プロジェクトの課題をカスタマイズする

robotsnoindex
robotsnoindex

robotsnoindex

Issues are the packets of work that need to be completed in a project. These issues are made up of issue fields, and the issue fields contain data about the issue. This data is important, as it helps define the issue, and can contain important information about the issue, such as a summary, a description, due dates, and when and where the work is required. Jira Service Management allows you to customize the configuration and behavior of issues to better suit the needs of your customers and agents. 

以下のことが可能です。

  • フィールドの挙動を変更する (フィールドの説明の変更、フィールドの表示/非表示、フィールドの必須/任意等)
  • 既定値が割り当てられたフィールドに任意の値を設定する (例: 解決状況やステータス)
  • 新しいカスタム フィールドを作成する
  • フィールドに異なるレンダラーを設定する
  • 画面上にフィールドを配置する
  • 課題の表示または課題の編集画面での各課題操作、または課題の解決または課題のクローズのワークフロー トランジションで表示する画面を選択する

課題のカスタマイズがチームに与える利点の簡単な例のひとつが、課題を作成した際にフィールドを「必須」に設定できる点です。これにより、課題に取り組んで解決するために必要な情報を、常に確実に取得することができます。これを画面の上部に必須フィールドを表示することと組み合わせ、さらに不要なフィールドを非表示にすることで、ユーザーは課題を確認し、必須フィールドを素早く入力することができます。

課題をカスタマイズするには、Jira 管理者である必要があります。詳細な情報については、Jira 管理者ドキュメントの「課題の構成」を参照してください。

最終更新日 2021 年 6 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.