次世代プロジェクトの管理

robotsnoindex

descriptionクラシック ソフトウェア プロジェクトと異なり、次世代プロジェクトはすべてのユーザーが作成できます。これらのプロジェクトのセットアップ方法や、課題タイプおよびフィールドのカスタマイズ方法などを学習します。


以降の情報は次世代プロジェクトにのみ適用されます

どのタイプのプロジェクトの情報を参照すべきかが不明な場合、プロジェクトのサイドバーの下部をご確認ください。[フィードバックを送信] および [さらに詳しく知る] メニュー項目が表示される場合、次世代プロジェクトを利用しています。これらが表示されない場合、クラシック プロジェクトを利用しています。

既定では、Jira Software への製品アクセス権を持つすべてのユーザーが次世代ソフトウェア プロジェクトを作成できます。クラシック プロジェクトとは異なり、次世代プロジェクトは Jira サイトの他のプロジェクトと設定を共有しません。Jira サイトの他のソフトウェア プロジェクトに影響をおよぼす可能性を心配することなく、更新を行えます。

次世代ソフトウェア プロジェクトでは、Jira 管理者による操作を必要とすることなく、すべてのユーザーが自身の作業、チームの作業、およびそれらの作業プロセスを管理できます。

このセクションの内容:

Jira 管理者はグローバル権限設定で、次世代プロジェクトを作成できるユーザーを管理できます。グローバル権限の詳細をご覧ください

既存のクラシック プロジェクトを次世代プロジェクトに移行する場合、またはその逆を行いたい場合は、「プロジェクトを別のテンプレートまたはタイプに変換する」でチュートリアルを確認してください。

次世代プロジェクトでの違いは次のとおりです。

課題タイプ。チームの作業プロセス固有の課題タイプを作成して、チームの作業を定義できます。これらの課題には、プロジェクトに固有の独自ワークフローがあります。チームで使用するフィールドを素早く更新または変更して、それぞれの作業タイプを表すことができます。

フィールド。課題タイプで作成するフィールドは、プロジェクトのすべての課題タイプで使用できます。これらは対象のプロジェクト専用です。これらを使用して Jira サイト全体またはダッシュボード ガジェットで課題を絞り込むことはできますが、これらはそのプロジェクトにのみ所属します。

アクセスと権限次世代プロジェクトは、プロジェクトに固有のプロジェクト ロールに基づいたアクセスを優先します。個々のユーザーやグループをプロジェクトのロールに割り当てて、アクセスを制御できます。

機能。バックログ、スプリント、見積、リリース、バージョンなどのアジャイル機能を有効 / 無効化してさまざまな作業スタイルを試すことができます。チームで必要な数の機能を必要なタイミングで使用し、それ以外を無効化することで、作業に集中できます。

最終更新日 2020 年 6 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.