リリース バーンダウン

このヘルプ ページの内容について

従来のスクラムおよびカンバン プロジェクトを使用している場合、このページをお読みください。

アジリティ プロジェクト / 新しい Jira Software の一部である次世代プロジェクトを使用している場合、こちらのページをご参照ください

プロジェクトが不明な場合、プロジェクト メニューをご確認ください。[フィードバックを提供] および [さらに読む] メニュー項目がある場合、そのプロジェクトは次世代プロジェクトであり、このページの内容は適用されません。



スクリーンショット:リリース バーンダウン レポート(ストーリーポイント)

リリース バーンダウン レポートについて

リリース バーンダウン レポートは、リリース作業に取り組でいるチームの進捗状況を表示します。 

Jira Software

, there is no 'release' entity—a version is equivalent to a release (hence, the term 'version' will be used instead of 'release' in this document). The report will show data based on the estimation statistic that your board is using.

以下に、リリース バーンダウン レポートを利用する方法の一部を紹介します:

  • チームがバックログの作業に取り組む速さを表示する。
  • スプリントの間に追加または削除された作業が、チームの全体的な進捗にどのような影響を与えたかを表示する。
  • 過去のスプリントとスプリント期間中の変更をもとにして、バージョンの作業を完了するのに要するスプリント数を予測する。

前にバージョンレポートを使用したことがある場合、類似点がいくつかあることに気づくと思います。しかしリリース バーンダウンは、スプリントで作業するスクラムチームのために最適化されていて、トラッキングがはるかに簡単になっています。

リリース バーンダウン レポートを表示する 

  1. ナビゲーション バーで [プロジェクト] をクリックし、関連するプロジェクトを選択します。
  2. [レポート] をクリックし、次に [リリース バーンダウン] を選択します。
  3. ページ上部のリリース ドロップダウンから関連するバージョンを選択します。ボードのフィルターでボード用に設定された、プロジェクト内のバージョンを選択出来るようになります。

ヒント: レポートの上部にあるこのチャートの読み方をクリックして、簡単な説明文を表示させることができます。 

(warning) Internet Explorer 8 を利用している場合、リリース バーンダウン を利用することができません。

リリース バーンダウン レポートを印刷する

レポートを印刷するには、レポートを表示し、ブラウザの印刷機能を使用します。レポートは、A4 またはレター サイズのいずれかで、縦向き、横向きどちらでも印刷可能です (Chrome での横向き印刷には既知の問題があることにご注意ください)。

リリース バーンダウン レポートを理解する

リリース バーンダウン レポートの使用を始める前に、それがどのように動作するかを知っておく必要があります。 

スプリントバー

  • 薄緑色の部分 = スプリントの間に完了した作業
    バーがすべて薄緑色になっている場合、完了した作業のうち初期見積済みの作業がどれだけで、そうでないのがどれだけか見分けられなくなるので、注意してください。この情報を見るためには、バーをクリックして詳細を表示します。
  • 水色の部分 = スプリント開始時に見積もったバージョンの総作業量のうち、残っている作業。
  • 紺色の部分 = スプリントにもともと含まれず、途中で追加された作業(すなわち、スコープ変更)。
  • 薄緑色の部分+水色の部分 = スプリントの開始時に初期見積したバージョンの総作業量。
  • 水色の部分+紺色の部分 = スプリントの終了時にバージョンに残っている総作業量。
  • 灰色の部分があるバー = 予測スプリント(以下を参照 )。

予測スプリント

予測スプリントは、チームのベロシティ*(直近の 3 スプリントで完了した作業量)とバックログに残った総作業量をもとにして計算されます。スコープの変更は、ベロシティ*を計算する際に考慮されませんが、残りの総作業量には含まれます。

ベロシティチャートの節のベロシティと合致するデータを使っているわけではありません。

次のような例を考えてみましょう。

  1. 未処理の作業を評価する: 現在のスプリント (スプリント 5) の開始時に、バージョンには 26 ストーリー ポイントが残っています。
    "残りの 22 (ストーリー ポイント)" ラベル (すべてのリリース バーンダウン レポートの上部に表示) では、現在のスプリントで完了することが予測される 4 ストーリー ポイントが引かれている点にご注意ください。
  2. ベロシティを計算する: 最後の 3 スプリント (スプリント 2 、スプリント 3 、スプリント 4) で 11 ストーリーポイントが完了しました。これを平均して四捨五入すると、スプリント当たり 4 ストーリーポイントのベロシティになります。
  3. 残りのスプリントを予測する:  ストーリー当たり 4 ストーリーポイントのベロシティで、バージョンの作業( 26 ストーリーポイント)を完了するには、(現在のスプリントを含めて)さらに 7 スプリントが必要です。すなわち、それぞれ 4 ストーリーポイントのスプリントが 6 つと、最後に 2 ストーリーポイントのスプリントが 1 つ必要になります。


チームのベロシティーを計算するときに現在のスプリントの値も数えられますか?

