画面の定義

Jira 管理者は画面を使用して、利用可能なすべての Jira アプリケーション フィールドをグループ化し、ワークフローのさまざまな段階 (課題の作成、編集、または解決を行う場合など) でチームに表示されるフィールドを制御することができます。

tip/resting Created with Sketch.

新しい Jira 課題ビューのレイアウト (フィールドの表示可否や表示順) を設定するには、課題を開いて [•••] > [設定] を選択します。課題レイアウトの詳細については、「課題ビューでのフィールド レイアウトの設定」をご参照ください。

ユーザーに適切なタイミングで適切なフィールドを表示するには、フィールド設定とプロジェクト権限を確認して、以下を行う必要があります。 

Jira アプリケーションには既定の画面、課題の解決画面、およびワークフロー画面が含まれ、次のように使用できます。 

  • 既定の画面は、課題の作成、編集、表示に関する既定の課題操作に使用します。
  • 課題の解決画面は、既定の [課題のクローズ] および [課題の解決] トランジションのトランジションビューに使用できます (JIRA の既定のワークフローのオープン、進行中、および再オープン手順から開始したもの)。
  • ワークフロー画面は、既定の [課題の再オープン] トランジション (Jira の既定ワークフローの解決済みおよびクローズ手順から始まる)、および [課題のクローズ] トランジション (Jira の既定ワークフローの解決済み手順から始まる) のトランジションビューで使用されます。ワークフロー画面は、課題の解決画面よりも小さい一連のフィールドを定義します。

画面の追加

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. [画面] > [画面の追加] をクリックします。
  3. この画面をいつ使えばよいかわかるような名前と説明を追加します。 

画面の詳細の編集

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. 画面 をクリックします。 
  3. 名前や説明を更新するには、該当する画面の横にある [編集] をクリックします。

画面のコピー

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. 画面 をクリックします。 
  3. 新しい画面の名前と説明を入力するには、該当する画面の横にある [コピー] をクリックします。 

画面の削除

画面スキームやワークフローのトランジションと関連付けられている画面を削除することはできないので注意してください。 

  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. 画面 をクリックします。 
  3. 該当する画面の横にある [削除] をクリックします。 

画面のタブとフィールドの設定

フィールドの追加/削除およびフィールドの並べ替えによって特定の画面に表示されるフィールドを設定できます。関連するフィールドをグループ化するためにタブも使用できます。タブを使用すると、使用頻度の低いフィールドを別のタブに配置できるため、複雑な画面を編成する上で役立ちます。タブの追加、削除、および並べ替えや、タブの名前変更も可能です。

現時点では、新しい課題ビューで課題のタブを表示することはできません。このプロセスを完了するには、課題キーをクリックしてフルページ ビューに移動 (まだ移動していない場合) し、右上のメニューをクリックして古い課題ビューを開きます。


  1. Jira アイコン (、または ) > [Jira 設定] > [課題] を選択します。
  2. 画面 をクリックします。 
  3. 該当するフィールドの横にある [設定] をクリックして次の変更を行います。 

    行いたい操作 手順
    タブの追加 タブの追加 をクリックします。クリックすると表示されるダイアログに、新しいタブの名前を入力します。
    タブの移動 タブの点線の部分 (タブ名の横) にカーソルを置き、希望する位置にタブをドラッグします。
    タブの名前変更 1.  タブ名の上にカーソルを置き鉛筆アイコンをクリックします。
    2 .新しいタブの名前を入力し送信を選択します。
    タブの削除 タブ名の上にカーソルを置きXをクリックします。
    フィールドの追加 1. フィールドを追加するタブをクリックします。
    2. 現在のフィールドの一番下に表示されているドロップダウンにフィールド名を入力します入力するとフィールド候補が表示されます。
    3. 「フィールドの追加」をクリックして現在のタブに追加します。
    フィールドの移動 フィールドの点線の部分 (フィールド名の横) にカーソルを置き、希望する位置にフィールドをドラッグします。
    フィールドを別のタブの名前までドラッグして移動し、ドロップします。
    フィールドの削除 フィールドの上にカーソルを置き、表示される [削除] をクリックします。
tip/resting Created with Sketch.

画面設定のヒント

課題の表示画面の日付フィールド  — 「日付」フィールドタイプは、並べ替え順序に関係なく、既定の「課題の表示」画面の「日付」エリアに表示あれます。これは、データがカスタムフィールドの場合でも適用されます。

課題の表示画面のシステムフィールド — 既定の「課題の表示」画面のシステムフィールド (例: サマリー、セキュリティレベル、課題タイプなど) は固定されています。つまり、画面を別のタブのどこに動かしても、それらは常に「課題の表示」画面の同じ場所に表示されます。「日付」および「ユーザー」に関連するカスタムフィールドも、課題の表示画面の固定セクションに表示されます。タブ上のどのコンテンツにもデータが含まれていない場合、タブは表示されません。タブを表示するには、「テキスト」や「選択」などの課題タイプのカスタムフィールドがあり、フィールドに値があることを確認します。
この情報は、画面スキームの「課題の表示」操作と関連する画面にのみ適用されます。

時間のトラッキング— 特別な [作業の記録] および [時間管理] フィールドをそれぞれ追加することで、作業を記録したり、見積時間を画面で指定/変更したりする機能を追加できます。

  • これらのフィールドが「フィールドの追加」選択ボックスに見つからず、画面に追加されていない場合は、Jira の時間のトラッキング機能が有効化されているかどうかを確認します。時間のトラッキング機能が無効化されている場合、これらのフィールドを追加することはできません。

  • いずれかの画面に [作業の記録] または [時間管理] フィールドがあり、Jira の時間のトラッキング機能が無効化されている場合、フィールドを削除すると、画面で保持されなくなります。ただし、時間のトラッキング機能を再度アクティブ化しないかぎり、フィールドはユーザーには表示されません。

Jira の標準フィールドの名前の変更 - Jira の標準フィールド (優先度や概要など) の名前を変更することはできません。

画面のアクティブ化

他のユーザーも画面を利用できるようにする方法は 2 つあります。

  1. 画面スキーマ内で画面を課題操作 ([課題の作成] など) と関連付けます。詳細については、「画面を課題操作と関連付ける」を参照してください。 
  2. 画面をワークフロー トランジション ([処理開始] など) と関連付けます。詳細については、「ワークフローで作業する」を参照してください。
最終更新日: 2018 年 12 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.