作成、編集および公開

ページは、スペースの情報を構成するコンテンツです。

Confluence では、あなたとチームは一緒にページ上で作業することができます。同時に書き込み、互いへのフィードバックを行い、ページのバージョンを比較して変更点を確認できます。

ページはただの "ページ" ではありません。カレンダー、アクティビティ ストリーム、およびロードマップなどのマクロを追加して、イベントの計画、スプリントの進捗状況の追跡、ナレッジベースの管理などができる、強力で動的なページを作成することができます。

ご利用のサイトのページでは、新しいエディタまたは従来のエディタが使用されます。このページでは両方のエディタの使用方法について説明します。

次のリンクを使用して、ご利用のエディタの詳細情報のセクションに移動できます。


ページで使用しているエディタの確認

ページの編集中にツールバーをご確認ください。新しいエディタでは、テキストのカラー ピッカーや絵文字アイコンの追加方法が異なります。また、新しいエディタでは [公開] および [閉じる] ボタンが右上に移動されています。

新しいエディタ

従来のエディタ

新しいエディタ

このセクションでは、新しいエディタを使用したコンテンツの作成、編集、および公開方法について、詳細情報を説明します。

コンテンツを作成する

Confluence のあらゆる場所からページを作成できます。ナビゲーションで をクリックするだけで準備完了です。

Confluence のページ作成インターフェイス

  1. 親ページ: 新しいページは、[作成] をクリックしたときに開いていたページの子ページとなります。

  2. スペース: スペース外で [作成] をクリックした場合、そのページの格納先となるスペースを選択する必要があります。これにより、そのスペースの概要の下にページが作成されます。既定のオプションは自身のパーソナル スペースです。

  3. ページ テンプレート: どのようなページ テンプレートで開始するかを選択します。Confluence にはあらかじめパッケージ化されたテンプレートが付属します。これをサイトまたはスペース レベルでニーズに合わせて調整できます。自身が作成する他のテンプレートもここに追加されます。ブログ投稿はテンプレートではない点が異なります。これらはページのように機能しますが、ページ ツリー内ではなくブログ セクションに格納され、そこで時系列順に整理されます。ニュースや更新情報を共有するのに最適です。

空白のページやテンプレートを決定したら、ページへコンテンツを追加し始めることができます。

ページ ツリーでコンテンツを作成する

ページ ツリーから直接ページを作成することもできます。これにより、ページを配置する場所を最初から簡単に制御できます。

ページ名にカーソルを合わせ、[+] をクリックして、新しい下位ページを作成します。






ページの移動

ページをコンテキストに応じて追加することで、最初から目的の場所に配置できます。操作を誤ったり、場所を変更したりしたい場合、ページ ツリーでドラッグ アンド ドロップ機能を使用してページを目的の場所にドラッグするか、ドラッグ アンド ドロップを使用してページを並べ替えられます。

ページやブログを作成できない場合

ページやブログ投稿を作成するには、そのスペースのブログの追加またはページの追加権限が必要です。


共同編集

Confluence では、あなたに加えて最大で 11 人のチームメイトがページをリアルタイムで同時に編集できます。変更は自動的に保存および同期されるため、編集中のユーザーには同一の内容が表示されます。

  1. アバター: 現在編集中のユーザーは色付きのアバターで表示されます。編集を行ってページを離れたユーザーはグレースケールで表示されます。

  2. 編集に招待する:  プラス記号をクリックして、ページでの編集に参加するよう、他のユーザーをエディタ内で招待します。ページのリンクをコピーして送信するか、メールおよびワークボックス経由で到達する Confluence 通知を送信します。

下書き

ページの作成を開始したが、内容が不要になった場合は、公開せずにエディタを終了できます。Confluence は作業中に自動的に保存を行うため、これによって下書きが作成されます。下書きは未公開のページまたはブログ投稿で、サイドバーの [作業] > [下書き] からいつでも戻ることができます。

tip/resting Created with Sketch.

