Confluence 3.5 アップグレード ノート

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

以下は、Confluence 3.5 にアップグレードする際の重要注意事項です。このリリースの新機能と改善点の詳細については「Confluence 3.5 リリース ノート」をご参照ください。

On this page:

アップグレード ノート

初期設定では、自動ウォッチはオンになっています

リリース ノートで説明されているように、このリリースには新しい「自動ウォッチ」機能が含まれています。自動ウォッチをオンにすると、追加または更新したページで誰かが編集またはコメントするたびに、メール通知が送信されます。

自動ウォッチは、アップグレード時にすべての新規および既存のユーザーに対してデフォルトで有効になっていることに注意してください。Confluence 3.5 へのアップグレード時にユーザー名の自動ウォッチがオンになることについて、すべての Confluence ユーザーに知らせることをお勧めします。ユーザーは、自分のユーザー プロファイルのメール設定を編集することにより、自動ウォッチをオフにすることができます。

新しいプロファイル画像

このリリースでは、プロファイル画像の新しいセットを提供します。Confluence 3.5 にアップグレードすると、古いセットは選択できなくなります。すでに古い写真の中から選択しているユーザーは、その写真を引き続き使用できます。後で新しい写真を選択したり、自分の写真をアップロードしたりすると、元の写真には戻せません。

チーム ラベル (「スペース カテゴリ」と呼ばれるようになりました) を整理する必要がある場合

Confluence 3.5 では、「チーム ラベル」という用語を、よりわかりやすい用語「スペース カテゴリ」に変更しました。これらは、論理的に関連するスペースをグループ化するために、スペースに適用できるキーワードです。

Confluence 3.5 では、スペースのリストを表示し、スペース カテゴリ別にグループ化して提供する、新しいスペース ディレクトリも導入されています。

Confluence サイトに、すでに多数のチーム ラベル (現在はスペース カテゴリと呼ばれる) が適用されているスペースがある場合は、カテゴリを整理してスペース ディレクトリを最適化することをお勧めします。

新しいサポート ツール プラグイン

リリース ノートに記載されているように、アトラシアン サポート ツール プラグインは Confluence に付属されるようになりました。以前のバージョンのプラグインをインストールした場合は、Confluence をアップグレードする前にアンインストールが必要です。

Confluence におけるユーザー管理の変更

Confluence がユーザーとグループを保存、アクセス、管理する方法は、Confluence 3.5 ではまったく異なります。リリース ノートで説明されているように、多くの改善点があります。Confluence 3.5 にアップグレードするときに、アップグレード プロセスでは、次の処理によってデータが自動的に移行されます。

  • 既存の OSUser または Atlassian User XML ファイルから Confluence データベースに、設定データをコピーします。
  • ユーザー データとグループ データを新しいデータベース テーブルに移行します。古いデータは破棄されません。古いテーブルはデータベースに残ります。
  • 内部および外部のユーザー設定を移行します。したがって、以前に LDAP ユーザーが Confluence にログインしたことがある場合、アップグレード後の次回のログイン時にすべて同じ設定が適用されます。

次のセクションでは、サポートされている各構成タイプのアップグレードに関する考慮事項について説明します。

内部管理対象ユーザーのお客様

現在、Confluence インストールが Confluence データベース内のユーザーとグループを管理している場合は、アップグレード時にアクションは不要です。これは、ユーザー管理用 Crowd、Jira、LDAP、またはカスタム ディレクトリに接続されていない Confluence サイトに適用されます。

ユーザー管理に LDAP を使用しているお客様

現在、Confluence が認証とユーザー管理のために LDAP サーバーに接続する標準的な方法を使用している場合は、アップグレード プロセスによって設定が移行されます。

アップグレード プロセスで設定を確実に移行するには、Confluence アップグレード ガイドに従ってください。特に、次のことをご確認ください。

  • 次のファイルを古い Confluence インストールから新しいインストールにコピーします。

    <Installation-Directory>/confluence/WEB-INF/classes/atlassian-user.xml
    <Installation-Directory>/confluence/WEB-INF/classes/osuser.xml
    

アップグレードの完了後、次の手順に従ってください。

  • LDAP 接続を正しく設定されていることを確認します。 
  • ディレクトリの順序が環境と要件に合うように設定していることを確認します。 
  • 組織で必要な場合は、ネストされたグループを有効にします。これによるパフォーマンスの影響を理解します。
  • ユーザーは、自動同期タスクがユーザーとグループの情報を LDAP ディレクトリから内部キャッシュにコピーするまで待たないと、ログインできないことに注意してください。同期タスクは、ディレクトリが構成されると、バックグラウンドで自動的に開始されます。同期タスクが完了する前に、誰かが Confluence にログインしようとすると、ユーザー認証は失敗します。 

