Confluence 5.7 アップグレード ノート

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 5.7 にアップグレードする際の重要注意事項です。このリリースの新機能と改善点の詳細については「Confluence 5.7 リリース ノート」をご参照ください。

このページの内容

アップグレード ノート

メモリ割り当ての変更

新規インストールで推奨される PermGen 割り当てを、384MB に増やしました。Confluence 5.7 にアップグレードする場合は、PermGen のエラーを回避するために PermGen の割り当てを手動で増やすことをお勧めします。

<installation-directory>/bin/setenv.bat または setenv.sh に移動して、XX:MaxPermSize パラメーターの値を 256m から 384m に変更するか、Confluence を Windows サービスとして実行している場合は 次のステップに従って設定を更新できます。

複数のユーザー ディレクトリからグループ メンバーシップを決定する方法の変更

このリリースでは、複数のユーザー ディレクトリ (LDAP、Active Directory、Crowd など) に属するユーザーのグループ メンバーシップの決定方法が変更されました。グループ メンバーシップは、ユーザーが最初に表示されるディレクトリではなくすべてのディレクトリから集約されるようになりました。  

ユーザーは通常 1 つのディレクトリにのみ存在するか、ユーザーのメンバーシップがユーザー ディレクトリ間で正しく同期されるため、ほとんどの場合においてこの変更は影響しません。まれに、グループ メンバーシップが同期していない場合は、この変更によってユーザーがスペースやページを表示する権限を獲得する可能性があります (ユーザーが Confluence によって以前は無視されていたユーザー ディレクトリ内のグループのメンバーである場合)。 

そのようなシナリオの例です

彼の名前はアイザックです。しばらく前に何か不具合が発生しました。彼は 2 つのユーザー ディレクトリで同じユーザー名を持っていますが、別のグループに属しています。

 

現在、彼が所属する組織の Confluence サイトのユーザー ディレクトリは、次のようになっています。

そして、各ディレクトリのアイザックのグループ メンバーシップはこのようになっています。

開発者グループは「開発チーム」ページへのアクセスが制限されています。

  • Confluence 5.6 以前のバージョンでは、Issac のグループ メンバーシップは Active Directory から決定されたため、Issac はこのページを表示できませんでした。Active Directory はリストの最初のディレクトリであるため、最高の優先順位を持っていたのです。 
  • Confluence 5.7 以降では、最高位のディレクトリだけでなくすべてのディレクトリから Issac のメンバーシップを決定するため、Issac はこのページを表示できるようになります。

Confluence では、彼のグループ メンバーシップは次のようになります。

つまり、5.7 へのアップグレード以降は、彼は「開発者」グループに制限されているあらゆるページやスペースを表示できるのです。 

Confluence のグループに基づく重要な権限があり、複数のユーザー ディレクトリで異なるグループ メンバーシップを持つ重複ユーザーがいる場合は、REST API を使用してメンバーシップの集約を無効にできます。ユーザー ディレクトリの階層順が強制されて、ユーザーが見つかった最初の (優先度が最も高い) ディレクトリからメンバーシップが決定されます。方法については「複数のディレクトリを管理」をご参照ください。

添付ファイルが ContententtityoObjects になりました

ファイル エクスペリエンスを向上させるための取り組みの一環として、添付ファイルのメタデータをデータベースに格納する方法が変更されました。この変更によって Confluence サイトに目に見える影響が及ぶことはありませんが、添付ファイルに関連するカスタム プラグインを開発した場合は、この変更に関する詳細について「開発者向けドキュメント」をご確認ください。

このリリースのアップグレード タスク

このリリースには、添付ファイルのメタデータをデータベースに格納する方法に関連するアップグレード タスクが含まれています。多数の添付ファイルがある非常に大規模なインスタンスでは、このアップグレード タスクが完了するまでに時間がかかる場合があります。 