チームのベロシティを計算するとき、現在のスプリントを含めないのが普通です。上の例で、現在のスプリントバーの各部分が(予測スプリントのバーのように)灰色表示になっていることが、このことを示しています。例外となるのが、現在のスプリントで完了を予測された以上の作業をすでに完了している場合です。この場合、現在のスプリント(および実際に完了した作業)は、ベロシティを計算するために使用される 3 つのスプリントの 1 つとして扱われます。また、スプリントバーには、完了したスプリントと同様に緑と青の部分が表示されます。

例えば、上記の図で、チームがスプリント 5 で 4 以上のストーリーポイントを完了している場合、スプリント 2 、スプリント 3 スプリント 4 ではなく、スプリント 3 、スプリント 4 スプリント 5 で完了した作業がベロシティを計算するために使われます。

その他の機能

リリース バーンダウン レポートの他の主な機能は、以下の質問と回答で取り上げられています:


バージョンに設定された開始日とリリース日が、最初と最後のスプリントの日付と一致しないのはなぜですか?

バージョンに設定された開始日リリース日は、開始予定日および終了予定日として、レポートの下部に表示されます。しかし、これは計画された日付であり、レポートに表示されている最初と最後のスプリントを決定するものではありません。

  • 最初のスプリントとして表示されるの は、「作業前」ステータスから最初にトランジションした(バージョンの)課題を含むスプリント、すなわちバージョンの作業を開始したスプリントです。
  • 最後のスプリントとして表示されるのは、バージョンのすべての作業が完了したスプリントです。または、作業が残っている場合は、作業が完了する予測スプリント です。

ボードへのステータスのマッピングによって、課題が 「作業前」または「完了」と見なされる時期が決まります。詳細は、列の設定を参照してください。


非見積課題の割合はレポートにどのような影響を与えますか?

リリース バーンダウン レポートは、バージョンの見積済み課題をもとにして始めて予測ができます。非見積課題の割合が高い場合は、レポートの予測は信頼性がなくなります( 非見積課題の割合が30 %を超えたときは、ラベルに赤の色づけがされ、わかりやすくなっています)。

たとえば、バージョンの見積済みの課題が  10  %しかなかった場合、レポートは全課題の  10  %をもとにして、バージョンの作業の完了見込を予測することになります。実際には、チームが完了しなければならない作業はもっと多く残っているはずです。


どのような変更が初期見積およびスコープ(作業追加)に影響を与えますか?

次の変更は、スプリントの初期見積に影響を与えます:

  • バージョンの課題が(バージョン開始前に)見積もられる(見積が追加される)
  • バージョンの課題が(バージョン開始前に)再見積される(見積変更される)

次の変更はスプリントのスコープに影響を与えます:

  • 既存の見積を持った課題が(バージョン開始後に)バージョンに追加される
  • バージョンに(バージョン開始後)追加された課題が見積もられる(見積が追加される)
  • バージョンに(バージョン開始後)追加された課題が再見積される(見積変更される)注意:課題が後のスプリントで再見積された場合、課題が始めに追加されたスプリント内で、スコープの調整が遡って行われます。


作業がスプリントの外で完了する場合、それはどのように表わされますか?

スプリント外で発生した(バーンダウンまたはスコープの)変更は、変更日の直前に開始したスプリントの一部として表示されます。


完了した課題が再オープンされたり、バージョンから追加/削除された場合、その課題はどのように表示されますか?

課題がスプリント内で完了して、再オープンされた場合:

  • 課題は、以前のスプリントには表示されません。

課題がバージョンで完了したが、その後バージョンから削除された場合:

  • スコープは変更されず、完了した作業はそのまま表示されます。

課題が別バージョンもしくはバージョンに紐付かずに完了してから、(レポートに表示される)バージョンに紐付いた場合:

  • スコープは変更されません。

課題がスプリントで完了したが、バージョンに追加されたのはその後だった場合:

  • 課題は、もとからバージョンの一部であったかのように、レポートに表示されます。


課題がマッピングされていないステータスにある場合はどうなりますか?

課題がマッピングされていないステータスにある場合 (ステータスが列にマッピングされていない場合)、リリース バーンダウン チャートでは考慮されません。その課題はスプリント バーや非見積課題の割合、残りのストーリー ポイントなどには含まれません。

Known issues

この一覧にない問題が発生した場合、アトラシアンの課題トラッカーで課題を起票してください


次のステップ

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。


最終更新日 2020 年 5 月 14 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.