スクラム プロジェクトでスプリントを実行する

スプリント  イテレーション としても知られ、 たとえば、開発チームが作業中のマイルストーン バージョンなど、個々のアプリケーション インクリメントを実装、提供する短い期間のことです。以前にスプリントを実行していない場合は、各スプリント期間を2週間固定で使用することをお勧めします。タスクの達成には十分な期間ですが、チームが定常フィードバックを得るには不十分な期間です。

注: スプリントはカンバン プロジェクトには適用されません。

Jira Software では、ボードでスプリントを確認し、課題にスプリントを割り当てます。今後のスプリントの課題は、JQL (スプリントフィールド)で検索ができます。また、課題に含まれるので、個々の課題でもスプリントフィールドの閲覧ができます。 

スプリントの実行についての詳細は、以下のトピックをお読みください:

最終更新日 2018 年 7 月 26 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.