ページの移動、コピー、および非表示


Confluence 内でページの場所を設定する最も簡単な方法は、所属したいスペースに移動し、親ページを見つけて [作成] することです。変更が必要なときには、編集および表示中にページを移動できます。

このページの内容:

スペース内でのページの並べ替え

ページを移動すると、受信リンクはすべて維持されます。親ページを移動させると、子ページの階層全体も移動します。

ページを移動または並べ替えるには:

  1. スペース ホームに移動してサイドバーを展開し、ページ ツリーを見つけます。

  2. 移動先のブランチを展開します。

  3. ツリー内の新しい位置にページをドラッグします。


ページをツリー内の新しい位置にドラッグして移動させます



ページを移動させる

ページを移動させるには:

  1. 移動したいページを編集または表示しているときに、[ページの場所の設定] を開きます。
    • ページの編集中に、ページの上部にある場所アイコン () を選択します。
    • ページの表示中に、 をタップしてから、[移動] を選択します。
  2. 左のオプションの 1 つを使用して、コンテンツの新しい親ページを見つけることができます。
    情報 (i)[詳細] を使用してページ名を入力している場合、提案されるページを選択する必要があります。ページ名を入力または貼り付けるだけでは動作しません。
  3. 子ページ間でページの位置を変更する場合は、[並べ替え] を選択します (次のステップで [移動] を選択すると、ページの並べ替えができます)。
  4. [移動] を選択します (子ページを並べ替える場合、ページの新しい位置を選択してから、[並べ替え] を選択します)。

ページは、添付ファイル、コメント、子ページとともに選択した場所に移動します。Confluence はアプリ内のすべてのリンクが新しい場所を示すよう、自動的に調整します。 

スクリーンショット: このダイアログでページの場所を設定します。ページ ツリーの参照、最近の閲覧の表示、検索、または正確な名前の入力でページを見つけることができます。


ページのコピー

ページの内容を複製する必要がある場合、最も簡単な方法はページをコピーすることです。

ページをコピーすると、スペース内のページは一意の名前でなけらばならないため、既定によってページの名前が [originalPageName] のコピー に変更されますが、編集中にこの名前を変更できます。ページを別のスペースへ動かす場合は、同じ名前を使用できます。


ページをコピーするには:

  1. スペース内のページに移動し、 > [コピー] を選択します。
    Confluence のエディタでページのコピーが開きます。 
  2. ページの名前を変更し、ページの本文で任意の変更を行います。
    別のスペースまたは別の親ページに新しいページを移動する必要がある場合は、ページの左下の [場所] を選択します。 
  3. [保存] を選択します。


その他の注意事項:

  • ページをコピーすると、元のページの添付ファイルやラベルのすべてを複製しますが、元のページのコメントはコピーされません。
  • このページをコピーする方法では、子ページはコピーされません。これについて改善を期待する場合は、課題 CONF- 2814に投票してください。
  • すべてのページ(親と子)を含めたスペース全体をコピーできます - スペースをコピーする手順 を参照してください。
  • ページをコピーしても、そのページの制約はコピーされません。 


ページの非表示

スペースのルートへ移動させることで、ページ ツリーからページを非表示にすることもできます。つまり、ページを再配置する際には、スペース ホーム ページと同じレベルに配置します。これにより、ページ ツリーからページが非表示になり、非表示にしたいページを作成する場合に便利です。例えば、クライアント用にスペースを作成し、別のページに注釈を付けたい場合、サイト上のどこからでもこれにリンクさせることができます。 


ページを非表示にするには: 

  1. サイドバーから [スペース設定] > [コンテンツ ツール] > [ページの並べ替え] を選択します
  2. ページをホーム ページと同じレベルに移動します


スクリーンショット: この例では、Sami Pearchey のホームと同じレベルにあるため、ページ名はページ ツリー内で非表示になります。


受信リンクがない場合、ページは孤立ページとなります。Confluence では、スペース内の孤立ページのリストを確認できます。これは、複数の他のページ上で 1 つのページのコンテンツをプルするインクルード ページ マクロを使用している場合に便利です。時間をかけてコンテンツを追加または削除しながら、孤立ページ リストを確認することでどのページがどこからも参照されていないかを確認できます。 

スペース内で孤立ページを見るには:

  • サイドバーから [スペース設定] > [コンテンツ ツール] > [孤立したページ] を選択します


スクリーンショット: 孤立ページ ビューここから、孤立ページを表示、編集、または削除できます。 


非表示のページと孤立ページも検索結果には表示され、誰かがページ URL を持っている場合にはアクセスできます。ページを検索結果に表示させたくない場合、アーカイブ スペースへ移動することができますが、他のユーザーが URL を持っていても表示できないようにする唯一の方法は、ページ制約を追加することです。 

権限についての注意事項

ページを移動するには、以下の権限が必要です。

  • 移動するページでの編集権限。
  • 新しい親ページでの表示権限。

ページを異なるスペースに移動またはコピーするには、以下の権限も必要です。

  • 移動元のスペースでの削除権限。
  • 移動またはコピーのスペースでの作成権限。

ページに制限がかかっており、新しい場所でも制限を維持したい場合は、移動先のスペースの「制限」権限も必要です。 

最終更新日 2019 年 1 月 10 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.