JIRA Core 7.7.x アップグレードノート

Here are some important notes on upgrading to JIRA Core 7.7. For details of the new features and improvements in this release, see the JIRA Core 7.7 release notes

アップグレードノート

JIRA 管理者

Oracle JDBC driver no longer bundled with JIRA

データベースとして Oracle を使用している場合、アップグレード後に Oracle の Web サイトからドライバをダウンロードし、Jira インストール ディレクトリ内の /lib ディレクトリにコピーする必要があります。 

The supported Oracle JDBC version is 12.2.0.1. For more info, see Connecting JIRA applications to Oracle.

Fix: Duplicated job IDs

In this release, we’ve delivered a fix to solve the problem with duplicated job IDs. You can read more about the related bug here:  JRASERVER-64325 - Getting issue details... STATUS

How does the fix work?

アップグレードの終了時に、アップグレード タスクがデータベース (clusteredjob テーブル) から重複を削除し、clusteredjob_jobid_idx インデックス全体を再作成して UNIQUE キーワードを追加します。これにより、重複が削除されるとともに、重複の再作成が防止されます。

Known issue

The fix will work for most environments, but we did encounter an issue on one of our test machines. The problem appears when a new duplicate is created after we remove the duplicates, but before we recreate the index. In other wordsbefore we block the duplicates from being created. Such a duplicate would stop the index from being recreated.

ソリューション

If the index is not recreated, it won’t stop the upgrade or affect your work in a significant way (might degrade performance). We recommend, however, that you apply the following solution to recreate the index.

  • clusteredjob_jobid_idx インデックスがデータベースに存在することを確認します。
    (tick) 存在する場合、作業は完了です。インデックスは適切に再作成されました。
    (error) 存在しない場合、Jira インスタンス (Server) またはいずれかのノード (Data Center) を再起動します。再起動後にインデックスは再作成されます。

Plugin developers

Asynchronous Module Definition

The JIRA development team has started converting the JIRA code to AMD (Asynchronous Module Definition) to be able to use modules and their dependencies, and to improve the code quality, and all our lives, in general. We’ve converted only some parts of the code, and no actions are required from you. This is just a heads up about our plans—eventually, we want to completely switch to AMD, in which case we’ll drop support for global variables.

We will be informing you about the progress in this area with each release. Despite the recent code changes, we’ve kept the backward compatibility, so you can develop your plugins the way you used to.

If you encounter a JIRA page that still uses global variables (for objects that are provided as AMD modules), you’ll see a warning in the developer console saying that a global variable is deprecated and you should use an AMD module instead. You can either use the module, or stick to the global variable for now.


アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Jira のいずれかのバージョンをご利用中の場合は、以下の説明に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. アップグレードする前に、インストール先のディレクトリ、ホームディレクトリ、およびデータベースをバックアップされることを強くお勧めします。
  2. Read the release notes and upgrade notes for all releases between your version and the latest version.
  3. 最新バージョンの Jira をダウンロードします。
  4. アップグレードガイド」の説明に従ってください。

以前のバージョンからのアップグレード方法

  • 7.0, or later
    Take a look at the upgrade matrix. It lists known issues you should be aware of when upgrading between multiple versions.
  • 7.0 より前
    移行ハブを参照してください。Jira 7.0 リリースでは大幅な変更が行われています。まず Jira 7.0 にアップグレードしてから、それ以降のバージョンにアップグレードする必要があります。
最終更新日: 2018 年 2 月 21 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.