ベロシティ チャート

このヘルプ ページの内容について

クラシック スクラム プロジェクトを使用する場合は、このページをお読みください。

次世代プロジェクトを使用している場合は、「ベロシティ レポート (次世代)」をご確認ください。

プロジェクトが不明な場合、プロジェクト メニューをご確認ください。[フィードバックを提供] および [さらに読む] メニュー項目がある場合、そのプロジェクトは次世代ソフトウェア プロジェクトであり、このページの内容は適用されません。


ベロシティチャートには 各スプリントで達成された量が表示され、これによって今後のスプリントでチームが完了可能な作業量を予測できるようになります。 ベロシティチャートは、スプリントの計画ミーティングの際に、チームがどのくらいの仕事に取り組めるかを決定するのに役立ちます。

ベロシティチャートの表示

  1. ナビゲーション バーで [プロジェクト] をクリックし、関連するプロジェクトを選択します。
  2. [レポート] をクリックし、次に [ベロシティ チャート] を選択します。
  3. ベロシティ チャートが表示され、最近 完了したスプリント が 7 つ表示されます。


ベロシティチャートを理解する

  1. 見積統計: y 軸は、ストーリーの見積に使用される統計情報を表示します。上記の例では、チームはストーリー ポイントを使用しています。見積はビジネス バリュー、時間、課題数、および選択した任意の数値フィールドに基づくことができます。詳細は、「見積とトラッキングの設定」を参照してください。 
  2. コミットメント: 各スプリントの灰色のバーは、スプリント開始時のすべての課題の合計見積を示します。スプリントの開始後に、スプリントに追加されたストーリーや、見積りに加えられた変更は、この合計には含まれません。 
  3. 完了済: スプリントの緑のバーは、スプリント終了時の完了済見積り合計数を示します。スプリント開始後にスコープ変更が行われた場合は、この合計に含まれます。
  4. スプリント: x 軸には、チームが最近完了した 7 件のスプリントが表示されます。このデータはベロシティの計算に使用されます。 

ベロシティ チャートに関するその他の注意事項:

  • ベロシティ チャートはボード固有です。つまり、ボードに保存されたフィルターにマッチした課題のみを含みます。
  • ボードの列マッピングに基づいています。課題がボードの一番左の列にあるとき、その課題は「作業前」とみなされます。同様に、課題がボードの一番右の列にあるとき、その課題は「完了」とみなされます。詳しくは「列を設定する」を参照してください。

ベロシティを計算する

チームの最近のベロシティは、将来のスプリントでチームが完了可能なタスクの量を予測するのに便利です。ベロシティは、最近の複数のスプリントでの合計完成見積の平均で計算されます。そのため、上記のグラフでは、チームのベロシティは (17.5+ 13.5 + 38.5 + 18 + 33 + 28) / 6 = 24.75 (ストーリー ポイントが 0 のスプリントは無視) となります。つまり、チームは次のスプリントで、24.75 ストーリー ポイント相当の作業を完了することが予測されます。

利用回数が増えるにつれて、利用可能なデータが増え、チームの課題の見積り精度も向上するため、この値の正確性と信頼性が向上します。

注: サブタスクからの見積もりは、ベロシティ チャートの計算には含まれません。(親タスクからの見積もりのみが含まれます。)

次のステップ

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

最終更新日 2020 年 5 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.