Jira Cloud のユーザー名への変更

アトラシアンのプライバシーに対するコミットメントの一貫として、Jira Cloud でのデータの取り扱い方法を変更しました。これらの変更は特に、Jira Cloud でのユーザーに関する課題の検索方法、および、課題を割り当てたり課題のカスタム フィールドにユーザーを追加したりする際の、他のユーザーの検索方法に影響します。

これらの変更はすでに段階的に適用されており、このページは適宜更新されます。不明点がある場合はこのページを確認するか、support.atlassian.com で課題を起票してサポート チームにお問い合わせください。

変更内容について

主な変更点として、Jira Cloud のユーザー インターフェイスからユーザー名が削除されました。つまり、課題フィルターやフィールド (担当者、報告者、カスタム ユーザー ピッカー フィールド) で、ユーザー名でユーザーを検索したり、メンションしたりすることができなくなります。他のユーザーは、氏名の一部やメール アドレスを入力することで検索できます。

保存済みフィルター

ユーザー名に基づいて課題を見つけるフィルターがある場合、JQL 検索で新しいユーザー ピッカーを使用するように検索が更新されます。つまり、フィルターは引き続き同じように機能します。フィルター、ボード、ダッシュボード、またはガジェットで予期しない変更が見つかった場合、ユーザーをユーザー名で検索しようとしていないかどうかをご確認ください。

非アクティブ化または削除されたユーザーは、JQL の使用時にオートコンプリートに表示されなくなります。

リッチ テキスト フィールドでの削除済みユーザー

これまでは、リッチ テキスト フィールドでユーザーが @メンションされた際、後に Jira Cloud からそのユーザーが削除されても、メンションされていた場所ではユーザー名が引き続き表示されていました。現在は、リッチ テキストでの @メンション箇所では、削除済みユーザーは "Former user" として表示されるようになりました。

課題ビューでのユーザー メンション

Jira Cloud で新しい Jira 課題ビューを使用していない場合、リッチ テキスト フィールドでユーザーをメンションすると、更新または変更を保存するまでは Atlassian アカウントの ID のみが表示されます。

監査ログ

Jira Cloud の監査ログからユーザー名とメール アドレスを削除し、"更新" または "作成" イベントと対象ユーザーのアトラシアン プロファイル情報で置き換えました。ユーザーが削除されると、監査ログのイベントには "更新" と "Former user" プロファイルが表示されます。

最終更新日 2020 年 9 月 22 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.