ページレイアウト、コラム、セクション

ページのレイアウトは、そのページの読まれ方に大きな影響を与える可能性があります。レイアウトをうまく使用すれば、テキストや画像、マクロ、チャートなどを配置して、最高の視覚的インパクトを与えることができます。

Confluence ページのレイアウトを変更する方法は 2 通りあります。

  • ページレイアウトを使用して、セクションと列を追加する
  • マクロを使用して、セクションと列を追加する。

ページレイアウトは、エディターによってページのレイアウトをシンプルに視覚表現するものであり、一方マクロはより柔軟であり、複雑なレイアウトを可能にします。

このページの内容:

ページレイアウトの使用

ページレイアウト ツールを使用すれば、水平セクションと垂直列を使用してページを構築することができます。それぞれの列の設定を変えた、複数のセクションを追加することによって、かなり複雑なレイアウトをごく簡単に構築できます。

スクリーンショット:それぞれの列の設定を変えた 3 つのセクションを表示するページのエディタービュー。 


ページに水平セクションを追加することから始めます。 

セクションを追加するには:

  1. ツールバーのページ レイアウト  ボタンをクリックします。
    ページ レイアウト ツールバーが表示されます。
  2. セクション追加  を選択します

現在のコンテンツの下に新しいセクションが表示され、セクション(複数可)の境界は点線で示されます(ページを表示する時には、点線は表示されません)。

セクションの列のレイアウトを変更するには:

  1. 変更したいセクションにカーソルを置きます
  2. ページレイアウト ツールバーからレイアウトを選択します(たとえば、2 列または 3 列)

列のレイアウトを変更する際に、セクション内のテキスト、画像、マクロのいずれも失われることはありません。列の数を減らすと、Confluence はコンテンツを左に移動します。列の数を増やすと、Confluence は既存のコンテンツの右側に空白の列を追加します。 

セクションをページの別の部分に移動するには:

  1. 移動したいセクションにカーソルを置きます
  2. 上に移動 または 下に移動 ボタン を選択します

セクションとそのコンテンツはすべて、ページの他のセクションの上または下に移動されます。 

セクションを削除するには:

  1. 削除したいセクションにカーソルを置きます
  2. セクション削除 を選択します

セクションとそのコンテンツのすべてが削除されます。 

ページレイアウトに関する注意事項

  • 列幅 - 列の幅は固定されています。3 つ以上の列、または特定の幅の列が必要な場合は、以下で説明するセクションマクロと列マクロを使用する必要があります。 
  • 非常に幅広の表 - 各列の幅はページ幅の一定の割合に設定されています。ドロップダウンメニューのアイコンは、各レイアウトに対する相対的な幅を示しています。ほとんどの場合、Confluence はページ幅に収まるように列幅を合わせます。列に幅の広すぎる項目が含まれている場合は、ページを表示しるときに、水平スクロールバーが表示されます。

セクションマクロと列マクロ

セクションマクロと列マクロを使用して、ページに一連の列を追加できます。セクションマクロは列が含まれる領域を定義します。セクションは好きな数だけ作成できます。各セクション内には、列を好きな数だけ作成できます。

列ごとに特定のパーセンテージ幅またはピクセル幅を定義する場合、セクションマクロと列マクロは便利です。 

セクションといくつかの列をページに追加するには:

  1. Confluence のエディターで、[挿入] > [他のマクロ] を選択します。
  2. セクションマクロ を見つけ、選択して、ページ上に挿入します
  3. 挿入 > その他のマクロ をもう一度選択します
  4. マクロ を見つけて、挿入します
  5. コンテンツを列に追加します

好きな数だけの列をセクション内に挿入します。

セクションマクロ内には、常に列マクロが少なくとも 1 つはなければなりません。列マクロなしでセクションマクロを使用すると、ページの読み込み時間に悪影響を与える可能性があります。

スクリーンショット:エディター内の 1 つのセクションと 2 つの列


マクロ パラメーター

  Parameters are options that you can set to control the content or format of the macro output. Where the parameter name used in Confluence storage format or wikimarkup is different to the label used in the macro browser, it will be listed below in brackets (example).

セクションマクロのパラメーター

パラメータ

既定

説明

Show Border

false

セクションと列の周囲に境界線を描くには、このオプションを選択します。

注意: 列マクロ がない場合は、境界線が正しく表示されません。

列マクロのパラメーター

パラメータ

既定

説明

Column Width

100%のページ幅をセクション内の列の数で均等に分割。

Specify the width of the column, in pixels (for example, 400px) or as a percentage of the available width (for example, 50%).

セクション内のすべてのコンテンツが列マクロに収められていなければなりません。そうでない場合は、セクションのレイアウトは思ったように表示されません。

最終更新日 2018 年 1 月 30 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.