作業を下書きとして保存するのは、作成の初期段階でのみにしておくことをおすすめします。これは、下書きでは変更を追跡できず、以前の編集セッションに戻すことができないためです。これらはいずれも公開済みのページでは可能となります。

代わりに、作業中でもページを公開し、次のいずれかを実行することをお勧めします。

  • ステータス要素を挿入してページに "作業中" マークを付ける: "レビュー中"、"完了"、"要改訂"、"フィードバック待ち"、またはワークフローのその他のステップに変更することもできます。

  • 作業に伴ってページを移動する: 外部向けのサイトがある場合や、チームが組織の残りのメンバー向けにポリシーなどを作成している場合は、チーム スペース内で作業し、完了してから外部向けのスペースに移動することができます。あるいは、パーソナル スペースで作業を行い、完成したら公式のスペースに移動します。

  • 準備が整うまでページをロックダウンする: 準備が整うまで他のメンバーに知られたくない作業に取り組んでいる場合、作業中はページをロックダウンし、公開する準備が整ったらページ制限を変更します。



下書きとプライバシー

下書きには実際の場所はなく、検索では表示されません。そのため、下書きを作成した人物以外は見ることができません。その人物が下書きの URL を共有していたり、その下書きを共同編集するよう他のメンバーを招待している場合、相手のメンバーも下書きを表示して編集できるようになります。

下書きを削除する

下書きを削除するには、編集中に [•••] をクリックして [未公開のページを削除する] を選択します。下書きの削除は永久的な操作であり、元に戻すことはできません。

  1. 未公開ページを削除する: 下書きを完全に削除します。

  2. 閉じる: エディタを閉じ、下書きを保存します。


Confluence でコンテンツに名前を付ける

ユーザーが探しているものを見つけやすくするため、ページ、ブログ、および添付ファイルに、関連性がある検索しやすい名前を付けます。また、次のことも念頭に置いておく必要があります。

  • 名前には特殊文字を使用しないことをお勧めします。これは、Confluence 検索で見つからなかったり、一部の Confluence 機能に予期しない動作が生じる可能性があるためです。
  • 名前のついていない下書きは、無題となります。下書きを区別できるよう、作業で使える名前をページに付けるようにしてください。

Editing actions

公開済みのページを編集する際は、以下の操作を使用できます。


  1. プレビュー: 公開されるページのプレビューを表示します。
  2. ウォッチャーに通知せずに公開: 通知を送信せずにページを公開します。これは、通知が不要な小さな変更を行う場合にとても役立ちます。
  3. 変更を表示: 以前に公開されたバージョンのページと現在のページとの変更点を表示します。この機能では、共同編集を行ったときの変更の概要を確認することもできます。
  4. ラベルの追加: 検索を実行する際や、ページやブログに追加されたマクロで使用できる、説明的な用語でページをタグ付けします。
  5. 最後に公開したバージョンへ戻る: ページを閉じて、最後に公開されたバージョン以降に行われたすべての変更を破棄します。

公開する

Confluence は編集や公開を行うたびに作業の新しいバージョンを作成します。つまり、ページ履歴で過去のページを確認したり、必要に応じて作業を前のバージョンに戻したりすることができます。

公開を行うと、エディタが閉じてページの表示に戻ります。公開されたページは、ページ ツリーで作成元の親ページの下に表示されます。ブログ投稿を公開すると、ブログ内で日付順に整理されて表示されます。ページの移動や再編成は簡単に行えるため、別の場所に公開してしまっても心配は不要です。

編集と未公開の変更

公開されたページを編集したい場合、[編集] をクリックするか、「E」と入力してエディタを開きます。下書きと同様、変更は自動的に保存され、ページを再度編集することで変更内容を再度確認できます。

対象のページを編集するすべてのユーザーが未公開の変更を表示できます。このことについて懸念がある場合、変更を公開する準備が整うまでの間、ページに編集の制限を追加します。

ページに未公開の編集がある場合、公開を忘れないよう、Confluence によってページ タイトルの横に [未公開の変更] バッジが表示されます。このバッジは未公開の変更を加えたユーザーにのみ表示されるため、バッジによって他の閲覧者を混乱させることはありません。

公開は頻繁に行うことをおすすめします。Confluence では公開のたびにページまたはブログの新しいバージョンが作成されるため、変更を長期的に追跡しやすくなるだけでなく、必要に応じて以前のバージョンに戻しやすくなります。

