Atlassian Companion アプリの管理

 Atlassian Companion アプリを使用して、ユーザーは任意のデスクトップ アプリケーションで Confluence ファイルを編集し、ファイルを自動的に Confluence に保存することができます。

ファイルのダウンロードと再アップロードは Atlassian Companion アプリによって管理されます。ファイル編集を有効にするには、このアプリを Confluence インストール ディレクトリではなく各ユーザーのマシンにインストールする必要があります。

このページの内容

Atlassian Companion アプリのダウンロードとインストール

ファイルを編集するには、ユーザーは Atlassian Companion アプリをインストールしてバックグラウンドで実行している必要があります。ユーザーがファイル プレビューの [編集] ボタンを初めてクリックすると、アプリをダウンロードしてインストールするように求めるメッセージが表示されます。詳細は「ファイルの編集」を参照してください。

ユーザーが自身でアプリケーションをインストールできない場合、管理者はアプリを配信するか、Microsoft Installer を使用してデプロイすることができます。

最新の Companion バージョンをダウンロード

Mac または Windows 向けの Atlassian Companion アプリをダウンロードしてください。

シングル サインオンの考慮事項

リバース プロキシでリクエストを SSO ゲートウェイにリダイレクトし、正常に認証されたリクエストのみが Confluence に到達するようにシングル サインオン (SSO) を構成した場合、ユーザーは Atlassian Companion アプリを使用してファイルを編集できません。これは、Atlassian Companion アプリがリクエストの認証に JWT トークンを使用しており、SSO 認証ツールではなく Confluence のみがこれらのリクエストを処理できるためです。 

Atlassian Companion アプリのリクエストが認証されるようにするには、次の URL からのリクエストを常に許可するようにリバース プロキシを構成する必要があります。 

  • <base-url>/rest/token-auth/api/* 
  • <base-url>/download/token-auth/attachments/*
  • <base-url>/plugins/servlet/imgFilter*   
  • <base-url>/rest/analytics/1.0/publish/bulk  (データの収集にオプトインしている場合にのみ必要)

未認証のユーザーがこれらの URL に直接アクセスしようとすると、Confluence のログイン画面にリダイレクトされます。これらのユーザーは未認証の間は、コンテンツやダウンロード ファイルにアクセスすることはできません。

コンテンツ セキュリティ ポリシー (CSP) に関する考慮事項

厳しいコンテンツ セキュリティ ポリシーが適用されている場合、ブラウザによって Companion の起動が拒否され、ブラウザのコンソールにコンテンツ セキュリティ ポリシー エラーが表示されます。このエラーが発生するのは、Confluence 7.3 以上では Companion のカスタム プロトコル (atlassian-companion) を起動するために非表示の iframe を使用するためです。この問題を解決するには、default-src または frame-src  リストに atlassian-companion: を追加する必要があります。例:

frame-src atlassian-companion:;

コンテンツ セキュリティ ポリシーは、最も一般的には、リバース プロキシで設定されます。

Microsoft Installer (MSI) から Companion アプリをインストールする

複数のユーザーまたはマシンで Windows 向け Atlassian Companion アプリをデプロイできるよう、Microsoft Installer パッケージ (.msi ファイル) も提供しています。既定では、Companion アプリは Program Files ディレクトリにインストールされますが、これはカスタマイズできます。

Atlassian Companion MSI のダウンロード (69 MB)

上記のリンクで MSI ではなく .exe ファイルがダウンロードされた場合、次の URL をブラウザにコピーしてファイルをダウンロードします。

https://update-nucleus.atlassian.com/Atlassian-Companion/291cb34fe2296e5fb82b83a04704c9b4/latest/win32/ia32/Atlassian%20Companion.msi

Microsoft Installer を使用してデプロイする場合、Companion アプリは最新のアップデート (セキュリティやバグ修正など) を自動的に取得しません。そのため、メンテナンスが必要になります。

新しいバージョンの Confluence のリリースの前後に、Companion アプリをアップデートする場合があります。Atlassian Companion アプリ リリース ノートで、最新のバージョンを使用していることを確認してください。

Set trusted domains

In Companion 1.2.0 and later, set your Confluence URL as a trusted domain so users don’t have to select 'Trust this domain' when they edit a file for the first time. 

