アクティブなスプリントを利用する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

スクラムボードのアクティブなスプリントではチームで現在進行中の課題を表示します。課題の作成、更新、ワークフローの遷移をドラッグとドロップで可能です。

はじめる前に

  • アクティブなスプリントはスクラムボード専用です。カンバンボードを使用している場合は、カンバンプロジェクトの作業を監視を参照ください。
  • ボードのアクティブなスプリントで異なる機能を利用するには、別の権限が必要となります。たとえば、スプリントから課題を削除するには、課題のスケジュールを作成する権限と課題を編集する権限が必要です。詳細は、「権限の概要」を参照してください。

このページの内容

スクラムボードのアクティブなスプリントを使用する

スクラム ボードのアクティブ スプリントに移動します。


スクリーンショット:スクラムボードのアクティブなスプリント

tip/resting Created with Sketch.

If you need to see both the selected issue and the rest of your scrum or kanban board, you can choose to open the new Jira issue view as a right sidebar. To do it, go to a board and choose ••• > Open issues in sidebar.

アクティブなスプリントについて:

  • 次の場合にのみ、アクティブなスプリントで課題が表示されます:
    • 課題のステータスがボードの列の 1 つにマッッピングされている場合
    • 課題が(スクラムボードの)アクティブなスプリント内にある場合
    • 課題がボードの保存済みフィルターに一致する場合

スクラムボードのアクティブなスプリントでできること

タスク手順説明
作業前列への課題の追加

グローバル サイドバーの アイコンをクリックします。


Fill in the issue details in the Create issue dialog, then click Create. The issue will be added to the To Do column.

tip/resting Created with Sketch.

複数の課題を作成する場合、課題の作成ダイアログの [もう 1 つ作成] チェックボックスを選択することで、ダイアログを開いたままにすることができます。

課題詳細を閲覧、編集

課題を選択して課題詳細ビューを表示し、課題詳細を編集します

別のタブまたはウィンドウに問題を開くには、カードで課題キーを右クリックします。

エピック課題の詳細を表示するには、カードでエピックの菱形をクリックします。

課題のフィルタリングボード名の下にあるクイック フィルターをクリックします(自分の課題のみなど)。詳細については、「クイック フィルターを設定する」を参照してください。
課題の優先順位付け

列内で課題をドラッグアンドドロップしてランク付けします。また、右クリックして、メニューを開き、現在の列の一番上または下に送ることも可能です。

課題のトランジション

列をまたいで課題をドラッグアンドドロップします。

複数の課題をトランジションする時....

以下の条件に応じて、Shift または Ctrl キーを押して複数の課題を選択し、バックログからプロジェクトのワークフローの次のステータスへとトランジションすることができます。

サブタスクの作成

課題をクリックし をクリックします。

サブタスクは、ストーリーを実装可能な単位に分割するのに便利です。

課題のフラグ立て

課題を選択し、••• > [フラグの追加] を選択します

課題の削除

課題を選択し、••• > [削除] を選択します

課題の一括変更右クリック(または複数の課題を選択して右クリック)して一括変更を選択します。
スプリントからの課題の削除右クリック(または複数の課題を選択して右クリック)して、スプリントから削除を選択します。

次のステップ

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

以下の関連トピックを参照してください。

最終更新日 2018 年 5 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.