バージョンレポート

このヘルプ ページの内容について

従来のスクラムおよびカンバン プロジェクトを使用している場合、このページをお読みください。

アジリティ プロジェクト / 新しい Jira Software の一部である次世代プロジェクトを使用している場合、こちらのページをご参照ください

プロジェクトが不明な場合、プロジェクト メニューをご確認ください。[フィードバックを提供] および [さらに読む] メニュー項目がある場合、そのプロジェクトは次世代プロジェクトであり、このページの内容は適用されません。



スクリーンショット:バージョン レポート

バージョンレポートは、特定のバージョンの完了に向けたチームの進捗を表示します。またバージョンレポートはバージョンの開始日と見積られた残タスクから、チームの進捗のスピード(ベロシティ)をもとに想定されるリリース日を表示します。

はじめる前に

  • このページの内容はスクラムボードにのみ適用されます。

このページの内容

バージョンレポートを表示する

  1. Jira アイコン () をクリックします。

     
  2. [プロジェクト] をクリックし、関連するプロジェクトを選択します。
  3. [レポート] をクリックし、次に [バージョン レポート] を選択します。
  4. バージョン レポート ドロップダウンから該当のバージョンを選択します。

ヒント: レポートの上部にあるこのチャートの読み方をクリックして、簡単な説明文を表示させることができます。 

バージョンレポートを理解する

バージョン レポートの使用を始める前に、それがどのように動作するかを知っておく必要があります。次の情報はバージョン レポートの主要な機能を理解するのに役立ちます:

  • バージョンレポートはボード固有のものです。つまり、ボードに保存されたフィルターにマッチした課題だけを含むことができます。
  • バージョン レポートは、「サブタスク タイプ」の課題を除外します。
  • バージョン レポートは、「リリース済み」バージョンを表示しますが、「アーカイブされた」バージョンは表示しません。バージョンのステータスについての詳細は、バージョンの管理を参照してください (

    Jira 管理者

     ドキュメント
    )。
  • バージョン レポートは、ボードの列マッピングをもとにしています。課題がボードの左端の列にマッピングされているステータスにあると、課題は「作業前」であると見なされます。 同様に、課題がボードの右端の列にマッピングされているステータスにあると、課題は「完了」していると見なされます。詳細については、 列の設定を参照してください。
  • 横軸はバージョンの開始日から始まります。または、開始日が指定されていない場合は、バージョンに最初の課題が追加された日付から始まります。グラフは、合計ストーリーポイントと完了したストーリーポイント(または 別に選択した見積統計)を使って、特定の時点のバージョンの状態を表示します。これによってスコープがどのように変更されているか、見積済みの作業が完了に向けてどのように進捗しているかを確認できます。
  • グラフは次の予測を表示します:
    • 予測リリース日 (青い線) - このバージョンが完了すると見込まれる日です。ベロシティと見積もられた残タスクから算出されます。
    • 予測リリース日(楽観値)(青い線の左側の斜線部)- このバージョンの完了を見込める最も早い日付です。(「楽観値」の日付は1日平均のベロシティに 10 % 加えて計算します。)
    • 予測リリース日(悲観値)(青い線の右側の斜線部)- すなわち、バージョンの完了を見込める最も遅い日付です。(「悲観値」日付は 一日平均のベロシティから 10%を引いて計算します 。)
  • 予測値を計算するには、バージョンの見積済み作業のうち 10 %が完了している必要があります。

次のステップ

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

最終更新日 2018 年 3 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.