Confluence Cloud エディタのロードマップ

Confluence での編集の改善

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

現在、Confluence Cloud のエディタを更新しています。このページでは次の情報をご案内しています。

  • 近い将来にリリースを予定している機能 
  • 移行または変更された既存の機能
  • 回避策が利用可能な、廃止予定の機能。よろしければフィードバックをお寄せください。

変更点の詳細やリリース済みの機能については、「Confluence での編集の改善点」を参照してください。 


近日公開 (star)


追加の表機能

  • 表見出しの固定
  • 表内のコンテンツの並べ替え
  • セルと列の移動 / 並べ替え

アンカー

ページの特定の場所を示すリンクの作成

アンカー マクロは一時的に使用できません。その間、こちらの回避策をご利用いただけます。

目次マクロをページに追加する

これにより、各ページの見出しへのアンカー リンクが自動的に生成されます。これらのリンクを見つけるには、目次でいずれかの見出しを右クリックして (モバイルでは長押し) リンクのアドレスをコピーします。


ページ見出しをアンカーとして使用する

アンカーは各ページの見出しに対して自動的に生成されます。これらにリンクするには、ページ URL に #pagename-headingtext を続けます (大文字 / 小文字を区別し、句読点を含みますがスペースは含めません)。

たとえば、このセクションをリンクするには、#ConfluenceCloudEditorRoadmap-Anchors をページ URL に追加します。従って次のようになります。https://confluence.atlassian.com/display/ConfCloud/Confluence+Cloud+Editor+Roadmap#ConfluenceCloudEditorRoadmap-Anchors

リンクを別の Confluence ページに貼り付けると、URL が自動的に変換され、そのページのタイトルが表示されます。

ファイルの一括アップロード

一度に複数のファイルや画像をページに追加できます。

キャプション

キャプションを使用してコンテキストを追加したり、画像や他のメディア ファイルで明確なストーリーを伝えられます。

クラウド ファイル ブラウザ

ファイル ブラウザを使用して Google Drive または Dropbox ファイルを Confluence ページに追加します。

ドラッグアンドドロップ

ドラッグ アンド ドロップで、マクロ、テキストなどのコンテンツをページに配置します。

Full-width pages

If you want your whole page to be full-width, choose the ellipsis button (next to the Publish button) and check the full-width option.

GIPHY

ファイル ブラウザを使用して GIPHY を検索し、gif ファイルを Confluence ページに追加します。

画像効果

Confluence 内で画像を編集し、注釈をつけます。

画像のリンク

画像をクリック可能なリンクに変換します。

Google DriveDropboxMicrosoft OnedriveBoxInvision、または Trello へのリンクを貼り付けると、 URL が自動的にタイトルやコンテンツ タイプなどの実用的なメタデータを表示するカードに変換されます。

これらのカードは閲覧者の権限を尊重するため、リンク先のコンテンツにアクセスできないユーザーはカードに含まれるデータを閲覧できません。




今後のリリース予定

Atlassian Companion アプリ

ネイティブのデスクトップ アプリケーションを使用して添付ファイルを編集したあと、ファイルを Confluence に自動的に再保存できます。




変更または移行済みの機能

現在、次の理由によりほとんどの既存機能を更新中です。

  • 一貫性: 同じインタラクション パターンを使用することで、すべてのエディタ機能を簡単に使用して覚えられるようにします。
  • コンテキスト メニュー: 画像や表のオプションなどの単一のアイテムに関連づけられる機能は、ページにそのアイテムを追加するときにのみ表示されます。
  • レスポンシブ: 表示する画面やデバイスの種類を問わず、すべてのものが適切に表示されるよう、レスポンシブ デザインの改善に取り組んでいます。

次のような変更も行っています。


緑色弱、赤色弱、全色覚異常、およびその他の色覚特性をお持ちの方が Confluence のあらゆる機能を確認し、使用できるよう、新しいエディタではテキストの色、背景色、およびマクロの色を更新しました。

エディタ内のそれぞれの色を視覚的にはっきり特別できるよう、カラー パレットから色を減らした箇所もあります。

絵文字、記号、および特殊文字

  • これらはすべて絵文字ピッカーに組み込まれ、ツールバーからアクセスできます。
  • 絵文字のショートカットを (emoji) から :emoji: に変更しました。
  • 絵文字ピッカーの右下にある手の記号を使用すると、絵文字の色を変更できます。

ツールバーのスマイリー記号を使用してページに絵文字を追加

ファイル、リンク、およびマクロのショートカット

これらのショートカット (マクロの場合は {、リンクの場合は [、ファイルの場合は !) はすべてスラッシュ コマンドに置き換えられました。「/」を入力してメニューを開き、挿入するアイテムを検索します。

インデント / インデント解除、元に戻す / やり直し

これらのボタンは削除されましたが機能としては存在しており、次のキーボード ショートカットを使用してアクセスできます。

インデント: tab キーを使用

インデント解除: shift + tab を使用

元に戻す: Ctrl + Z (Windows)、 Cmd + Z (Mac)

やり直し: Ctrl + Y (Windows)、Cmd + Shift + Z (Mac)

Layouts, sections, and full-width

We've changed how layouts work to give you more granular control of individual elements.