ファイル マクロのメモリ内キャッシュの変更を表示

ファイル表示マクロ (PDF、Word、Excel、Powerpoint) は、データを一時的にキャッシュします。このデータをメモリにキャッシュするオプションは、問題が発生することが知られていたので削除しました。以前、メモリ内キャッシュ設定を使用するように Office コネクタを設定していた場合は、Confluence 5.7 にアップグレードする際に、このデータを Confluence ホーム ディレクトリに一時的に保存する元の設定に戻されます。

ロードマップ プランナー マクロ

このマクロは、マーケットプレイスから入手可能だった既存の Confluence ロードマップ マクロを置き換えます。このアドオンのバージョン 11 以前によって作成されたロードマップがある場合、このロードマップは Confluence 5.7 で表示できますが編集できません。 

既定の画像サムネイルのサイズに対する変更

画像プロパティ パネルの小、中、大のサムネイル ボタンが変更されました。ページ上の複数のサムネイルを簡単に整列させるために、幅の代わりに高さを使用するようになりました。サイズは 150px、250px、400px の高さになりました (以前は 100px、300px、500px の幅でした)。

ファイル変換サービス

新しいプレビュー エクスペリエンスは、Confluence を使用した JVM で実行されるファイル変換サービスに依存しています。複雑な Office または PDF の各ドキュメントを処理する際にメモリ不足エラーが発生した場合は、JVM に割り当てられるメモリを増やすと役立ちます。詳細についてはこのナレッジベース記事をご参照ください。 

インライン コメントを無効にする 

インライン コメント機能とピン留めされたコメント機能を使用しない場合は、無効にできます。たとえば、Confluence サイトが公開コンテンツに使用されているような場合は、対象者にインライン コメントではなくページ コメントを作成してもらいたいことがあります。 

  • ページ上のインライン コメントの場合は、Confluence インライン コメント システム アドオンを無効にします。
  • ファイルにピン留めされたコメントの場合は、Confluence プレビュー システム アドオンのファイル ビューアー モジュールの注釈プラグインを無効にします。

これらのシステム アドオンを無効にすると、既存のインライン コメントまたはピン留めされたコメントが表示されなくなります。 

Confluence 5.7 における変更

このリリースでは、ルック & フィールに小さな変更を加えました。

  • ページまたはブログの [ツール] メニューは のような表示になり、[その他の操作] と呼ばれるようになりました。
    パターンは、利用可能なアクションが他にもある際のファイル プレビューとインライン コメントでも使用されます。 
  • 警告とエラーが目立つようになりました。 
  • 検索バーが薄めの青になりました。
    検索フィールド背景と検索フィールド テキストの色が配色に追加されたため、検索フィールドの色をカスタマイズできるようになりました。 

EAR/WAR ディストリビューションなし 

以前お知らせしたように、Confluence をさらに堅牢な拡張性のあるアプリケーションにするため、EAR/WAR ディストリビューションの提供を終了しました。サポート対象となるアプリケーション サーバーは、各リリースのセット商品である Tomcat バージョンのみになります。 

現在、EAR/WAR ディストリビューションを使用して Confluence を既存のアプリケーション サーバーにデプロイしている場合は、スタンドアロン ディストリビューションを使用して「Confluence 手動アップグレード」手順に従う必要があります (このアップグレード用のインストーラは使用できません)。  

このアップグレード方法では、インストーラを使用したりスクリプトを実行したりしません。基本的には、ファイルを抽出し (これが新しいインストール ディレクトリになります)、既存のホーム ディレクトリを指し示すようにし、データベース ドライバーやその他の重要なファイルにコピーしてから、Confluence を起動してアップグレードを開始します。

特に、再適用が必要なカスタマイズがある場合は、本番環境のスナップショットを作成して、このテスト環境を最初にアップグレードすることを強くお勧めします。 

新たにサポート対象となったプラットフォーム

このリリースでは、Java Runtime Engine (JRE) 8 のサポートが追加されたほか、JRE 7 のサポートも維持されています。このリリースでは Java 8 バイトコードがサポートされていないため、サードパーティのプラグインは依然として Java Development Kit (JDK) 7 を使用してコンパイルする必要があります。

