次世代ソフトウェア プロジェクトでの作業

次世代ボードは Jira Software の最新のプロジェクトです。Jira 管理者の手を煩わせずに作業を素早く開始したい、小規模で自主的なチームに最適です。次世代の Jira Software プロジェクトはゼロから開発しているため、Jira Software のクラシック プロジェクトで利用できるすべての機能はまだ提供されていません。今後取り組む予定の内容については Jira Software Cloud パブリック ロードマップをご参照ください。

注意: 次世代ボードを使用するには、次世代スクラムまたはカンバン プロジェクトを作成する必要があります。次世代ボードをクラシックのスクラムまたはカンバン プロジェクトに追加することはできません。

次世代プロジェクトの使用を開始する

次の大規模プロジェクトの開始に備えて、次世代ボードの基本について学習します。詳細

チームで利用する

チームを次世代ボードに招待してコラボレーションを開始できるようにします。詳細

次世代プロジェクトのエピックの管理

エピックを使用して上位レベルの作業を追跡し、エピックにストーリーを追加したりエピックからストーリーを削除して、作業を複数のレベルで管理します。詳細

次世代プロジェクトでのサブタスクの管理

ストーリー、バグ、およびタスクをさらに詳細なステップにブレイク ダウンします。詳細

次世代ボードへのルールの追加

課題をボードの列間で移動したときに、自動的に課題を割り当てたり、フィールドを更新するようにします詳細情報

アジリティ機能を有効にする

次世代ボードにはオプションのアジリティ機能が含まれます。必要な機能のみを有効化することで、チームのニーズに合わせて最適化することができます。詳細

他のツールとの連携

Bitbucket などのツールにリンクしてプロジェクトをさらに強力なものにできます。詳細はこちら。

次世代プロジェクトの管理

次世代プロジェクトの課題タイプ、フィールド、およびその他の設定についてご確認ください。詳細

Jira Software でのクラシック タイプと次世代タイプとの違い

Jira Software のクラシック エクスペリエンスでは、Jira の従来の強力な機能を使用できます。すべての機能をすぐに完全に活用することは難しい場合がありますが、チームの作業を計画、追跡、およびレポートするための多数のオプションを利用できます。 

次世代プロジェクトは最適化されたエクスペリエンスを提供し、使いやすく、セットアップもクラシック プロジェクトより簡単です。Jira 管理者によるセットアップや構成は不要なため、独立した作業を素早く行いたいチームに最適です。




クラシック 次世代
構成

プロジェクト間で共有できる、高度で柔軟な構成。

詳細については、「プロジェクト権限の管理」、「課題フィールド構成スキーム」、「課題タイプ スキーム」、および「課題ワークフロー スキーム」をご参照ください。

標準的な最適化された構成。

プロジェクト単位の構成。課題タイプやフィールドなどの設定を他のプロジェクトにコピー不可。

管理 標準化されたプロジェクト構成。課題タイプ、フィールド、ワークフローなどの構成オブジェクトを Jira サイト全体でグローバルに再利用可能。 チームはほかのプロジェクトに影響を与えることなくプロジェクト設定を構成可能。
ロードマップ

(error)

高度なロードマップ機能を Portfolio for Jira Software で使用可能。

(tick)
レポート
  • ベロシティ
  • バーンダウン
  • スプリント レポート

その他多数。完全な一覧をご確認ください。

  • ベロシティ
  • バーンアップ
  • 累積フロー ダイアグラム
  • スプリント バーンダウン

今後さらに追加予定です。

エピック (tick) (tick)
サブタスク (tick) (tick)
見積 ストーリー ポイントおよび時間見積り ストーリー ポイントのみ
タイム トラッキング (tick) (tick)
開発ツールとの連携 (tick) (tick)

リリースおよびバージョン管理

(tick) (error)
並行スプリント (tick) (error)
カード レイアウトのカスタマイズ (tick) (error)
カスタム フィールド

(tick)

(tick)

詳細な権限

(tick)

詳細できめ細やかなプロジェクト権限。プロジェクトで誰が何を実行できるかを指定可能。

(error)

シンプルなアクセス権限のみを利用可能。プロジェクトにチームまたは Jira サイトの全員がアクセスできるように選択。

クイック フィルター

(tick)

(error)

担当者、ラベル、およびエピックの既定フィルターが提供されるが、追加のJQLフィルターは作成不可。

Marketplace アプリ

(tick)

(tick)

注: プロジェクト構成を作成する (例: 新しい課題タイプやステータスの作成) アプリは次世代プロジェクトでは動作しません。

最終更新日: 2019 年 9 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.