リリース ノート 2.2

Confluence 2 リリース

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

アトラシアンは Confluence 2.2 (別名 Shoalhaven) のリリースを発表いたします。アップグレードを希望する既存のお客様、または Confluence を 30 日間試したい新規のユーザーは、アトラシアンの Web サイト (http://www.atlassian.com/software/confluence) から Confluence をダウンロードできます。 Shoalhaven は Confluence の (2 年間で) 7 番目のメジャー アップデートです。「パーソナル スペース」、多言語対応/国際化のサポート、CAPTCHA スパム対策、プラグイン開発者向けの多数の新しい拡張ポイント、よりシンプルな LDAP 設定構文などが導入されています。

2.1 からのアップグレード

Confluence はとても簡単にアップグレードできます。その手順についてはこちらをご覧ください。アップグレードする前に、confluence.home ディレクトリとデータベースをバックアップすることを強く推奨します。

MySQL ドライバーのサポート

Confluence 2.2 (以上) で MySQL を使用しているユーザーは、最新 (3.1.12) のMySQL Java コネクタを使用していることをご確認ください。MySQL コネクタの以前のバージョンにはバグがあり、Confluence が正常にアップグレードされない場合があります (詳細は後述)。

LDAP 認証

現在、OSUser 経由で LDAP 認証を使用している場合 (つまり、osuser.xml ファイルを調整してある) は、2.2 にアップグレードしないでください。現在、この機能は利用できず、ここで課題が報告されています。この課題は Confluence 2.2.1 で解決されました。

ユーザー管理のバグ

このバージョンでユーザーを作成できるようにするには、このバグ レポートに添付されているパッチを適用する必要があります。この課題は Confluence 2.2.1 で解決されました。

インデックスの再構築

2.2 にアップグレードすると、Confluence の検索インデックスの再構築がトリガーされます。これにより、検索、ダッシュボード、RSS フィードなどの特定の機能で、アップグレード後に最大で数分間、予期しない動作が生じます。

LDAP Integration Configuration Changes

atlassian-user の設定ファイルの構文が変更されました。Confluence 2.1 を設定して AtlassianUser LDAP 統合を使用したお客様は、このページの指示に従う必要があります。

匿名権限の変更

ログイン済みユーザーに匿名アクセス許可を適用する方法が変更されました。管理者はアップグレードする前に、次の変更点を理解しておく必要があります。

プラグイン読み込みの変更

Confluence 2.2 より以前は、古いプラグインまたは依存関係が満たされていないプラグインにより、プラグイン サブシステム全体が破壊される可能性がありました。Confluence 2.2 は、プラグインの読み込みとプラグインが壊れた場合の隔離についてはるかに慎重になっています。ただし、これにより、Confluence がプラグイン全体の読み込みを拒否することがあります。この理由は、含まれているプラグイン モジュールの 1 つが読み込まれないということだけです。

2.0 以前からのアップグレード

Users upgrading directly from 2.0 or earlier should also read the 2.1 Release Notes for caveats regarding the 2.0 -> 2.1 upgrade.

コンテンツ

  1. 新機能
  2. 改善点
  3. Notable Bug-fixes
  4. MySQL ユーザー向けの重要な注意事項

2.2 で解決された課題」もご参照ください。

新機能

パーソナル スペース

Two of the most frequent questions we get from Confluence customers have been: "How do I give my users their own wiki?" and "How do I give my users their own blog?" It seems everybody needs a little Personal Space.

パーソナル スペースは特定のユーザーに属し、ダッシュボードにリストされるのではなく、ユーザーのプロファイルから使用できます (Confluence の将来のバージョンでは、サーバー上で興味のあるパーソナル スペースを簡単に見つけられるように「ユーザー ブラウザー」が搭載される予定です)。他のスペースと同様に、ページやニュース アイテムを含み、検索して閲覧することができます。これらは非公開のままにしたり、グローバル スペースのように全世界から表示および編集できるように公開したりすることができます。

Confluence の検索と RSS ビルダーの各インターフェイスが更新されて、パーソナル スペースに関心があるかどうかを簡単に選択できるようになりました。

パーソナル スペースを作成する場合は、自分のプロファイル画像をアップロード (または選択) することを忘れないでください。そうすれば、人々があなたについて知ることができます。

多言語対応/国際化

Confluence では、ユーザー インターフェイスの言語を変更するためのドロップイン言語パックがサポートされるようになりました。グローバル管理者はサイト全体のデフォルト言語を選択できますが、個々のユーザーはその設定で優先言語を設定できます。

現在利用可能な言語パックはありませんが、翻訳の提供を開始できるように、現在グローバル パートナーと連携しています。Confluence を別の言語に翻訳することに興味がある場合は、言語パックの構築手順をこちら (言語モジュール) から見つけることができます。

CAPTCHA 対応

Many of the more public Confluence wikis have been suffering at the hands of spammers. CAPTCHA support adds the familiar 'type in this word' question to signup, edit and comment forms, to defeat automated spamming bots. You can turn on CAPTCHA from the global administrative console, and also choose which users will, or will not be subject to the spam check.