Confluence 5.8 では JRE 7 のサポートを終了して、JRE 8 のみをサポートする予定です。これは、2015 年 4 月に JRE 7 の公開アップデートの提供を停止するというオラクル社の決定に沿ったものです。さらに、次のメジャー リリースでは Java 8 バイトコードのサポートが追加されます。

Java 8 における完全修飾ホスト名の解決に関する注意をご確認ください。

また、次のデータベースのサポートを追加しました。

  • Oracle 12c
  • Microsoft SQL Server 2014

サポート終了のお知らせ

  • PostgreSQL 8.4、9.0、および 9.1 のサポート終了
    以前お知らせしたように、このリリース以降は PostgreSQL 8.4、9.0、または 9.1 をサポートしなくなりました。
  • MySQL 5.1 のサポート終了
    以前お知らせしたように、このリリースから MySQL 5.1 はサポートされなくなります。
  • 事前通知: Confluence 5.8 における Java 7 のサポートの終了
    Confluence 5.8 における Java 7 (JREと JDK 1.7) のサポートを終了する予定です。

詳細は、Confluence のサポート終了のお知らせを参照してください。

アップグレード手順

注:まずテスト環境をアップグレードします。本番環境にロールする前に、テスト環境でアップグレードをテストしてください。

すでに Confluence のバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. > [一般設定] > [サポート ツール] > [ヘルスチェック] の順に移動して、ライセンスの有効性、アプリケーション サーバー、データベース設定などを確認します。
  2. アップグレードする前に、インストール ディレクトリ、ホーム ディレクトリ、およびデータベースをバックアップすることを強くおすすめします。 
  3. ご利用の Confluence のバージョンが 5.5 より前の場合は、そのバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリースリリース ノートとアップグレード ガイドをお読みください。
  4. Confluence の最新バージョンをダウンロードします。
  5. アップグレード ガイド」の説明に従います。

既知の問題

リッスン ポートの問題

一部のお客様には、Confluence 5.7 にアップグレードした後に、Confluence のリッスン ポートが既定の 8090 に戻るという問題が発生しています。詳細はこちら: CONF-34584 - 課題情報を取得中... ステータス。server.xml でポートを手動で変更する必要がある場合があります。 

Confluence Data Center をお使いの場合

Confluence Data Center 5.7 には、クラスターの安定性に影響を与える可能性のある既知の問題が含まれています。

We strongly recommend only installing, or upgrading to, Confluence Data Center 5.8.5 or later.

データベース照合順序

(warning)Confluence を Microsoft SQL で実行する場合、Confluence 5.5.3 以降では、データベースの照合を SQL_Latin1_General_CP1_CS_AS に設定する必要があります。詳細については、「MS SQL Server データベースの照合のエラーにより Confluence を起動またはアップグレードできないを参照してください。

既知の問題のチェックとConfluenceアップグレードのトラブルシューティング

Confluence インストールのアップグレードに必要な手順が完了したら、「Confluence のアップグレード後のチェックリスト」のすべての項目を確認し、すべてが期待どおりに動作していることを確認します。適切に動作していないところがあれば、既知の Confluence の問題を確認し、以下に記載されているアップグレードのトラブルシューティングを試してください。

  • 既知の問題を確認してください。Confluence のリリース後にその最新バージョンで問題が見つかる場合があります。そのような場合、既知の問題に関する情報を Confluence ナレッジベースで公開します。
  • コミュニティで回答を確認してください。他のユーザーに同じ問題が発生している可能性があります。Atlassian Answers のコミュニティから回答を確認することができます。
  • Confluence のアップグレード中に問題が発生しましたか?Confluence ナレッジベースで、アップグレードのトラブルシューティングを行うガイドを参照してください。

  • アップグレード中に問題が発生し、解決できない場合、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。
最終更新日 2016 年 5 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.