リクエスト参加者を追加する

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Request participants are Jira Service Management customers who watch requests. You might add request participants so they can provide more information about a request, or to keep them in the loop about a request's progress.

参加者について

Request participants are customers and organizations who can view, comment, and receive notifications about the request. Participants receive the same notifications as the reporter and can turn off notifications at any time. 

Both agents and customers can add and remove request participants. Who they can add as participants depends on the project's Customer permissions

リクエスト参加者は課題レベルのセキュリティ スキームに従います。たとえば、管理者がリクエストをカスタマイズして、報告者のみがリクエストを表示できるようにした場合、リクエスト参加者はそのリクエストを表示できなくなります。管理者が課題セキュリティ スキームを更新する場合、「課題レベルのセキュリティ設定」の説明を参照してください。

課題への参加者の追加 

Agents can add request participants in People > Request participants or People > Organizations. When you add a request participant, they receive an email notifying them that they are participating in the request.

tip/resting Created with Sketch.

We're rolling out a new issue view for Jira Service Management, with one consistent screen to view and edit requests. It looks a little different and some procedures have changed slightly, so take a look at Changes to requests in the new issue view to see what's new and get the latest updates.

ポータルへの参加者の追加

In the customer portal, agents and customers can add participants by selecting Share. Participants receive an email notifying them that they are participating in the 

If a customer is in an organization, they can also share the request when they raise it. By default, the request is shared with the customer's organization unless they select Private request.

カスタマーが複数の組織に所属している場合、リクエストはデフォルトでプライベートになります。

メールでの参加者の追加 

メールを通じて、リクエストの作成やそれに対する応答を行う場合、リクエスト参加者のメールアドレスを TO または CC フィールドに追加します。参加者は追加されたことを通知する電子メールを受信します。

カスタマーがリクエストを共有する権限を持っている場合、個々の参加者を追加することができます。カスタマーが1つの組織に所属している場合、リクエストは自動的に共有されます。複数の組織に所属しているカスタマーは、メールで組織とリクエストを共有することはできません。

ウォッチャーの追加

You can also involve other agents or Jira users to get help with an issue. For example, you might want Jira Software developers to help analyze a bug that a customer has reported. To involve internal users, add them as watchers. As watchers, they're notified about internal activity on an issue and can communicate with you via internal comments. 

最終更新日 2020 年 11 月 9 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.