Page layouts - fixed and full-width

  • Pages are fixed-width by default. This results in more predictable resizing and is better for readability, particularly for those with cognitive disabilities such as dyslexia.
  • Columns, most macros, tables, and images can all be individually resized, and set to a fixed-width, wide, or full-width setting.

  • Type /column to add a column macro to your page. Each column is a block of content whose layout and width can be individually controlled.
  • Columns have 4 layout options:
    • 2 列の等幅列
    • 3 列の等幅列
    • 左側に幅の広い列を、右側に幅の狭いサイドバーを持つレイアウト
    • 右側に幅の広い列を、左側に幅の狭いサイドバーを持つレイアウト
  • Insert images, macros, and text to columns, then use the width-changer arrows at the top right to control how they're displayed.

リンク ブラウザ

ポップアップ モーダルはインラインのリンク ブラウザに置き換えられました。内部リンクの検索処理をわずかに変更し、最近使用したアイテムを Confluence と Jira の両方を対象に検索できるようになりました。

パネル、情報、ヒント、警告、エラー、および注意マクロ

情報、警告、ヒント、注意、およびパネル マクロは、パネルと名付けられた単一のマクロに統合されました。パネルをページに追加し、コンテキスト メニューを使用して色 / アイコンを選択します。

公開ツールバー

  • これまでページ下部にあった公開ツールバーは、上部のツールバーに組み込まれました。
  • [ウォッチャーに通知] のトグルは一時的に [ウオッチャーに通知せずに公開] オプションに置き換えられています。これは [公開] および [閉じる] ボタンの横にある省略記号のメニュー内にあります。

ツールバーの右上の省略記号をクリックして公開オプションにアクセス

ステータス マクロ

ステータス マクロを完全にインライン編集できるようになりました。ステータス マクロをページに追加してから、このマクロを選択してコンテキスト メニューを表示し、テキストや色を変更できます。

これはステータス マクロの画像です

表のサイズ調整

  • 表の幅は、固定 (680 px)、幅広、または全幅の 3 つの設定のみになりました。
  • 列に対して固定幅またはレスポンシブなサイズ変更を選択するオプションはなく、これらは動的にサイズ変更されます。

テキスト装飾

  • 下線上付き文字下付き文字、および取り消し線は、オーバーフロー メニューに組み込まれました。

  • 等幅および書式設定済みは、コードという名前になり、オーバーフロー メニューからアクセスできます。

オーバーフロー メニューはツールバーの太字と斜体の右横にあります




Features that have been removed

特定の機能がパフォーマンスの問題の原因になったり、他の機能を作成するうえでの弊害になったりすることがあります。このような機能のいずれかがほとんど使用されておらず、同じ結果を実現する別の方法が存在すると考えられる場合、その機能を廃止する場合があります。

当社では、お客様からのフィードバックを基にこのような決定の評価を行なっております。こうした機能の削除がお客様に影響する場合、現在のその機能の利用方法について、ぜひお知らせください。これにより、対象の機能を元に戻したり、お客様のユース ケースに応じたより良い解決策を確認したりする必要性を確認できます。 


別の Confluence ページから添付ファイルを追加する

この機能により、1 つの Confluence ページに添付ファイルを追加すれば、複数の他のページでそれを表示できます。しかし、これにより多くの依存関係の問題が生じます。たとえば、あるユーザーが 1 つめのページから画像を削除してしまうと、その他のすべてのページにエラーが残されます。この問題が生じないように、この機能を削除しました。

この機能を使用していた場合、抜粋および抜粋インクルード マクロを使用することで同じ内容を実現できます。抜粋マクロでは一部の Confluence コンテンツを抜粋に含めることができます。これを抜粋インクルード マクロを使用し、他の多くのページで表示できます。

抜粋に変更を加えると、抜粋インクルードが使用されているすべてのページに反映されます。

コメントの変更

この機能はほとんど使用されておらず、Confluence で視覚的な混乱や複雑さを生み出していたため、削除されました。コメントの変更機能を使用する代わりに、ページ履歴でページの公開済みバージョンを比較して差分を確認できます。

検索と置換

検索機能はすべての Web ブラウザでも提供されている機能のため、削除しました。検索を使用するには、Ctrl + F (Windows) または Cmd + F (Mac) を押します。

これを代替する回避策はありません。この機能が重要であった場合、当社にお知らせください。

Image properties

Image properties, which would let you add a title or various novelty frames to your image, is being removed. This is being replaced with image annotations, which lets you add shapes, arrows, brushstrokes, text, and blur to images, in various different colors.

インライン画像

文章の途中に画像を挿入するインライン画像挿入機能を廃止しました。この機能では、画像を挿入した位置で文字列を折り返すことができました。

画像をカスタム絵文字としてアップロードすることで同様の結果を実現できます。

Markup

マークアップは、マークダウンに置き換えられました。Confluence にマークアップを貼り付けるか、入力することで、完全に書式化されたテキストに自動的に変換されます。

マクロの廃止

詳細と回避策に関するお知らせについては、「マクロ ブラウザの見直し」を参照してください。

ドラッグアンドドロップ

ドラッグ アンド ドロップで、マクロ、テキストなどのコンテンツをページに配置します。

最終更新日 2019 年 6 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.