Confluence 3.0.1 アップグレード ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

Below are some important notes on upgrading to Confluence 3.0.1. Confluence 3.0.1 is a recommended upgrade which fixes some security flaws as well as other bugs. For more details, please read the Confluence 3.0.1 Release Notes.

このページの内容

アップグレード ノート

Confluence のインストールでキャッシュ設定をカスタマイズした場合は (パフォーマンス上の理由など)、Confluence 3.0.1 または Confluence の「標準版」にアップグレードする前に、このページのすべての情報をお読みください。また、このページには、2009 年 9 月以降に Confluence のインストールを 2.6 以降のバージョンにアップグレードするお客様向けの重要な情報が含まれています。

クラスタ化されていないライセンス向けの ClusterManager に起因する重大なエラー

非クラスタ (クラスタ ライセンスを保有していない場合など) の Confluence 3.0.1 と Confluence 3.0.2 実装では、ClusterManager によって (ジョブの同期時などに) ロックされません。そのため、Confluence インスタンスは、特定のジョブが想定外のタイミングで同時に実行されてクラッシュする可能性があります。

この問題を回避するために、可能な限り Confluence 3.1 以降にアップグレードすることを強くお勧めします。Confluence 3.0.1 または 3.0.2 の非クラスタ実装をインストールまたはアップグレードする場合は、アップグレード後に CONF-17136 に添付されたパッチを適用する必要があります。

Introduction of 'Standard' and 'Clustered' editions

Confluence 3.0.1 は、「標準」と「クラスタ」の 2 つのエディションでリリースされた最初の Confluence バージョンです。

また、2009 年 9 月からは次のようになります。

  • 標準版は、Confluence の以前の各メジャー バージョンについても、2.6 まで遡ってリリースされます。これらは次のようになります。

    • Available as Confluence versions 2.10.4, 2.9.3, 2.8.3, 2.7.4 and 2.6.3.
    • 非クラスタ化の Confluence ライセンスをお持ちのお客様が利用できます。
  • アトラシアンのダウンロード ページから現在入手可能な以前のその他の Confluence バージョンは (2.6 ~ 3.0 を含む) クラスタ エディションとして再リリースされて、Confluence のクラスタ用ライセンスを持つお客様のみが利用できるようになります。
  • 2.6 以前の (サポート終了済みの) すべての Confluence バージョンのインストール ファイルはアトラシアンの Web サイトから削除され、ダウンロードおよびインストールできなくなります。

Confluence キャッシュ レイヤーの変更

Confluence の「標準版」におけるキャッシュ レイヤーの変更によって、次の 3 つすべてが当てはまる場合は、キャッシュ サイズやキャッシュ設定ファイルに対して行ったキャッシュのカスタマイズを再適用する必要があります。

  • Confluence インストールのキャッシュ サイズにキャッシュのカスタマイズを実施している (管理コンソールまたはキャッシュ設定ファイルを介して)。
  • Confluence 3.0 以前の既存のインストールがあり (「標準版」バージョンを除く) 、Confluence 3.0.1 以降 (またはその前の標準版のいずれか) にアップグレードする予定である。
  • ご利用の Confluence インストールは、非クラスタ Confluence ライセンスを使用しています。

Confluence インスタンスのキャッシュ設定を管理コンソールでカスタマイズした場合は、以下の「管理コンソールでキャッシュ サイズの変更を再適用」セクションをご参照ください。

If you customized your Confluence instance's cache settings by modifying the cache configuration file, please refer to the Reapplying Cache Configuration File Modifications section below.

管理コンソールでキャッシュ サイズの変更を再適用

管理コンソールでキャッシュ サイズの変更を再適用するには、次の手順に従ってください。

  1. アップグレードする前に、[キャッシュ統計] ページで説明されている手順に従って、管理コンソールの [キャッシュ統計] セクションを [詳細設定] ビューで開きます。
  2. Print out this view or save a copy of the web page for later reference. (This contains your existing individual cache settings.)
  3. Confluence をアップグレードした後、アップグレードした Confluence インストールの [キャッシュ統計] セクションを [詳細設定] ビューで表示します。
  4. Use the same procedure describe on the Cache Statistics page to re-adjust the size of each cache based on the previous settings that you had printed out (or saved).

キャッシュ設定ファイルの変更を再適用

アップグレード手順

すでに Confluence のいずれかのバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. アップグレードを開始する前に、confluence.home ディレクトリとデータベースをバックアップすることを強くおすすめします。
  2. ご使用の Confluence のバージョンが 3.0.1 より前の場合、そのバージョンから最新バージョンまでのすべてのリリースリリース ノートおよびアップグレード ガイドをお読みください。特に:
  3. Download the latest version of Confluence.
  4. Follow the instructions in the Upgrade Guide.

Useful Plugins

Confluence サイトにアドオン(プラグインとも言う)をインストールする前に、アドオンの情報ページをチェックし、アドオンがアトラシアンによってサポートされているか、他のベンダーによってサポートされているか、またはまったくサポートされていないか確認してください。 アドオンのサポートについては、弊社のガイドラインを参照してください 。

  • [Unable to render {include} The included page could not be found. ({include} をレンダリングできません。ページが見つかりませんでした)] を選択し、
最終更新日 2016 年 8 月 10 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.