並行スプリントを使用する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

このヘルプ ページの内容について

従来のスクラムおよびカンバン プロジェクトを使用している場合、このページをお読みください。

アジリティ プロジェクト / 新しい Jira Software の一部である次世代プロジェクトを使用している場合、こちらのページをご参照ください

プロジェクトが不明な場合、プロジェクト メニューをご確認ください。[フィードバックを提供] および [さらに読む] メニュー項目がある場合、そのプロジェクトは次世代プロジェクトであり、このページの内容は適用されません。



並行スプリント機能を使用すると、互いに平行して実行している、複数のアクティブなスプリントが実行できるようになります。たとえば、2 つのチームが同じバックログから作業している場合、各チームは自分たちのアクティブなスプリントで同時に作業できるようになりました。

並行スプリントを使用する際は、次の点に注意する必要があります。

  • ベロシティ チャートにはチームあたりのベロシティは表示されません。
  • 現在の実装は、各チームが同一の見積もりをすることを想定していますが、このような状況が実務で発生する可能性はほとんどありません。

並行スプリントを有効にする

  1. Jira 管理者グローバル権限を持つユーザーとしてログインします。
  2. Jira アイコン () をクリックします。

     
  3. Click Settings Products, then scroll down the page to the  Jira Software section.
  4. 次に、 

    Jira Software

     設定
    から、[並列スプリント] チェックボックスを選択します。

並行スプリントを完了する

未完了の課題があるアクティブ スプリントを完了した場合、それらの課題を別のアクティブ スプリントに直接移動することはできません。これらの課題は、バックログに移動してから、アクティブ スプリントに追加する必要があります。

最終更新日 2019 年 3 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.