レガシー LDAP 設定 (LDAP 認証のみを使用する OSUser など) を使用している場合は、「LDAP ディレクトリへの接続」と「LDAP 認証による内部ディレクトリへの接続」で説明されているように、LDAP サポートを再構成する必要があります。問題が発生した場合は「OSUser LDAP 認証による Confluence 3.5 へのアップグレードの失敗」で詳細をご確認ください。

ユーザー管理に Jira を使用しているお客様

Jira データベースへの JDBC 接続を介して、すでに Jira を使用して Confluence ユーザーを管理している場合は、Confluence をバージョン 3.5 にアップグレードしてから、Jira をバージョン 4.3 にアップグレードする必要があります。

Jira 4.3 は大きく異なるデータベース スキーマを持ち、新しい REST インターフェイスを公開します。これによって、Confluence は継続して Jira ユーザー管理を利用します。Jira 4.3 にアップグレードしてから Confluence 3.5 にアップグレードする場合、Confluence 3.5にアップグレードすると Confluence ユーザーはログインできなくなります。

Confluence 3.5 には OSUser マイグレーターが備わっていません。また、atlassian-user.xml ファイル内の OSUser 定義を認識しません。Confluence をアップグレードする際は、次の点にご注意ください。

  1. 変更した atlassian-user.xmlosuser.xml を、Confluence 3.5 インストール ディレクトリにコピーしないでください
  2. Jira データソースを保持するために、以前の Confluence server.xml ファイルを Confluence 3.5 インストール ディレクトリに必ずコピーしてください。
  3. Confluence 3.5 にアップグレードします。

アップグレードの完了後、次の手順に従ってください。

  • Confluence で Jira ユーザー管理を設定する前に使用していた管理ユーザー名とパスワードを使用して、Confluence 3.5.x にログインします (Confluence はまだ Jira を指すように設定されていないため、Jira 認証情報は機能しません)。
    • ログインできるパスワードを思い出せない、または持っていない場合、データベース内の管理者のパスワードをリセットし、Confluence を再起動してログインします。
  • Jira 接続を正しく設定します。
    • Jira 4.2 以前のバージョンに接続する計画がある場合は、「レガシー Jira データベース コネクタ」を設定します。 
    • Jira 4.3 以降にアップグレードする際に、新しい Jira Server 接続をセットアップします。 
  • ディレクトリの順序が環境と要件に合うように設定していることを確認します。 

ユーザー管理と SSO に Crowd を使用しているお客様の場合

Confluence と Atlassian Crowd をユーザー管理および SSO に使用している場合:

  • Crowd 2.1 以降にアップグレードしてから Confluence 3.5 にアップグレードする必要があります。以前のバージョンの Crowd は Confluence 3.5 と互換性がありません。Confluence 3.4 以前は Crowd 2.1 で動作します。
  • 次のファイルを古い Confluence インストールから新しいインストールにコピーします。

    <Installation-Directory>/confluence/WEB-INF/classes/atlassian-user.xml
    
  • Crowd 統合 JAR ファイルを Confluence の WEB-INF/lib/ ディレクトリにコピーする必要はなくなりました。
  • SSO ($CONFLUENCE$/WEB-INF/classes/seraph-config.xml で定義されている) 向け com.atlassian.crowd.integration.seraph.v22.ConfluenceAuthenticator を使用している場合は、com.atlassian.confluence.user.ConfluenceCrowdSSOAuthenticator ではなく新しいバージョンを代用してください。具体的には、次を変更してください。

    <authenticator class="com.atlassian.crowd.integration.seraph.v22.ConfluenceAuthenticator"/>
    

    これに

    <authenticator class="com.atlassian.confluence.user.ConfluenceCrowdSSOAuthenticator"/>
    
  • アップグレード後、最初に Confluence を Crowd に接続するときに違いに気づくかもしれません。ユーザーは、自動同期タスクがユーザーとグループの情報を Crowd から内部キャッシュにコピーするまで待たないと、ログインできません。同期タスクが完了する前に、誰かが Confluence にログインしようとすると、ユーザー認証は失敗します。
  • ディレクトリの順序が環境と要件に合うように設定していることを確認します。

カスタム認証を使用しているお客様

seraph-config.xml で定義されているカスタム認証機能は影響を受けず、以前のバージョンの Confluence と同じように機能するはずです。

カスタム ディレクトリ コネクタを使用しているお客様

カスタム ディレクトリ タイプは使用不可で、Confluence 3.5 以降ではサポートされていません。OSUser または Atlassian-User で定義されているカスタム プロバイダーがあり、ユーザーおよびグループ用に独自のストレージを定義している場合、アップグレード手順により Confluence を起動できなくなります。

次のソリューションが役立つかどうかを検討してください。

  • Confluence 3.4 以前でネイティブにサポートされていない LDAP スキーマをサポートするカスタム プロバイダーを作成した場合、カスタム ディレクトリ コネクタが不要になる場合があります。Confluence 3.5 に付属する新しい LDAP コネクタを使用できるかどうかを確認するには、サポートされている LDAP スキーマを参照してください。
  • ネストされたグループをサポートするカスタム プロバイダを作成した場合は、Confluence 3.5 に付属する新しいディレクトリ コネクタを使用できるようになりました。 
  • 独自のデータベースをサポートするカスタム プロバイダーを作成した場合、代わりにデータベースを介して Confluence にデータを取り込むことを検討してください。その後、アプリケーション内の関連するキャッシュをフラッシュする必要があります。