未公開の変更を表示する

前回公開されたページからの変更点を確認したい場合、[•••] > [変更を表示] を選択します。

未公開の変更を削除する

未公開の変更があるページでの作業中に変更内容が不要になった場合、[•••] > [最後に公開したバージョンへ戻る] を選択して変更を破棄することができます。

元に戻す操作により、確認した変更内容は直ちに削除され、最後に公開されたバージョンに復元されます。公開されることのなかったこれらの変更は完全に削除され、復元することはできません。 

ページのバージョンと履歴

バージョン管理は、多数のユーザーが同じページで作業をしている場合に便利です。それぞれの公開でページがどのように変更されたかを長期的に確認できます。最近のいくつかの変更がページの目的に合わないような場合、古いバージョンに戻すこともできます。

ページのバージョンを削除する

  1. ページに移動し、[•••] > [ページ履歴] を選択します。

  2. 削除したいバージョンの横にある [削除] を選択します。

バージョンを削除すると、他のバージョンが再採番されます。たとえば、バージョン 2 を削除すると、バージョン 3 が新しいバージョン 2 になります。

ページバージョンの削除は永久的です。ごみ箱には移動しないため、削除したバージョンを復元することはできません。


ページのバージョンを復元する

  1. ページに移動し、[•••] > [ページ履歴] を選択します。

  2. 復元したいバージョンの横にある (あるいは、対象のバージョンをすでに開いている場合はページ上部の) [このバージョンを復元] をクリックします。

  3. 必要に応じてデフォルトの変更コメントを変更し、OKを選択します。

すべてのページ履歴は保持されます。そのため、古いバージョンを復元したい場合は、そのバージョンの後のバージョンを削除する必要はありません。代わりに、Confluence がその古いバージョンのコピーを最新のバージョンとして作成します。


二つのバージョンを比較する

バージョン間の変更を確認したい場合は、比較ビューが便利です。

  1. ページに移動し、[•••] > [ページ履歴] を選択します。

  2. 横のチェックボックスにチェックを入れ、比較したいバージョンを選択します。

  3. 選択したバージョンを比較するを選択します。

ページの比較ビューでは、選択したバージョン間の差異を確認できます。変更をより分かりやすくするため、変更がなされていない大きなセクションはすべて省略され、(•••) と表示されます。

ページの比較ビュー

従来のエディタ

このセクションでは、従来のエディタを使用したコンテンツの作成、編集、および公開方法について、詳細情報を説明します。

コンテンツを作成する

Confluence のあらゆる場所からページを作成できます。グローバル ナビゲーションで  をクリックするだけで準備完了です。 

Confluence のページ作成インターフェイス


 

  1. 親ページ: 新しいページは、 をクリックしたときに開いていたページの子ページとなります。
  2. スペース: スペース外で をクリックした場合、そのページの格納先となるスペースを選択する必要があります。これにより、そのスペースの概要の下にページが作成されます。既定のオプションは自身のパーソナル スペースです。
  3. ページ テンプレート: どのようなテンプレートで開始するかを選択します。Confluence にはあらかじめパッケージ化されたテンプレートが付属します。このテンプレートを、サイト全体やスペース全体の両方で、ニーズに合わせて置き換えることができます。作成する他のテンプレートもここに追加されます。ブログ投稿はテンプレートではないところが少し異なります。ブログはページのように機能しますが、ページ ツリー内ではなくブログ ロール内に格納され、そこで時系列淳に整理され、ニュースや更新情報を共有するのに最適です。

空白のページやテンプレートを決定したら、ページへコンテンツを追加し始めることができます。

ページ ツリーでコンテンツを作成する

ページ ツリーから直接ページを作成することもできます。これにより、ページを配置する場所を最初から簡単に制御できます。

ページ名にカーソルを合わせ、[+] をクリックして、新しい下位ページを作成します。


ページの移動

ページをコンテキストに応じて追加することで、最初から目的の場所に配置できます。操作を誤ったり、場所を変更したりしたい場合、ページ ツリーでドラッグ アンド ドロップ機能を使用してページを目的の場所にドラッグするか、ドラッグ アンド ドロップを使用してページを並べ替えられます。

