Atlassian Companion アプリの管理

Confluuence ユーザーはネイティブのデスクトップ アプリケーションを使用して添付ファイルを編集し、ファイルを Confluence に自動的に再保存できます。

ファイルのダウンロードと再アップロードは Atlassian Companion アプリによって管理されます。ファイル編集を有効にするには、このアプリを Confluence インストール ディレクトリではなく各ユーザーのマシンにインストールする必要があります。

このページの内容:

Download and install the Atlassian Companion app

ファイルを編集するには、ユーザーは Atlassian Companion アプリをインストールしてバックグラウンドで実行している必要があります。ユーザーがファイル プレビューの "編集方法" を初めて選択したときに、アプリをダウンロードしてインストールするように求めるメッセージが表示されます。詳細は「ファイルの編集」を参照してください。

スクリーンショット: ファイル プレビューに表示されるダウンロード プロンプト


ユーザーが自身でアプリケーションをインストールできない場合、管理者はアプリを配信するか、Microsoft Installer を使用してデプロイすることができます。

Download the latest version

Download the Atlassian Companion app for Mac or Windows.

プロキシと SSL の考慮事項

When a user tries to edit an attached file, Confluence makes a DNS request to https://atlassian-domain-for-localhost-connections-only.com, which resolves to localhost (https://127.0.0.1). This allows Confluence to establish a secure WebSocket connection to the Companion app.

If your outgoing internet requests are filtered through a proxy server, you may need to exclude https://atlassian-domain-for-localhost-connections-only.com from the browser's forward proxies, otherwise the proxy server won't be able to route the request back to the local machine.

Microsoft Installer (MSI) から Companion アプリをインストールする

複数のユーザーまたはマシンで Windows 向け Atlassian Companion アプリをデプロイできるよう、Microsoft Installer パッケージ (.msi ファイル) も提供しています。既定では、Companion アプリは Program Files ディレクトリにインストールされますが、これはカスタマイズできます。

Atlassian Companion MSI のダウンロード (69 MB)

Microsoft Installer を使用してデプロイする場合、Companion アプリは最新のアップデート (セキュリティやバグ修正など) を自動的に取得しません。そのため、メンテナンスが必要になります。

新しいバージョンの Confluence のリリースの前後に、Companion アプリをアップデートする場合があります。Atlassian Companion アプリ リリース ノートで、最新のバージョンを使用していることを確認してください。

ファイル編集の無効化

System Administrators can remove the edit files option from their Confluence site.

To disable the edit files option when previewing a file:

  1. 移動 

    > [アプリの管理] へ移動します。

  2. ドロップダウン メニューから、[システム] を選択します。
  3. 表示されている一覧から [Confluence プレビュー] をクリックします。
  4. 有効化されたモジュールのリンクをクリックします。
  5. Hover on the Edit With plugin for the Media Viewer (companion-plugin) module, and click Disable.

To disable the edit option from the Attachments page, Attachments macro and View File macros:

  1. 移動 

    > [アプリの管理] へ移動します。

  2. From the drop-down menu, select System.
  3. Click Confluence Previews from the displayed list.
  4. 有効化されたモジュールのリンクをクリックします。
  5. Hover on the Embedded 'Edit With' button (embedded-edit) module and click Disable.

Compatibility with virtual desktop environments

The Atlassian Companion app only works in some virtual desktop environments. If a user's environment isn't compatible with the Companion app, they won't be able to edit files in Confluence.

This table outlines which environments are compatible with the Companion app:

環境 Compatibility with Companion app

Virtual desktop infrastructure (VDI)
In this set up, each user gets their own VM (virtual machine), with a centralized service managing deployments.

(tick) Compatible

Session-based virtual desktops
Also referred to as Remote Desktop Service (RDS) or Remote Desktop Session Host (RDSH). In this set up, each user shares the same operating system (server).

(error) Not compatible

Virtual app streaming
Also referred to as Remote app publishing. This is where a single app runs on a remote server, but appears on the user's computer as if it were a local app.

(error) Not compatible

編集したファイルの復元

ユーザーがファイルを編集すると、ファイルのダウンロードも行われ、コンピューターの Atlassian Companion フォルダに保存されます。ファイルは Companion アプリを再起動するたびにクリアされます。

Atlassian Companion アプリで編集した Confluence ファイルへのアクセスのガイドの手順に従います。

最終更新日: 2019 年 2 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.