Jira Cloud for Workplace

Jira Cloud for Workplace 連携を使用すると、管理者とチームは両方のツールを使用してプロジェクトを計画、追跡、および管理できます。Jira Cloud for Workplace を使用すると、チームは次の操作を行うことができます。 

  • Jira Cloud から Workplace グループへ簡単に課題を共有します。
  • Jira 課題の詳細 (ステータス、担当者、優先順位など) を、Workplace で直接プレビューします。
  • Jira Cloud を開いたまま、Workplace で共有された課題やコメントされた課題を確認できます。 

Jira Cloud for Workplace のセットアップ

この連携をセットアップするには、Workspace にコミュニティ管理者としてサインインしている必要があります。

  1. Workplace の [Explore] メニューで、[Admin Panel] を選択します。
  2. [Integrations] を選択します。
  3. [Available to install] タブから、Jira Cloud 連携の横にある [+ (インストール)] をクリックします。 
  4. 連携を使用するグループを選択します。すべてのグループまたは特定のグループを選択することも、グループ管理者に対してグループ設定からの有効化を許可することもできます。 

Jira Cloud アカウントと Workplace アカウントを接続する

Jira Cloud for Workplace 連携をインストールすると、チームが以下のいずれかの操作を行ったときに、Workplace と Jira Cloud アカウントとを接続するよう求められます。 

  • Jira Cloud の課題 URL をグループ、ユーザーまたは自身の Workplace 内のウォールに投稿する。 
  • 別のユーザーが Workplace で Jira Cloud の課題リンクを投稿した際に [Enable preview] をクリックする。 
  • Jira Cloud コンポーザー拡張子を使用する。

アカウントを接続すると、連携機能により、Workplace で Jira Cloud のデータを、Jira Cloud で Workplace のデータを表示できるようになります。

Jira Cloud for Workplace 連携は、Jira Cloud と Workspace の両方でのユーザーのプライバシー設定を遵守します。チームには、表示権限のあるコンテンツのみが表示されます。 

Jira Cloud for Workplace 連携は、Workplace コミュニティへの複数の Jira Cloud サイト認証 (または Jira Cloud サイトへの複数の Workplace コミュニティ認証) をサポートしています。 

Jira Cloud for Workplace のアカウント アクセスを削除する

Jira Cloud と Workplace アカウントの接続はいつでも解除することができます。この操作を行うと、Jira Cloud と Workspace 間で共有情報を表示できなくなります。連携を完全に削除できるのは、Workplace のコミュニティまたはグループ管理者のみです。 

  1. Jira Cloud で、グローバル ナビゲーション サイドバーの左下のユーザー アバターをクリックします。
  2. プロファイルをクリックします。
  3. その他の操作 (...) をクリックし、[Jira Cloud for Workplace] を選択します。
  4. [すべての認証の取り消し] をクリックします。アカウントを複数の Workplace コミュニティに接続している場合、それらすべてへのアクセスが削除されます。

Jira Cloud for Workplace のサポート

この連携機能は Atlassian が構築および維持しています。連携でサポートが必要な場合は、Atlassian コミュニティへ移動するか、Atlassian サポートにお問い合せください。 

最終更新日 2018 年 7 月 23 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.