自動化条件

Jira のプロセスとワークフローを自動化する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

ルールを実行し続けるために満たす必要がある条件を指定できます。たとえば、優先度が高い課題のみエスカレーションされるように、ルールの条件を指定できます。

If a condition fails, no actions following it will be performed. The exception is with the If/else block condition. Not all rules need to have conditions.

Conditions can be placed anywhere in the rule chain.

See how to use all of these conditions in our Jira automation template library.

課題フィールドの条件

  • スマート バリューの使用: なし

Checks whether an issue field meets a certain criteria. For Jira Service Management, this includes both Jira fields and Insight fields. Learn more about Insight in Jira Service Management.

This condition doesn’t require you to write smart values or JQL, and supports most common Jira fields. Use this condition ahead of the JQL and Advanced compare conditions, where possible. 

この条件を使用するには、2 つの方法があります。

Compare a field to a value

Compare a field to another field



高度な比較条件

  • スマート バリューの使用: あり

スマート バリュー正規表現を使用して 2 つの値を比較します。

[課題フィールド] の条件で大半のニーズが満たされますが、この条件を使うと正規表現や関数の使用などの追加オプションを指定できます。

たとえば、カスタマーがコメントしたときに課題を再オープンする場合、[コメントされた課題] トリガーを最初に設定してから、詳細比較条件を追加して、コメントの作成者と課題の報告者を比較したり、別の条件を追加して課題のステータスが "完了" であるかを確認したりできます。これらの条件が満たされると、課題は "進行中" にトランジションされます。



比較メソッドを使用できるのは、以下の場合です。

  • 次に等しい (担当者が John に等しい、など)

  • 等しくない (例: 担当者は John に等しくない)

  • Greater than (Story points is greater than 8)
  • Less then (Story points is less than 8)
  • 次で始まる (報告者の名前が J で始まる、など)

  • 含む (例: 要約に 12 月が含まれる)

  • 含まない (例: 要約に 12 月を含まない)

この条件で正規表現を使用してパターンをテストできます。たとえば、フィールド値に正規表現フィールドの内容が含まれるのか、完全一致するのか、含まれないのかを確認します。


If/else ブロック

特定の条件と一致しているかどうかに基づいて、別のアクションを実行します。

この強力な条件によって、必要な数だけ if/else 条件を追加することができます。if ブロックは、すべての設定済み条件が満たされたときにそのブロック内で指定された操作を実行します。条件を満たさない場合、else ブロックが評価されます。


課題の添付ファイル

  • スマート バリューの使用: なし

課題の [コメント] フィールドまたは [説明] フィールドに添付ファイルが含まれるかどうかを確認します。

たとえば、顧客がスクリーンショットを含めたかどうか、またはベンダーが請求書を含めたかどうかを確認することもできます。添付資料が存在しない場合に、自動的にコメントを残して詳細情報をリクエストすることもできます。



この条件を JQL 条件と組み合わせて、ファイル名が指定の形式かどうかを確認できます。以下のような添付ファイルの一部のプロパティには、条件付き比較を含めることもできます。

IQL

For Jira Service Management only. Learn more about Insight in Jira Service Management. This condition checks if an Insight object or an issue's Insight field matches the IQL query.

You can either search based on objects, or Insight fields on an issue. To select the Object tab, your rule must have the Object trigger. If the rule is triggered by an issue, the Issue field tab will be pre-selected and if the rule is triggered by an object, then the Object tab will be pre-selected.

After entering an IQL query, you can select Validate syntax to check if the syntax of your query is valid. However, this doesn't check if the query will return results.

You can also include object smart values, i.e. {{object name.attribute name}} in your query. Learn more about smart values in Insight.

JQL

  • スマート バリューの使用: あり

JQL 条件を使い始める前に、代わりに課題フィールドの条件をルールで使えるかどうか確認してください。そうするとより簡単かつ短時間で設定できます。

課題が指定の JQL クエリと一致するかどうかを確認します。

たとえば、所与の課題のステータスにおけるカテゴリが "完了" であるかどうかを確認します。

statusCategory = Done



この条件の [検証クエリ] をクリックして、JQL クエリが問題なく動作していることを確認します。スマート値を使っている場合は、JQL が有効かどうかは確認できません。

関連する課題

  • スマート バリューの使用: なし

関連する課題がトリガー課題にあるかどうか (例: 親課題、サブタスク、エピック、ストーリーなど)、または指定の JQL クエリと一致するかどうかを確認します。


ユーザー

  • スマート バリューの使用: あり (条件)

ユーザーが存在しているか、またはそのユーザーが指定したグループにいるかを確認します。

この条件にさらに基準を追加し、すべてまたは一部の基準が一致するロジックを選択できます。

For example, before reopening an issue, you could check if the user who added a comment to the issue is the reporter of the issue OR is a member of the Participants custom field.



最終更新日 2021 年 9 月 6 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.