System administrators have two options for setting trusted domains/sites before rolling out the Companion app to all users. Either set an environment variable called COMPANION_TRUSTED_DOMAINS on each user's computer, or pass the parameter COMPANION_TRUSTED_DOMAINS to the Microsoft Installer (MSI). Set multiple trusted domains by using semicolons (;) as separators.

To set trusted domains when installing using the MSI:

msiexec /i "Atlassian Companion-1.1.0.msi" COMPANION_TRUSTED_DOMAINS=“https://confluence.atlassian.com;https://support.atlassian.com/ja;"

ファイル編集の無効化

システム管理者は、Confluence サイト内でファイルの編集オプションを取り消すことができます。

ファイルのプレビュー時にファイルの編集オプションを無効化するには、次の手順を実行します。

  1. > [アプリの管理] に移動します。 
  2. ドロップダウン メニューから、[システム] を選択します。
  3. 表示されている一覧から [Confluence プレビュー] をクリックします。
  4. 有効化されたモジュールのリンクをクリックします。
  5. [Edit With plugin for the Media Viewer (companion-plugin)] モジュールにカーソルを合わせ、[無効化] をクリックします。

[添付ファイル] ページ、添付ファイル マクロ、ファイル表示マクロで編集オプションを無効化するには、次の手順を実行します。

  1. > [アプリの管理] に移動します。
  2. ドロップダウン メニューから、[システム] を選択します。
  3. 表示されている一覧から [Confluence プレビュー] をクリックします。
  4. 有効化されたモジュールのリンクをクリックします。
  5. [Embedded 'Edit With' button (embedded-edit)] モジュールにカーソルを合わせ、[無効化] をクリックします。

仮想デスクトップ環境との互換性

Confluence 7.3 以降、Atlassian Companion アプリはほとんどのセッションベースの仮想デスクトップで機能します。 

編集したファイルの復元

ユーザーがファイルを編集すると、ファイルのダウンロードも行われ、コンピューターの Atlassian Companion フォルダに保存されます。ファイルは Companion アプリを再起動するたびにクリアされます。

Atlassian Companion アプリで編集した Confluence ファイルへのアクセスのガイドの手順に従います。

Cache フォルダの削除方法

ディスク容量を解放したい場合、Cache フォルダを手動で削除できます。Cache フォルダのファイルを個別に削除するとエラーが発生することがあるため、Cache フォルダ全体を削除する必要があります。Companion アプリの実行中に Cache フォルダがロックされている場合は、Companion を終了し、Cache フォルダを削除してから Companion を開きます。

Cache フォルダの場所の確認方法

Windows で Companion 1.0.0 を使用している場合、C:\Users\admin\AppData\Roaming\Atlassian Companion\Cache に移動します。

Windows で Companion 1.1.0 を使用している場合、C:\Users\admin\AppData\Local\Atlassian Companion\Cache に移動します。

Mac で Companion 1.0.0 および 1.1.0 を使用している場合、Home/Library/Application Support/Atlassian Companion/Cache に移動します。

Atlassian Companion アプリの代替法

Confluence の特定のバージョンでは、以前の Office での編集機能に戻すことができます。これは、自身の環境で Companison アプリを使用できないお客様向けの回避策です。 

従来の Office での編集機能を有効化するには、次の手順を実行します。
  1.  > [一般設定] > [Office Connector] に移動します。

  2. [すべてのユーザーに Office での編集を許可] を選択して変更を保存します。 

これにより、サイトのすべてのユーザーで Companion アプリ機能が無効化されます。 

最終更新日 2020 年 8 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.