JIRA Core 7.3.x アップグレードノート

一般的なJIRA アプリケーションのアップグレードガイドの説明および以下の JIRA 7.3.x 固有の説明に従ってください。一般ガイドでは、アップグレード済みの JIRA インストールを正しく動作させ、必要に応じて既存の設定を移行するために必須の重要なタスクについて説明されています。

ライセンスおよびアドオンがすべて最新であることを確認する必要もあります。アップグレードの前に互換性のないアドオンを削除すると、アップグレード プロセスで発生する問題を避けられる可能性があります。JIRA 更新チェック を使用すれば、アップグレード前にアドオンの互換性を確認できます。アドオンを無効化した状態で、コマンドラインから JIRA を起動できる新しいプロパティを JIRA Core 7.3 に導入しました。

このページでは、JIRA 7.3.x. にアップグレードするかどうかを決定する前に留意しておくべき既知の問題および変更について説明します。

このページの内容:

JIRA 開発者向けの情報

アドオンまたはスクリプトに影響を及ぼす可能性のある重要な情報については、「7.3 の準備」を参照してください。また、「JIRA の Java API ポリシー」も参照してください。

管理者向けの情報

Optimizing the upgrade process

When you start the upgrade, JIRA automatically creates an XML backup of your database, which slows down the upgrade process. Since you’re creating your own backup anyway, you can disable the automatic backup before the upgrade.

  1. JIRA を停止します。
  2. Jira ホーム ディレクトリのルートにある、jira-config.properties ファイルを編集します。
    (info) このファイルが存在しない場合、テキスト エディタで作成します。詳細については、「jira-config.properties ファイルを変更する」を参照してください。
  3. Add the following entry:

    jira.autoexport=false
  4. JIRA を起動します。

パフォーマンスの問題

バージョン 7.3.7 と 7.3.8 にはパフォーマンスの問題があり、ページを開いたり、一部の操作を完了したりするときにエラーが表示されることが確認されています。これは PostgreSQL を使用していて、ユーザー数が 500,000 人以上いる場合にのみ該当します。回避策として、ユーザー 100 万人ごとに、ヒープ サイズを 1 GB 増やします。この問題の修正を次のバグ修正リリースでリリースする予定です。

MySQL で JIRA を実行する

MySQL introduced a change in MySQL 5.7.6 which requires your JIRA user for the data base to have the REFERENCES permission. If you're upgrading to JIRA Core 7.3 and MySQL 5.7.6 or above, you need to make sure your JIRA user has this permission.

SSL を経由した JIRA アプリケーションの実行

SSL 経由で JIRA アプリケーションを実行していて、HTTPS を使用した Apache Tomcat を既に設定済みである場合は、正しいプロトコルを使用して server.xml による HTTPS コネクター設定を更新する必要があります。更新しない場合、JIRA の起動に失敗します。必要なプロトコルを更新する方法:

  1. JIRA が停止していることを確認します。
  2. <JIRA_INSTALL>/conf/server.xml で server.xml ページに進みます。
  3. HTTPS コネクターを特定します。このコネクターは次のように設定されています。

    <Connector port="8443" protocol="org.apache.coyote.http11.Http11Protocol"
                  maxHttpHeaderSize="8192" SSLEnabled="true"
                  maxThreads="150" minSpareThreads="25"
                  enableLookups="false" disableUploadTimeout="true"
                  acceptCount="100" scheme="https" secure="true"
                  clientAuth="false" sslProtocol="TLS" useBodyEncodingForURI="true"
                  keyAlias="jira" keystoreFile="<JIRA_HOME>/jira.jks" keystorePass="changeit" keystoreType="JKS"/>

    次のようにプロトコルを設定変更します。

    <Connector port="8443" protocol="org.apache.coyote.http11.Http11NioProtocol"
                  maxHttpHeaderSize="8192" SSLEnabled="true"
                  maxThreads="150" minSpareThreads="25"
                  enableLookups="false" disableUploadTimeout="true"
                  acceptCount="100" scheme="https" secure="true"
                  clientAuth="false" sslProtocol="TLS" useBodyEncodingForURI="true"
                  keyAlias="jira" keystoreFile="<JIRA_HOME>/jira.jks" keystorePass="changeit" keystoreType="JKS"/>
  4. 変更を保存します。
  5. JIRA を起動します。

これらのステップはアップグレード中に実行できますが、アップグレード プロセスの終了時点で JIRA を起動する前に、ステップを実行しているか確認してください。

自動バックアップの削除

以前のバージョンの JIRA では、JIRA のアップグレードを試みると、自動 XML バックアップが必ず作成されていました。このプロセスはリソースを大量に消費し、エラーを起こしやすいため、これまで推奨してきませんでした。そのため、この処理を完全に削除することとし、引き続きネイティブのデータベース ツールを必ず使用してバックアップを実行することを推奨します。

プロジェクト管理者の確認

JIRA Core 7.3 では、プロジェクトに固有のワークフローに限り、プロジェクト管理者が編集ができるようになりました。この権限が誰に付与されるかを確認するには、プロジェクトおよび対応するプロジェクト管理者を確認するために提供されるスクリプトを利用できます。スクリプトは node.js を必要とし、この Bitbucket リポジトリに置かれています。 

バージョン固有の詳細

  • 7.1 以降のバージョンからのアップグレード - 既知の問題はありません。
  • 7.0.x バージョンからのアップグレード - ガジェットに関する既知の問題があります。回避方法は JIRA Core 7.1.x アップグレードノート で説明しています。
  • 7.0 以前のバージョンからのアップグレード - 移行ハブ を参照してください。重要なユーザー管理、アプリケーション アクセス、ログの変更点などの情報が記載されています。


最終更新日: 2018 年 2 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.