次世代プロジェクトでのサブタスクの管理


以降の情報は次世代プロジェクトにのみ適用されます

どのタイプのプロジェクトの情報を参照すべきかが不明な場合、プロジェクトのサイドバーの下部をご確認ください。[フィードバックを送信] および [さらに詳しく知る] メニュー項目が表示される場合、次世代プロジェクトを利用しています。これらが表示されない場合、クラシック プロジェクトを利用しています。


Jira では課題のサブタスクを個別に割り当てて追跡することができます。これにより、プロジェクト内の作業を管理しやすいように細分化できます。

サブタスク課題タイプの追加

サブタスク課題タイプは、通常の課題タイプとは異なります。プロジェクトにサブタスク課題タイプがまだない場合は、追加する必要があります。

  1. 次世代ソフトウェア プロジェクトに移動します。
  2. [プロジェクト設定] > [課題タイプ] に移動します。
  3. [課題タイプを追加] を選択します。
  4. [サブタスク] を選択します。

サブタスクの作成

標準課題の下にストーリー、バグ、タスクなどのサブタスクを作成できます。ただし、エピックなどのサブタスクの下にはサブタスクは作成できません。

課題を表示している場合

  1. ボードまたはバックログで課題を選択します。
  2. [子課題を追加] を選択します。
  3. サブタスクの説明を入力し、[作成] を選択します。


ボードでの操作

  1. 次世代プロジェクトのボードで、[グループ分け] の横の [サブタスク] を選択します (プロジェクト管理者のみ)。
  2. [課題の作成] (+) を選択して、その課題のサブタスクを作成します。

ボードでのサブタスクの表示

この設定にはプロジェクト管理者のみがアクセスできることに注意してください。

  1. 次世代プロジェクトのボードに移動します。
  2. [グループ分け] ドロップダウンで [サブタスク] を選択します。各スイムレーンのヘッダーが通常の課題となり、各ヘッダーの下のカードがプロジェクトのサブタスクを表します。その後、これらのサブタスクを他の課題と同様に列の間で移動できます。



最終更新日 2020 年 1 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.