ページやブログを作成できない場合

ページやブログ投稿を作成するには、そのスペースのブログの追加またはページの追加権限が必要です。


共同編集 

Confluence では、あなた以外に最大 11 人のチームメイトがページをリアルタイムで同時に編集できます。変更は自動的に保存および同期されるため、編集中のユーザーには同一の内容が表示されます。 

複数のユーザーが編集中のページ

  1. 編集に招待する:  プラス記号をクリックして、ページでの編集に参加するよう、他のユーザーをエディタ内で招待します。ページのリンクをコピーして送信するか、メールおよびワークボックス経由で到達する Confluence 通知を送信します。 
  2. アバター: 現在編集中のユーザーは色付きのアバターで表示され、編集を行い、ページを退出したユーザーはグレースケールで表示されます。 


下書き

ページの作成を開始したが、内容が不要になった場合は、公開せずにエディタを終了できます。Confluence は作業中に自動的に保存を行うため、これによって下書きが作成されます。下書きは未公開のページまたはブログ投稿で、サイドバーの [作業] > [下書き] からいつでも下書きに戻ることができます。 

tip/resting Created with Sketch.

作業を下書きとして保存するのは、ごく初期の段階でのみにしておくことをお勧めします。これは、下書きでは変更を追跡できず、以前の編集セッションに戻すことができないためです。このいずれも公開済ページでは可能となります。 

代わりに、作業中でもページを公開し、次のいずれかを実行することをお勧めします。

  • ステータス マクロ を使用して、ページjに「進行中」とマークする: 「レビュー中」、「完了」、「改訂が必要」、「フィードバック求む」、またはワークフローのほかのステップを使用することもできます。 
  • 作業しながらページを移動させる: 外部に対応するサイトがある場合や、 チームが組織の残りのメンバーに対するポリシーのようなものを作成しており、チーム スペースう内でそれらに取り組み、完了してから外部に対応するスペースへと移動させることができます。あるいは、パーソナル スペースで作業を行い、完成したら、公式なスペースの下へと移動させます。 
  • 準備が整うまでページをロックダウンする: 準備が整うまで、他のメンバーに知られたくない作業に取り組んでいる場合は、作業中はページをロックダウンし、公開する準備が整ったらページ制限を変更します。 

下書きとプライバシー

下書きには実際の場所はなく、検索では表示されません。そのため、下書きを作成した人物以外は見ることができません。その人物が下書きの URL を共有していたり、その下書きを共同編集するよう他のメンバーを招待している場合、相手のメンバーも下書きを表示して編集できるようになります。


下書きを削除する 

下書きを削除するには、編集中に その他のオプション メニュー (省略記号) をクリックして [未公開のページを削除する] を選択します。下書きの削除は永久的な操作であり、元に戻すことはできません。


  1. 未公開ページを削除: 下書きを恒久的に削除します。
  2. 閉じる: エディタを閉じ、下書きを保存します。


Confluence でコンテンツに名前を付ける

ユーザーが探しているものを見つけやすくするため、ページ、ブログ、および添付ファイルに、関連性がある検索しやすい名前を付けます。また、次のことも念頭に置いておく必要があります。

  • 名前には特殊文字を使用しないことをお勧めします。これは、Confluence 検索で見つからなかったり、一部の Confluence 機能に予期しない動作が生じる可能性があるためです。
  • 名前のついていない下書きは、無題となります。下書きを区別できるよう、作業で使える名前をページに付けるようにしてください。


プレビュー

編集中に その他のオプション メニュー (省略記号) > [プレビュー] を選択すると、ページの最終的なレイアウトを確認できます。

公開する

Confluence での公開はワード プロセッサーでのドキュメントの保存のようなものです。ただし、ワード プロセッサーとは異なり、Confluence は編集や公開を行う旅に新しいバージョンを作成します。つまり、ページ履歴に戻って表示したり、必要に応じて作業を前のバージョンに戻すことができます。

公開を行うと、エディターが閉じてページの表示に戻ります。公開されたページは、ページ ツリーの、作成された親ページの下に表示されます。ブログ投稿を公開すると、ブログ内に格納され、日付順に整理されます。ページの移動や再編成は簡単ですので、別の場所へ公開してしまっても心配は不要です。 


