アジャイルプロジェクトをリードする

対象読者は、開発マネージャー、イテレーション マネージャー、またはチームのチームリーダーなど、Jira Software でアジャイルプロジェクトを実行する責任を担っているユーザーです。この章のトピックは、既存の Jira Software インスタンスをチームのアジャイル開発プロセスに合うように設定するうえで役立ちます。

求めている情報ではありませんか? 代わりに以下の章を参照してください。

まず始めに

「アジャイルプロジェクトを実行する」に関するトピックを検索:

この章のトピックではアジャイル開発のライフサイクルに沿ったそれぞれのフェーズで必要なアクティビティをご説明します。


新しいプロジェクトを開始する

セットアップを開始しましょう。この段階では、新しい Jira Software ロジェクトの作成、開発ツールの設定 (Bitbucket でのリポジトリの作成など)、ドキュメントやチーム カレンダーの管理方法の決定を行います。

さらに詳しく...

バックログを作成する

バックログは未処理の作業のリストです。新しい作業を開始する前に、新しいバックログを作成するか、既存のバックログを調整します。これには課題の作成、ランク付け、および見積も含まれます。これを行うことによって、作業の優先順位を付けたタスクのリストができます。

さらに詳しく...

バージョンを計画する

新しいバージョンの作業を開始する準備はできましたか? バージョンを計画するには、Jira Software でバージョンをセットアップし、開発ツールを適切に設定する必要があります。 (リポジトリの分岐など)

さらに詳しく...

作業を開始する

これで、準備が完了しました。作業が開始されたら、スプリントの実行とチームの進捗状況のトラッキングを行います。スクラムを採用しているチームの場合、これにはスプリントの計画と開始、ボードやチャートを利用したスプリントの監視、およびスプリントの完了が含まれます。カンバンを採用しているチームの場合、これには進行中の作業の監視とチームに設定した制約を上限とする作業量の制限が含まれます。

さらに詳しく...

バージョンをリリースする

これは、チームが懸命に行った作業の集大成です。バージョンをリリースする前に、一般的に、そのバージョンに関して未処理の作業がないか確認します。全ての作業が完了していれば、バージョンのデプロイメントと、関連するリリースレポートおよびドキュメントの作成を行うことができます。

さらに詳しく...

レポート

レポートの作成は、開発サイクル全体を通して発生するアクティビティです。様々な関係者が利用できるように、または自分自身が使用するためにレポートの作成が必要な場合があります。Jira Platform には、チームの作業の進捗状況に関する様々な情報の提供に使用できる豊富なレポートが用意されています。

さらに詳しく...

最終更新日 2018 年 7 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.