スクラムバックログを使用する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

スクラムボード上のバックログではプロジェクトでバックログとスプリントにまとめられた課題を表示します。スクラム バックログでは、課題の作成、更新、ドラッグとドロップでランク付け、またスプリント、エピックやバージョンの設定、エピックの管理など、他にもいろいろ可能です。通常は課題のバックログの構築、新しいバージョン計画やスプリントの計画設計に利用されます。

このページの内容:

はじめる前に

スクラムバックログでは、異なる機能を利用するには、別の権限が必要となります。 たとえば、スプリントを開始するには、ボードの フィルターと一致するすべてのプロジェクトのプロジェクト管理者である必要があります。
詳細については、
権限の概要 を参照してください。

スクラムバックログについて

次の場合にのみ、課題はスクラムバックログに表示されます:

  • 課題がサブタスクではない場合
  • 課題がボードの保存フィルターとマッチしている場合 
  • 課題のステータスが、ボードの 列 ( 「 完了」列以外) にマッピングされている場合
  • 少なくとも 1 つのステータスが一番右の列にマッピングされている場合
    たとえば、作業前進行中および完了の列がある場合、少なくとも進行中にマッピングされているステータスがあることを確認します。1 列目 (作業前) にすべてのステータスをマッピングしている場合、スクラム バックログに課題は表示されません。

スクラムバックログにアクセスする

スクラム プロジェクトのバックログに移動します。

 以下は、課題が選択されているスクラム バックログの例を示しています。


tip/resting Created with Sketch.

Jira 全体で外観を統一し、1 つの画面で表示と編集が可能な新しい課題ビューをロールアウトしています。外観が少し変更され、一部の手順が変更されています。「新しい課題ビューでの課題への変更」で変更点をご確認ください現在、Jira Software および Jira Core で新しい課題ビューのオン / オフを切り替えるには[プロファイルと設定] () > [設定] に進み、[新しい Jira 課題ビュー] のスイッチを切り替えます。

新しい課題ビューは、すべてのビジネス ボードおよび次世代ソフトウェア プロジェクトで常に有効化されています。

アバターをクリックしても [設定] オプションが表示されない場合、新しい課題ビューのオン / オフを切り替えるスイッチは [プロファイル] に表示されます。

スクラムバックログでできること

タスク 手順説明
バックログへの課題の追加

グローバル サイドバーの アイコンをクリックします。


課題の作成ダイアログに課題の詳細を入力し、[作成] をクリックします。バックログで選択されている課題の下に課題が追加され、課題が選択されていない場合はバックログの一番上に課題が追加されます。

tip/resting Created with Sketch.
  • 複数の課題を作成する場合、課題の作成ダイアログの [もう 1 つ作成] チェックボックスを選択することで、ダイアログを開いたままにすることができます。
  • インラインでの課題作成機能を使用すると、課題を迅速に作成できます。+ 課題の作成をクリックするだけです。詳細
バックログの優先順位付け

課題をドラッグアンドドロップしてランク付けします。課題を右クリックすれば、その課題をバックログの一番上または一番下に送るメニューを開くことができます。

課題詳細を閲覧、編集

ボード上の課題をクリックして、課題詳細ビューを開き、課題詳細を編集します。

別のタブまたはウィンドウに問題を開くには、課題キーを右クリックします。

エピックの詳細を表示するには、課題でエピックの菱形をクリックします。

ストーリーの見積

「 J 」および「 K 」キーを使用してバックログ内で課題を移動させ、画面右側に詳細を表示します。「 E 」キーを使用して課題を編集したあと、必要に応じて、見積やストーリーポイントを更新します。

既定では、ストーリーポイント フィールドは「ストーリー」または「エピック」タイプの課題でのみ利用可能です。より詳しくは、見積もりとトラッキングの設定を参照してください。

ユーザーのワークロードの確認

作業が割り当てられたユーザーのアバターは、スプリントの一番上に表示されます。担当者のスプリント ワークロードを表示するには、アバターの横で ••• をクリックします。

サブタスクの作成

課題をクリックし、 をクリックします。

サブタスクは、ストーリーを実装可能な単位に分割するのに便利です。

課題のトランジション

課題を関連スプリントからバックログに移動するには、バックログセクションから関連する、スプリントに、課題をドラッグ&ドロップします。

複数の課題をトランジションする時....

