Coherence ライセンスが SEPT 2009 を変える - 新標準とクラスター化された Confluence エディション

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

概要

Oracle Coherence (旧称 Tangosol Coherence) は、Confluence でクラスタリングと分散キャッシュを提供するテクノロジーです。また、クラスタ化されていない Confluence デプロイメントでのキャッシングにも使用されています。

Oracle Coherence テクノロジーは Confluence バージョン 2.3 で最初に組み込まれました。それ以降、アトラシアンは次の手段を使用して Coherence テクノロジー ライブラリ ファイルを配布してきました。

  • バージョン 2.3 の Web サイトからダウンロード可能な Confluence のすべてのバージョンとディストリビューションに含まれます (クラスタ版または単一サーバー インストール版を問わない)。
  • Atlassian Maven リポジトリから。

しかしながら、アトラシアンでは Coherence テクノロジーに関連して、Oracle と新しいライセンス契約を締結しようとしています。これにより、2009 年 9 月下旬から、アトラシアンは、ライセンス (Confluence クラスタ ライセンス) を購入したお客様にのみ Coherence ライブラリ ファイルを配布できるようになります。

その結果、次の変更が発生します。

  • Confluence (3.0.1) の次のバージョンは 2 つのバージョンでリリースされます。
    • 標準 — Coherence ライブラリ ファイルのない Confluence エディション。Ehcache が、Coherence テクノロジが提供していたローカル キャッシュ機能を置き換えます。
    • クラスタ — Coherence ライブラリ ファイルを含む Confluence エディション。
  • 非クラスタ用の Confluence ライセンスを購入したお客様は、アトラシアンの Web サイトから Confluence の標準エディションのみをダウンロードできます。Confluence のクラスタ用ライセンスを購入したお客様は Confluence のクラスタ エディションをダウンロードできます。
  • 2009 年 9 月後半以降:
    • Confluence の標準エディションは、Confluence バージョン 2.6 までのそれぞれのメジャー リリースに対して提供されます。これらは、Confluence バージョン 2.10.4、2.9.3、2.8.3、2.7.4および 2.6.3 として提供され、非クラスタ用ライセンスをお持ちのお客様が利用できます。
    • アトラシアンのダウンロード ページから現在入手可能なそれ以前の Confluence バージョンはすべて (2.6 から 3.0 を含む)、クラスタ エディションとして再リリースされ、Confluence のクラスタ用ライセンスを持つお客様のみが利用できるようになります。
    • Coherence ライブラリは、Atlassian Maven リポジトリでは形式を問わず利用できなくなります。
    • 2.6 以前の (サポート終了済みの) すべての Confluence バージョンのインストール ファイルはアトラシアンの Web サイトから削除され、ダウンロードおよびインストールできなくなります。

現在 Confluence のクラスタ インストールを実行している場合、Confluence の標準エディションでのアップグレードを行わないでください。

どのような影響がありますか?

Confluence 2.3 以降を実行中で、非クラスタ Confluence ライセンスを持つ Confluence のお客様の場合

実行中の Confluence ディストリビューションは引き続き機能します。Confluence バージョン 2.6 以降の場合、当社の標準サポート ポリシーにしたがい、アトラシアンのサポート対象になります。

ただし、Confluence バージョン 3.0.1 以降にアップグレードする場合、または 2009 年 9 月下旬以降にリリースされた Confluence バージョンを利用する場合、Confluence の標準エディションのみをダウンロードしてアップグレードできます。

Confluence 2.3 以降のカスタム インストールを実行していて、Confluence をソースからビルドする必要がある場合

2009 年 9 月下旬より前にダウンロードされ Confluence ソース コードでは、Maven の自動ビルドを正常に完了させるために、Coherence ライブラリ ファイルがローカルまたは Atlassian Maven リポジトリに存在する必要があります。

2009 年 9 月より前に Confluence ソース コードをダウンロードし (バージョン 3.0.1 を除く)、この日付以降にこのソース コードを使用して Confluence の自動 Maven ビルドを実施している場合、ローカル Maven リポジトリで Coherence ライブラリ ファイルを使用できないとビルドは失敗します。これは、Atlassian Maven リポジトリで Coherence ライブラリ ファイルが提供されなくなるためです。

