Confluence Data Center の使用を開始する

Data Center は、エンタープライズ用に構築された、Confluence の自己管理バージョンです。デプロイのさらなる柔軟性と強化された管理機能を提供し、ミッションクリティカルな Confluence サイトの用意な管理を実現します。

Confluence Data Center は、クラスタでもスタンドアロン (非クラスタ) インストールでも実行できます。このガイドはクラスタ化された Data Center インストールに適用されます。

このページの内容


1. 要件を定義する

開始する前に、組織の目標と要件を定義することをおすすめします。高可用性、安定性、および高負荷条件でのパフォーマンスを必要としている組織の場合、Confluence Data Center をクラスタで実行できます。

準備のために、次の項目を評価することをおすすめします。

  • ユーザー数
  • データ量
  • 予想される使用パターン
  • Confluence サイトの維持のために組織から割り当てられたリソース

Confluence のディザスタ リカバリの詳細については、「Confluence Data Center のディザスタ リカバリ」をご参照ください。

予想される負荷を評価し、パフォーマンスを予測するために、アトラシアンのサイジングおよびパフォーマンス ベンチマークを活用できます。

2. インフラストラクチャのプロビジョニング 

組織のニーズを特定したら、クラスタ環境を準備できます。ハードウェアおよびインフラストラクチャの重要な考慮事項について、「Confluence Data Center のクラスタ化」を参照してください。

クラスタ化の開始に役立つよう、「Confluence Data Center のサンプル デプロイメントおよび監視戦略」を提供しています。

クラスタ環境を初めて使用する方向けに、ノードのサイジングとロード バランサについての一般的なアドバイスもご用意しています。

3. デプロイメントの計画

Confluence を使用したことがない場合、無料試用版をダウンロードして Confluence Data Center をお試しください。試用版を使用することで、依存関係を確認し、本番環境へのパスの計画に役立てることができます。

Confluence Server から Confluence Data Center に移行する場合、切替中の中断を最小限に抑えるため、これらのガイドをお読みください。

また、サードパーティ製アプリ (アドオン) の棚卸しを行い、アプリに Data Center との互換性があることを確認することも重要です。多数のアドオンを使用するとパフォーマンスが低下する可能性があるため、必須ではないアドオンの削除も検討します。

Data Center への移行に向けたアドオンの評価方法をご確認ください。

4. Confluence Data Center のインストールと構成

環境の準備ができたら、Confluence Data Center をクラスタにインストールして構成します。

インストール方法は環境によって異なります。


Confluence Server から Confluence Data Center に移行する場合、「Confluence Data Center への移行」に記載されている手順に従います。 

Confluence Data Center を本番環境にデプロイする前に、製品の丁寧なテストを行うことをお勧めします。テストと本番環境への移行の詳細な推奨事項については、「Data Center 移行プラン」をご覧ください。

5. Confluence Data Center の維持と拡張

Confluence Data Center クラスタを本番環境にデプロイしたら、クラスタの健康状態を監視し、より多くのユーザーに対応できるように拡張するために、次のリソースを活用できます。

デプロイメントを拡張できる準備が整ったら、新しい Confluence Data Center クラスタの拡張や、クラスタへのノードの追加についてお読みください。

最終更新日: 2019 年 12 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.