以下の条件に応じて、Shift または Ctrl キーを押して複数の課題を選択し、バックログからプロジェクトのワークフローの次のステータスへとトランジションすることができます。

課題の分割

課題を右クリックして、課題の分割 を選択します。課題は、未来のスプリントと任意のアクティブスプリントを含む、バックログまたはスプリントセクションで分割できます。

課題がとても大きく、2 つ以上の問題として扱った方がいい場合に、課題を分割することで作業を管理しやすくすることができます。

課題を分割するとどうなりますか?
  • スクラム バックログで課題を分割すると、新しい課題はバックログ セクションに送られます。
  • スプリント(未来またはアクティブ)の1つで課題を分割する場合は、バックログ、または将来またはアクティブスプリントのいずれかに新たな課題を送信することもできます。
課題の詳細には何がありますか?
  • 新しい課題は、元の課題と同じ課題の種類になります。例えば、ストーリーを2つ以上の問題に分割した場合、新たな課題もストーリーになります。
  • 新しい課題には、元の課題に保存されている詳細 (優先度、コンポーネント、ラベルなど) と同じ内容が含まれます。
  • コピーされない情報には、作業ログ、コメント、課題履歴、および課題リンクが含まれます。なお、元の課題は新しい課題にリンクされます。
  • 新しい課題には、課題を分割する際に入力した要約を含みます。
  • 元の課題は、見積もりを持っている場合、新しいい課題でも見積の入力をすることができます。また、必要に応じて、元の課題の見積に更新することができます。
  • 課題ステータスも対応するワークフローの最初のステップに戻り、解決状況はクリアされます。
課題のフラグ立て

課題を選択し、••• > [フラグの追加] を選択します。

課題の削除

課題を選択し、••• > [削除] を選択します

課題の検索

独自のクイックフィルターを作成して、必要な課題だけを表示します。詳細は、クイックフィルターを設定する を参照してください。

名前、コード、また担当者よって課題を検索します。

ストーリーをエピックに整理

エピック(ボードの左側に縦に並べられている)をクリックして「エピック」パネルを表示します 。エピックを作成し、ドラッグアンドドロップで課題をエピックへ移動し、このパネルでエピック別にフィルター処理します。

エピックは基本的に大きな ユーザーストーリー で、小さなストーリーをグループ化します。たとえば、リリースのテーマが「パフォーマンス」であれば、1 つのエピックとして取り込むことができます。

バージョンの計画

バージョン(ボードの左側に縦に並べられている) をクリックして、「バージョン」パネルを表示します 。バージョンを作成、編集して、ドラッグアンドドロップで課題をバージョンに割り当て、このパネルでバージョン別にフィルター処理します 。

注意:このパネルを表示するには、バージョンが少なくとも 1 つはプロジェクトに含まれている必要があります。

スプリントの計画

スプリントの作成をクリックし、次いで課題を新しいスプリントにドラッグアンドドロップします。また、水平方向の仕切りをドラッグアンドドロップして、複数の課題を追加または削除できます。スプリント フッターには課題の数と作業見積の合計が表示されます。

スプリントに入れる課題の準備ができた時点で、スプリントの開始をクリックすると、ストーリーはアクティブなスプリントに移動します。

スプリントがアクティブなスプリントでアクティブとなっている場合でも、バックログで次のスプリントを計画できますが、アクティブなスプリントが 完了する までは、次のスプリントは開始できません。(ただし、バックログ内の課題をアクティブなスプリントにドラッグアンドドロップすることはできます。)


tip/resting Created with Sketch.

十分な画面領域がある場合、新しい課題ビューを使用すると、2 列レイアウトを選択できます。分割線をドラッグして、課題詳細のスペースを広げることができます。

次のステップ

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

最終更新日 2019 年 11 月 5 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.