グローバル権限を管理する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

グローバル権限はシステム全体に適用され、ユーザーのグループに付与されます。個々のプロジェクトに適用される権限を管理するには、「プロジェクト権限」を参照してください。

グローバル権限を変更するには、サイト管理者または Jira 管理者である必要があります。

グローバル権限へのアクセス

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [システム] を選択します。
  2. [グローバル権限] をクリックします。

さまざまなグローバル権限と、その権限でユーザーが行える操作について説明します。

グローバル権限

説明

Jira の管理

プロジェクトを作成および管理します。また、すべてのプロジェクトで、課題タイプ、フィールド、ワークフロー、およびスキーマを作成および管理できます。この権限を持つユーザーは、ユーザーの管理、データのインポート / エクスポート、およびシステム メール設定の編集を除く、ほとんどすべての管理タスクを実行できます。

Jira 管理権限を持つユーザーはいつでもログインできますが、アプリケーション アクセスによっては制限されることがあります。

サイト管理者はこの権限を [ユーザー管理] で付与できます。

ユーザーまたはグループの参照 ユーザー ピッカーからユーザーやグループを表示/選択したり、課題を共有します。この権限を持つユーザーは、サイト上のすべてのユーザーとグループの名前を見ることができます。また、課題を共有したり、課題でユーザーをメンションすることもできます。
ダッシュボードとフィルターの共有 ダッシュボードとフィルターを他のユーザーと共有します。
グループ フィルター サブスクリプションの管理 グループ フィルター サブスクリプションを作成および削除します。
一括変更の実行

複数の課題を一度に変更します。操作の例:

  • 一括編集
  • 一括移動
  • ワークフローの一括トランジション
  • 一括削除

一部の一括変更は、プロジェクト固有の権限で制限されている場合があります。

一括変更の権限の付与は、リスクを伴う可能性があります。たとえば、全員が登録して課題を作成できる Jira サイトでは、この権限とコメントの追加プロジェクト権限を持つユーザーは、アクセス可能なすべての課題にコメントを追加できます。このような一括変更を元に戻すことは困難です。

次世代プロジェクトの作成

共有構成やスキームに依存しないプロジェクトを作成します。次世代プロジェクトは、既存のプロジェクトや共有構成 (ワークフロー、フィールド、権限など) に影響しません。ライセンスを持つユーザーのみが次世代プロジェクトを作成できます。

この権限を削除しても、既存の次世代プロジェクトは削除されません。

Jira 管理権限を持つユーザーは、対象のグループがこの権限から削除された場合でも次世代プロジェクトを作成できます。

ユーザー グループにグローバル権限を付与する

管理者は、上記のグローバル権限をユーザー グループに付与できます。サイト管理者のみがユーザーのグループを管理できます。グループの管理については、こちらをご覧ください

グローバル権限を付与するには、次の手順を実行します。

  1. ページの一番下までスクロールして、[権限の追加] を見つけます。
  2. [権限] ドロップダウンで、付与する権限を選択します。
  3. [グループ] ドロップダウン リストで、次のいずれかの操作を行います。
    • 権限を付与するグループを選択します。
    • 未ログインのユーザーに権限を付与するには、[すべてのユーザー] を選択します。

すべてのユーザーユーザーおよびグループの閲覧権限を付与すると、ユーザーやグループの名前がインターネット上で公開されます。すべてのユーザー一括変更の権限を付与すると、Jira にログインしていない匿名ユーザーが閲覧を許可されている任意の課題に対して一括変更を行うことができます。

ユーザー グループのグローバル権限を取り消す

グループの権限を取り消すには、次の手順を実行します。

  1. グループから削除したいグローバル権限を見つけます。
  2. 権限を削除するグループの横で [削除] をクリックします。


Jira 管理者ヘルパーを使った権限のトラブルシューティング

Jira 管理者ヘルパーは、ユーザーが特定の課題を表示できる、または表示できない場合に、その原因を診断するのに役立ちます。

権限ヘルパーを使用するには、Jira 管理者である必要があります。

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [システム] を選択します。
  2. [管理者ヘルパー] で、[権限ヘルパー] を選択します。
  3. ユーザー名を入力するか、匿名ユーザーの場合は空白のまま残します。
  4. 課題キー (ユーザーが表示できる/できない課題など)、および確認する権限を入力します。
  5.  送信をクリックします。
最終更新日 2019 年 8 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.