コメントの変更

ページを公開するたびに、変更内容に関するコメントを追加して、ドキュメントの身長状況を追跡しやすくします。コメントの変更はページ履歴で確認できます。


ページ下から変更コメントを追加

ウォッチャーへの通知

ページのウォッチを行っているユーザーに通知を送信する場合、ellipsis メニューからウォッチャーに通知を選択します。通知メールには、コメントの変更が含まれます。ウォッチャーに通知チェックボックスには各ページの最新の選択が残るため、通知しないことを選択すると、次回このチェックボックスの編集時にチェックボックスは選択解除されます。  

未公開の変更を編集する

公開されたページjを編集したい場合、[編集] をクリックするか、「E」と入力してエディターを開きます。下書きと同様、変更は自動保存によって保存され、ページを再度編集することで再度確認できます。 

このページを編集するユーザーであれば、だれでも未公開の変更を表示できます。このことについて懸念がある場合は、これらの変更を公開する準備が整うまで、ページに編集の制限を追加します。 

ページに未公開の編集がある場合、Confluence では公開するのを忘れないよう、ページ タイトルの横に未公開の変更バッジが表示されます。このバッジは、未公開の変更を加えたユーザーにのみ表示されるため、バッジによって他のビューアーを混乱させる心配はありません。 

公開は頻繁に行うことをお勧めします。これは、公開を行うと、Confluence ではそのたびにページまたはブログの新しいバージョンを作成し、時間の経過とともに変更を追跡しやすくなるだけでなく、必要な時には以前のバージョンに戻しやすくなるためです。 


未公開の変更を表示する

前回の公開以降のページの変更内容を確認したい場合、その他のオプション メニュー (省略記号) > [変更を表示] を選択します。


未公開の変更を削除する

未公開の変更があるページで作業していて、それが不要になった場合、その他のオプション メニュー (省略記号) > [最後に公開したバージョンに戻す] を選択して破棄することができます。 

これにより、変更が直ちに削除され、最後に公開したバージョンに復元されます。公開されることのなかったこれらの変更は完全に削除され、復元することはできません。 


元に戻した場合に失われる変更を表示するインターフェイス


ページのバージョンと履歴 

バージョン管理は、多数のユーザーが同じページで作業をしている場合に便利です。それぞれの公開でページがどのように変更されたかを長期的に確認できます。最近のいくつかの変更がページの目的に合わないような場合、古いバージョンに戻すこともできます。 

ページ右上のその他のオプション メニュー


ページのバージョンを削除する

  • ページに移動し、アクション メニュー アイコン > [ページ履歴] を選択します。 
  • 削除するバージョンの横にある削除を選択します。

バージョンを削除すると、必要に応じて他のバージョンが再採番されます。例えば、バージョン 2 を削除すると、バージョン 3 が新しいバージョン 2 に繰り上がります。

ページバージョンの削除は永久的です。ごみ箱には移動しないため、削除したバージョンを復元することはできません。


ページのバージョンを復元する

  1. ページに移動し、アクション メニュー アイコン > [ページ履歴] を選択します。
  2. 復元したいバージョン横 (または既に開いているバージョンのページトップ) のこのバージョンを復元を選択します。
  3. 必要に応じてデフォルトの変更コメントを変更し、OK を選択します。

すべてのページ履歴は保持されます。そのため、古いバージョンを復元したい場合は、そのバージョンの後のバージョンを削除する必要はありません。代わりに、Confluence がその古いバージョンのコピーを最新のバージョンとして作成します。


二つのバージョンを比較する

バージョン間で何が変わったかを確認したい場合は、比較ビューを使用して把握しやすくします。 

  1. ページに移動し、アクション メニュー アイコン > [ページ履歴] を選択します。
  2. 横のチェックボックスにチェックを入れ、比較したいバージョンを選択します。
  3. 選択したバージョンを比較するを選択します。

ページ比較ビューでは、選択したバージョン間の差異を確認できます。変更をより分かりやすくするため、変更がなされていない大きなセクションはすべて省略され、省略記号 (. ..) が表示されます。

ページの比較ビュー


最終更新日 2020 年 5 月 1 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.