira.cache.request.RequestCacheImpl" パッケージを追加します。
永続
  1. <JIRA_INSTALLATION>/atlassian-jira/WEB-INF/classes/log4j.properties ファイルを編集します。
  2. ファイルの末尾に次の行を追加して、保存します。 

    log4j.logger.com.atlassian.jira.cache.request.RequestCacheImpl = ERROR, filelog
    log4j.additivity.com.atlassian.jira.cache.request.RequestCacheImpl = false
  3. Jira を再起動します。

Increase your pool-max-size before upgrade

If you're upgrading from Jira 7.x to Jira 8.x we recommend changing your pool-max-size parameter to 40 in dbconfig.xml before the upgrade. This prevents re-index ending up with the ResultSet closed error, especially when you use SQL Server or PostgreSQL as your database. For information on implementing the change, see Tuning database connections.

ライセンスの改善

新規 Jira ライセンスを取得すると、新しいユーザー エクスペリエンスを得られます。簡単に実行できるように、次の変更を導入しました。

  • Server ライセンス システムから DC ライセンスの単一ノードでの Data Center へ、シームレスに移行できます。
  • 同時に 2 つのライセンスを追加できます。Data Center または Jira Software の各ライセンスの場合は、Jira Core ライセンスが削除されます。 
  • ライセンスをアップグレードする際に、承認済みのアプリ バージョンである Data Center にアプリをアップグレードするようにしてください。  

受信メール設定に対して予想される変更

In response to Google and Microsoft deprecating Basic Authentication, we will soon be adding OAuth 2.0 authentication methods for incoming email (so far using the IMAP and POP3 protocols). We’ll also backport it to the supported Enterprise releases. If you currently use email to create issues and issue comments, you will need to reconfigure your incoming mail settings. 

We treat this work with highest priority and aim to provide the solution ahead of the deadlines set by Google and Microsoft so that you have time to upgrade. 

OAuth 2.0 support will mean changes in to the incoming mail settings and the way you configure the incoming email server. It's a good idea to plan to take the time after your upgrade to review the changes so that your instance's email handlers keep working. 

カスタム フィールドのインデックス作成の改善 DATA CENTER

大量のカスタム フィールドがあると、Jira のパフォーマンスやインデックス作成時間に悪影響を及ぼす可能性があります。この影響を最小化するために、フィールド インデックスの機能が呼ばれる数を減らす、新しい最適化機能を導入します。
特定の課題で値が存在しないときに、カスタム フィールドの並べ替えマーカーを保持することを廃止しました。また、すべてのインデックス機能は、特定の課題でカスタム フィールドの値が存在し、そのカスタム フィールドが表示されていて、その課題にスコープが割り当てられている場合にのみ実行されます。 

現時点では、これらのすべての改善は、Jira 組み込みのカスタム フィールドにのみ影響します。また、試験的な API も公開して、これらの改善点を活用できるようにしています (詳細は開発者コミュニティで近日公開予定です)。
これは、Jira のコア機能の複合的な変更です。カスタム フィールドに関して予測できない動作が発生した場合は、カスタマー サポートにご連絡いただくか、システム プロパティ (jira.cfv.driven.indexing.disabled, jira.local.context.indexing.disabled, jira.skip.indexing.null.disabled) を使用してこの機能を無効にします。

この変更を活用するには、完全な再インデックスを実行する必要があります。

詳細については、こちらを参照してください。

 サポート終了のお知らせ

There are no changes in this release.

  • Advance notice: Deprecating Hipchat
    We're planning to stop supporting and unbundle the Hipchat plugin from Jira 8.11 and later. The reason for this is that Hipchat Cloud reached the end of life in Feb 2019, Hipchat Data Center in Sep 2019, and Hipchat Server is due in June 2020. If you haven't already, make sure you migrate to other chat solutions before Jira 8.11.

For more details, see End of support announcements.


アプリ開発者向けの情報

See Preparing for Jira 8.10 for any important changes regarding apps.

アップグレード手順

Jira バージョン 8.x.x からアップグレードする場合 

See Upgrading Jira applications for complete upgrade procedures, including all available upgrade methods and pre-upgrade steps. For a more tailored upgrade, go to Jira administration > Applications > Plan your upgrade. We’ll recommend a version to upgrade to, run pre-upgrade checks, and provide you with a custom upgrade guide with step-by-step instructions.

最終更新日 2020 年 7 月 17 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.