プラグインの改善

Each version of Confluence is more customizeable than the last. One of the most exciting things to come from our recent plugin competition was learning just how creative our plugin developers are, and discovering more ways we can help them add features to Confluence.

  • Job Module and Trigger Module allow you to schedule periodic tasks to run within Confluence
  • Web UI モジュールを使用すると、プラグイン開発者は Confluence インターフェイスに新しいリンク、ボタン、タブを追加でき、テーマ開発者はより簡単に Confluence UI の変更を最新の状態に保つことができます。
  • コード フォーマット モジュールによって、新しい言語のサポートを {code} マクロに組み込めます (または、既存の言語サポートをより良いものに上書きします)。

また、プラグイン システムに次のような多くの改良を加えました。

  • 単一の「不正な」プラグインによってプラグイン サブシステム全体が停止しないことを確認します。
  • プラグイン リソースの「条件付き GET」を有効にすることで、ブラウザがそれを何度もダウンロードしないようにします。
  • サーブレットまたはコンポーネント プラグインが再読み込みまたはアップグレードされた先に発生する可能性のある問題を修正します (Adaptavist の Dan Hardiker に感謝します)。

新しいアトラシアン ユーザー設定構文

As promised, we have cleaned up the configuration file syntax for our atlassian-user user management library. This should make it much easier to configure Confluence to use external user repositories such as LDAP. 

改善点

Permissions Changes

Confluence 2.1 以前では、匿名ユーザーに割り当てられた権限はログインしたユーザーに自動で割り当てられるものではなく、ログインしていない時にページが表示されてログインした時には表示されないなど、状況が混乱することがありました。

Confluence 2.2 以降では、匿名ユーザーに割り当てられた権限がログイン済みのすべてのユーザーにも割り当てられます。このルールの唯一の例外は、グローバルな Confluence の使用権限で、ログインを希望するすべてのユーザーに明示的に付与する必要があります (この例外はライセンスの制限のために必要です)。

Kelvin Tan 様の支援により、Confluence の検索エンジンの基盤となるインフラストラクチャの多くを刷新しました。Confluence における検索はより効率的になり、以前問題になっていた検索 (ワイルドカード * 検索など) が期待どおりに機能するようになりました。

LDAP Performance

外部 LDAP ユーザー リポジトリに対する Confluence のパフォーマンスが大幅に高速化されました。

その他

  • [一般設定] 画面は大幅に整理されています
  • You can choose a space's initial permissions and theme when you create it
  • The left-navigation theme has improved
  • Themes may now be packaged with icons that will be displayed in the theme selector (see the screenshot of the "create personal space" screen above for an example)
  • Confluence スタンドアロンが Tomcat 5.5 とともにパッケージ化されました
  • Atom フィードが Atom 1.0 標準に生成されるようになりました
  • The back-end storage of attachment files has been changed to resolve a number of problems that were caused when the underlying filesystem did not support the character-set of the attachment filename

MySQL ユーザー向けの重要な注意事項

Confluence 2.2 (以上) で MySQL を使用しているユーザーについては、最新 (3.1.12) のMySQL Java コネクタを使用していることをご確認ください。MySQL コネクタの以前のバージョンにはバグがあり、Confluence 2.2 の改善によってトリガーされることがあります。これらの以前のコネクタ バージョンでは、アップグレード時にログにエラーが記録されます (また、Confluence の動作が不安定になります)。

ERROR [hibernate.tool.hbm2ddl.SchemaUpdate] execute could not complete schema update

最新の MySQL コネクタは、MySQL Java Connector 3.1 のダウンロード ページからダウンロードできます。アプリケーション サーバーから古いバージョンのコネクタをすべて削除してください。

The Confluence 2.2 Team

開発とサポート (big grin)
Tom Davies
Jeremy Higgs
David Loeng
Charles Miller
Daniel Ostermeier
Christopher Owen
Matt Ryall
Jens Schumacher

Oversight & Mis management (smile)
Mike Cannon-Brookes
Scott Farquhar

最終更新日 2016 年 8 月 12 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.