次世代プロジェクトの作成、編集、および削除

description

次世代ソフトウェア プロジェクトの作成方法と、プロジェクトの詳細、プロジェクト キー、アイコンおよびアクセス レベルの編集方法について

既定では、すべてのユーザーが次世代プロジェクトを作成できます。Jira Software では既定で、エンド ユーザーに次世代プロジェクトの作成グローバル権限が付与されます。Jira 管理者は、この権限を付与するグループを管理することで、ユーザーが次世代プロジェクトを作成できないようにすることが可能です。グローバル権限の詳細をご覧ください

自身のプロジェクトを作成できるかどうかを確認するには、Jira アイコン ( または) > [プロジェクト] を選択します。[プロジェクトの作成] ボタンが表示されれば、プロジェクトを作成できます。表示されない場合は、Jira 管理者にプロジェクトの作成についてご確認ください。

次世代ソフトウェア プロジェクトの作成

次世代プロジェクトを作成する手順は、次のとおりです。

  1. Jira アイコン ( または ) > [プロジェクト] を選択します。
  2. [プロジェクトの作成] を選択します。
  3. [次世代プロジェクトを試す] を選択します。
  4. プロジェクトに名前を付けます。[テンプレートの変更] を選択し、[次世代スクラム] または [次世代カンバン] のいずれかを選択して、テンプレートを変更することができます。
  5. プロジェクトにアクセスできるユーザーを選択します。
  6. 作成を選択します。

プロジェクト キーはプロジェクトの作成時に自動的に生成されます。

次世代ソフトウェア プロジェクトの詳細の編集

次世代プロジェクトでは、プロジェクトの次の情報を編集できます。

  • アイコン
  • 名前
  • キー
  • カテゴリ
  • アクセス

これらの詳細を変更するには、プロジェクト サイドバーから [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。

次世代ソフトウェア プロジェクトのアイコンの変更

プロジェクト アイコンを設定することで、プロジェクトを名前以外でも区別できるようになります。アイコンは、プロジェクトのサイドバーおよびサイトのプロジェクト一覧に表示されます。

プロジェクトのアイコンを変更する方法:

  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。
  2. 現在のアイコンの下の [アイコンの変更] を選択します。
  3. 既定のアイコンから選択するか、独自のものをアップロードします。
  4. [詳細を保存] を選択します。

次世代プロジェクトのキーの変更

プロジェクト キーはプロジェクトの課題の別名として使用できます。プロジェクト キーと課題キーの組み合わせが、Jira での作業の追跡および参照方法の基盤になります。

プロジェクトのキーを変更するには:

  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。
  2. キー フィールドで、希望するキーを入力します。プロジェクト キーは以下の要件を満たす必要があります。
    • 2 文字以上
    • 大文字で始まる
    • 大文字と数字のみを含める
  3. [詳細を保存] を選択します。

キーを変更した後は、チームに変更を周知することをお勧めします。 

たとえば、ボード フィルターおよびダッシュボード フィルター ガジェットは、新しいキーで更新する必要があります。

次世代プロジェクトのカテゴリの割り当てまたは変更

プロジェクト カテゴリは Jira サイト全体で似たプロジェクトやサービス デスクをグループ化するのに役立ちます。カテゴリは、詳細検索、フィルタ、レポートなどで使用できます。Jira 管理者は利用可能なカテゴリを作成および管理します。プロジェクト カテゴリの追加および削除の詳細については、こちらをご覧ください

プロジェクトのカテゴリを割り当てまたは変更するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。
  2. [カテゴリ] でドロップダウンを使用してプロジェクトにカテゴリを割り当てます。
  3. [詳細を保存] を選択します。

次世代ソフトウェア プロジェクトにアクセスできるユーザーの変更

次世代プロジェクトは個人用および非公開にすることができます。Jira サイトの全ユーザーに対してオープンにすることもできます。作業はオープンかつアクセス可能にしておくことをお勧めします。

ただし、自分のプロジェクトで課題を表示または課題にコメントできるユーザーを制限したい場合は、プロジェクトのアクセス権を変更できます。

プロジェクトのアクセスを変更するには:

  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。
  2. [アクセス]ドロップダウンで、必要なアクセス レベルを選択します。
  3. [詳細を保存] を選択します。

プロジェクトのアクセス レベルは、プロジェクトおよびその課題を検索、表示、および編集できるユーザーを設定します。

次世代ソフトウェア プロジェクトには 3 つのシンプルなアクセス レベルが用意されています。

  • オープン。プロジェクトがオープンな場合、Jira サイトのすべてのユーザーがプロジェクトの課題の表示、作成、編集を行うことができます。基本的に、Jira は Jira サイトにログインしているすべてのユーザーに Member ロールを割り当てます。
  • 制限。プロジェクトを制限している場合、Jira サイトのすべてのユーザーがプロジェクトで課題の表示およびコメント作成を行うことができます。しかし、課題の編集や新しい課題の作成はできません。このアクセス レベルでは、Jira は Jira サイトにログインしているすべてのユーザーに Viewer ロールを割り当てます。
  • 非公開。プロジェクトが非公開の場合、Jira サイトの全ユーザーから非表示になります。プロジェクトに追加されたユーザーのみが、プロジェクト ディレクトリでプロジェクトを確認したり、検索結果でプロジェクトの課題を表示したりすることができます。サイトの他のユーザーは、プロジェクトの存在を把握できません。Jira 管理者はプロジェクト ディレクトリで非公開プロジェクトを確認できますが、非公開プロジェクトの課題を表示したり操作したりすることはできません。

次世代プロジェクトのロールに関する詳細はこちらをお読みください

次世代ソフトウェア プロジェクトの削除

プロジェクトを削除した場合、Jira 管理者のみがバックアップまたは XML コピー (存在する場合) から復元できます。これはあまり楽しい作業ではありませんので、プロジェクトに関連付けられたデータを削除する準備が整っていることを確認してください。

以下を削除するには:  

次世代ソフトウェア

 project:


  1. プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [詳細] を選択します。
  2. [...] > [プロジェクトの削除] を選択します。
最終更新日 2019 年 11 月 4 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.