スプリントを完了する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

チームのタスクの進捗を評価確認する時がスプリントの終了となります。スプリントの作業完了を実証するのことも含め、改善が見られる箇所をふりかえり、分析します。

チームのリーダーとして、スクラムマスターや製品オーナーはこの機会を利用して全バージョンに対してチームの進捗具合を確認したり、関係者にフィードバックを返したりすることもできます。

このページの内容:

はじめる前に

  • スプリントはスクラム ボードにのみ適用されます。カンバン ボードを使用している場合は、代わりに「リリースのデプロイ」を確認してください。
  • スプリントを完了させるには、Jira 管理者かスプリントの管理権限を持つユーザーである必要があります。

スプリントを完了できない場合、ボードのフィルターが複雑で、 

Jira Software

がクエリによって返されるプロジェクトを判断できていない可能性があります。詳細については、「高度なケースでスプリントの管理権限を使用する」を参照してください。

アクティブなスプリントを完了する

  1. スクラム ボードのアクティブ スプリントに移動します。


  2. 必要に応じて、完了するスプリントをスプリント ドロップダウンから選択します。ボードのアクティブ スプリントに複数のスプリントがある場合は、いずれかのスプリントを選択するまで、スプリントの完了ボタンは表示されません。
  3. スプリントの完了 をクリックします。すべての完了した課題がアクティブ スプリントから外されます。
  4. スプリントに未完了の課題がある場合、次のいずれかを実行します。
    • バックログを選択し、課題をバックログに移動します。
    • 今後のスプリントを選択し、作成済みの今後のスプリントに課題を移動します。
    • 新しいスプリントを選択し、新しいスプリントを作成してそこに課題を移動します。

スプリントのクローズ日は課題にマークされないことに注意してください。ただし、スプリントの課題を参照することで、スプリントの終了日はいつでも確認できます。

親課題やサブタスクがあるスプリントの場合:

  • 親課題は「完了」していても、そのサブタスクがすべて「完了」していない場合は、そのスプリントを完了させることはできません。サブタスクを先に完了させる必要があります。
  • 親課題は「完了」していないが、そのサブタスクがすべて「完了」している場合、親課題は選択した将来のスプリントまたはバックログに移動します。この親課題が別のアクティブなスプリントの一部である場合、前に完了したサブタスクはそのまま「完了」となります。

スプリントの終了時に完了させるその他のタスク

ふりかえりを実施し、ノートをスプリントにリンクさせる 

通常、スプリントの終了時には、スプリントのふりかえりを実施します。チームで完了したスプリントについて話し合うためのミーティング — また、開始、中断、継続が必要な事項についても話し合います。スプリントのふりかえりとして求められる成果としては、今後のスプリントのための改善にむけたアクションを見い出すことにあります。

スプリントを

Jira Software

で完了すると、チームのふりかえりについての便利なスプリント データを提供する、"スプリント レポート" が表示されます。Confluence を

Jira Software

にリンクしている場合は、ふりかえりノート Confluence ページとして作成し、それをスプリント レポートにリンクできます。詳細は、
Confluence ページをスプリントにリンクする」を参照してください。

バージョンの進捗を確認する

スプリントの終了時は、バージョンの進捗状況を確認する絶好の機会です。詳細については、バージョンの進捗を監視するを参照してください。

スプリントをバージョンとしてリリースする(オプション)

スプリントの終了時にチームがバージョンをリリースする必要がない場合がありますが、必要な場合は簡単にリリースできます。スプリント レポートの完了した課題セクション課題ナビゲーターで表示するをクリックするだけです。作業を開始する前にバージョンに割り当てた課題が表示されます(これはレポート作成に役立ちます)。しかし、この段階で課題のバージョンを指定する必要がある場合は、Jira の一括編集を利用して、すべての課題を関連するバージョンに割り当てることができます(詳細については、「複数の課題を同時に編集する」を参照してください)。課題は、一旦「クローズ」されてしまうと編集できなくなるため、「完了」列で課題のステータスが「クローズ」に設定されている場合、この操作は行えないことに注意してください(「解決済み」のときは可能です)。また、課題の「修正バージョン」の一括編集は、一度に 1 つのプロジェクトからしか実施することができないことにも注意してください。

次のスプリント計画を開始する 

スプリントを 

Jira Software

で完了したら、新しいスプリントの準備を開始できます。

注意: 並行スプリントを有効にしないと、アクティブなスプリントは一度に 1 つのみです。

次のステップ

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

関連トピックをご確認ください。

最終更新日 2018 年 1 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.