次世代プロジェクトを表示、操作、管理できるユーザーの削除または追加

robotsnoindex

以降の情報は次世代プロジェクトにのみ適用されます

どのタイプのプロジェクトの情報を参照すべきかが不明な場合、プロジェクトのサイドバーの下部をご確認ください。[フィードバックを送信] および [さらに詳しく知る] メニュー項目が表示される場合、次世代プロジェクトを利用しています。これらが表示されない場合、クラシック プロジェクトを利用しています。

次世代プロジェクトでは、プロジェクトのユーザーに付与する権限やアクセス権アクセス ページで管理されます。ここでは、チームの作業でのコラボレーションを開始できるよう、プロジェクトにユーザーを追加してロールを付与することができます。

このページには次の情報が表示されます。

アクセス ページを表示するには、プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。

Jira Software または Jira Core の Free プランではプロジェクトの権限またはロールを編集することはできません。また、すべての Free プラン (Jira Service Desk を含む) で課題レベルのセキュリティを構成することはできません。Free プランでのプロジェクト権限の仕組みについてご確認ください。Jira の強力なプロジェクト権限管理機能を利用するには、プランをアップグレードします

このページの記載内容を実行するには、プロジェクトの管理者ロールを持っている必要があります。次世代プロジェクトのロールの詳細についてはこちらを参照してください

次世代ソフトウェア プロジェクトへのユーザーの追加

プロジェクトのアクセス レベルによって、Jira サイトにログインしたユーザーの一般的なアクセス権とロールが設定されます。プロジェクトに特定のユーザーやグループを追加することで、このアクセス権を調整できます。次に、これらのユーザーに別個のロールを付与して、プロジェクトでできることを制御します。

ロールは通常、ユーザーに、プロジェクトのアクセス レベルからは継承されない権限を付与します。あるいは、中核となるチーム メンバーに安定した権限を付与し、アクセス レベルが変更された場合にも影響が出ないようにします。

ご利用のアトラシアン サイトに追加されているユーザーのみを追加できます。名前またはメール アドレスでユーザーを検索できない場合、そのユーザーをアトラシアン サイトに招待するように Jira 管理者に依頼します。

プロジェクトでユーザーまたはグループに特定のアクセス権や追加のロールを付与するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。
  2. ユーザーの追加を選択します。
  3. 名前、グループ、またはメール アドレスを入力します。

  4. [ロール] ドロップダウンから、プロジェクト内でのユーザーのロールを選択します。

  5. [追加] を選択します。

Jira 管理者 (Jira 管理グローバル権限を持つユーザー) は常に、プロジェクトの設定へのアクセス権を持ちます。

プロジェクトではユーザーとグループに複数のロールを付与できます。[アクセス] ページで割り当てるロールは、プロジェクトのアクセス レベルで付与されるロールをオーバーライドしませんロールは、 ユーザーがアクセス レベルから継承する権限に加えて権限を付与しますプロジェクトのアクセス レベルの設定の詳細については、こちらをご覧ください

次世代プロジェクトからのユーザーの削除

プロジェクトからユーザーを削除する方法:

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [アクセス] を選択します。
  2. 表のユーザーのエントリで、[削除] を選択します。

サイト全体のグループに対してプロジェクトのロールを付与した場合、これらのグループのいずれかを通じて意図しないユーザーがアクセス権を持つことがないよう、Jira 管理者に確認することをおすすめします。

プロジェクトからユーザーを削除しても、Jira 全体からは削除されません。Jira 管理者とサイト管理者は、サイトのユーザー管理設定からこれを実行できます。 






最終更新日 2020 年 6 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.