このため、このソース コードを使用して Confluence のカスタム インストールをビルドするには、自身の既存の Confluence インストールの WEB-INF/lib ディレクトリで tangosol-3.3.jar および coherence-3.3.jar を見つけ、次のコマンドを使用して、ローカルの Maven ディレクトリをインストールすることをおすすめします。

mvn install:install-file -Dfile=tangosol-3.3.jar -DgroupId=tangosol-coherence \
-DartifactId=tangosol -Dversion=3.3 -Dpackaging=jar
mvn install:install-file -Dfile=tangosol-3.3.jar -DgroupId=tangosol-coherence \
-DartifactId=coherence -Dversion=3.3 -Dpackaging=jar

これらのコマンドは Coherence ライブラリ ファイルをご自身だけが利用できるローカルの Maven リポジトリにインストールします。これらのファイルを公開の Maven リポジトリにアップロードしたり、他の方法で公開したりしないでください。アトラシアンのエンド ユーザー規約では、これらの Coherence ライブラリ ファイルを含む Confluence の一部を再配布する権限は付与されていません。

Confluence の新しい標準またはクラスタ エディションのいずれかのソースをダウンロードして、カスタマイズを再適用することもできます。これらは、問題なくコンパイルされます。

プラグイン開発者が Confluence の古いバージョンまたは既存のバージョンに対してプラグインをコンパイルしたい場合

これは、2 つの方法でプラグイン開発者に影響します。

  1. プラグインの構築時、アトラシアンの Maven リポジトリに Coherence ライブラリ ファイルがない旨のメッセージが Maven によって表示されます。
  2. Atlassian Plugin Toolkit を使用してプラグインをテストする場合、Maven は統合テストを実行するための適切な Confluence EAR-WAR ディストリビューション ファイルを (Atlassian Maven リポジトリから) ダウンロードできなくなります。

したがって、プラグイン開発者は可能な限り早く、Confluence の新しい標準バージョン (Confluence ライブラリ ファイルを含まないもの) に基づいてプラグインのコンパイルを開始することをお勧めします。Confluence の標準エディションには、クラスタ エディションと既存の Confluence のクラスタ インスタンスとのバイナリ互換性があります。したがって、Confluence の標準エディションに対して開発されたプラグインは、クラスタ エディションおよび Confluence の既存のクラスタ インスタンスでも実行されます。

これらの変更による API の変更や複数の Confluence エディションについて懸念しているプラグイン開発者の場合

Confluence API のみを使用してプラグインを開発している場合、そのプラグインは Confluence の標準エディションとクラスタ エディションの両方とのバイナリ互換性を持ちます。Confluence CacheManagerCache および ClusterManager のインターフェイスは両方のエディションの Confluence で同じですが、以前のバージョンの Confluence からの重要な変更が 1 つだけあります。

Confluence の既存のバージョンでは、ClusterManager によって Coherence InvocationService が表示され、クライアントはクラスタのすべてのノードでコードを実行したり、クエリを実行したりできます。この API は、Confluence のすべての標準バージョン (バージョン 3.0.1 から 2. 6 まで) で使用できなくなります。プラグインがこのサービスを使用している (およびアトラシアンがそれを認識していない) 場合、Confluence の RemoteEvent API を使用して他のクラスタ ノードにメッセージを送信し、作業を実行するように指示する必要があります。

また、何らかの理由でプラグインが他の Coherence クラスを直接参照している (CacheManagerCache または ClusterManager の Coherence 固有の実装をインポートする) 場合は、プラグインを書き直して汎用インターフェイスのみを使用する必要があります。

プラグイン開発者がクラスタの Confluence に対してプラグインをテストしたい場合

テストのため、Confluence クラスタ ライセンスを所有し、クラスタ化された Confluence インストール (既存のライセンスまたは Confluence クラスタ エディションに基づくライセンス) にアクセスできる必要があります。

最終更新日 2016 年 5 月 27 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.