カスタム ディレクトリ接続を維持する必要がある場合、Atlassian Crowd が要件を満たしているか検討してください。 

Confluence 3.5 には、信頼関係を管理するユニファイド アプリケーション リンク (UAL) プラグインが含まれています。信頼済みアプリや OAuth などの信頼関係の認証が、管理コンソールのアプリケーション リンクを介して設定されるようになりました。最初に [アプリケーション リンク] 画面に移動すると、既存の信頼済みアプリと OAuth の信頼関係をアプリケーション リンクにアップグレードするように指示されます。

リンクをアップグレードする方法については、「アプリケーション リンクのアップグレード」を参照してください。

アップグレード ダイアログには既知の問題があることに注意してください。これは、同じリモート サーバーに 2 つの異なるタイプの認証 (たとえば、信頼済みアプリと OAuth など) を設定している場合に影響します。[アプリケーション リンク] 画面に表示されるアップグレード メッセージにより、2 つのアプリケーション リンクをアップグレードするように求められます。ただし、実際には 2 つの認証タイプが設定された 1 つのアプリケーション リンクのみが必要です。つまり、1 つのアプリケーション リンクをアップグレードし、そのアップグレードされたリンクで不足している認証タイプを設定します。

アップグレード タスクは Confluence を自動で再インデックスします

Confluence 検索エンジンを Lucene 2.2.0 から 2.9.3 にアップグレードしました。そのため、アップグレード時にはインデックスの再作成を強くお勧めします。アップグレード後、検索は再インデックスなしでも引き続き機能しますが、ログに例外が表示され、機能が低下します。

Confluence 3.5 にアップグレードする際に、アップグレード タスクが自動で実行されてインデックスが再構築されます。再構築タスク中、アップグレード プロセスでは、アップグレード タスクを実行するために、ディスク上のインデックスのサイズの 3 倍のスペースが必要になります。このスペースは、アップグレード プロセスが終了すると解放されます。

後でインデックスを再構築したい場合は、アップグレード後の起動時に、次の引数を Confluence に渡すことができます。

-Dconfluence.skip.reindex=true

初期起動ではアップグレード タスクの前にウォーミング クエリが実行されるため、ログ中に ConfluenceSearcherInitialisation からのエラー メッセージが表示されます。これは問題ではありません。

認識済みシステム プロパティの変更

システム プロパティconfluence.import.use-legacy-importer を削除しました。このプロパティを指定しても、Confluence では効果がなくなります。 

MySQL データベースへの接続

Confluence インストールが MySQL データベースに接続されている場合は、このデータベースが「READ-COMMITTED」トランザクション分離レベルを使用していることを確認してください。MySQL のデフォルトのトランザクション分離モードについて次の点に注意してください。

  • LDAP とその他のリモート ディレクトリのユーザー権限がないと、問題が発生します。
  • Confluence 3.5 ではサポートされなくなりました。

詳細については、MySQL サーバーのインストール手順の最後のステップをご参照ください。

非推奨の機能

このセクションでは、Confluence 4.0 (Confluence の将来のリリース) で廃止が予定されている Confluence 3.5 の機能に関する高度な警告を提供します。

グローバル スペースをパーソナル スペースに変換する

Confluence 4.0 では、グローバル スペースをパーソナル スペースに変換する機能をサポートしなくなります。弊社の調査により、この機能はほとんど使用されていないことがわかっています。したがって、可能であれば、Confluence を簡素化するという、現在進行中のミッションの一環として、この機能を削除することにしました。 

「メール ページ」機能

Confluence 4. 0 では、「メール ページ」プラグインは Confluence にバンドルされなくなります。つまり、ページをメールで送信するための「メール ページ」機能は、Confluence (すぐに使える) では利用できません。また、他のユーザーにページをメールで送信する場合は、[共有] ボタンが推奨方法になります。

サポート対象のプラットフォームとライブラリに関する注意事項

PostgreSQL 8.1、Firefox 3.0 のサポート終了

以前お知らせしたように、このリリースから、以下はサポートされなくなります。

  • PostgreSQL 8.1
  • Firefox 3.0.

Confluence のサポート終了のお知らせ」を参照してください。

MySQL 5.0、Firefox 3.5、Safari 4、Internet Explorer 7 のサポート終了に関する事前通知

Confluence 4.0 では、次のデータベースとブラウザーのサポートを終了する予定です。

  • MySQL 5.0.
  • Firefox 3.5.
  • Safari 4.
  • Microsoft Internet Explorer 7 (IE7)

Confluence のサポート終了のお知らせ」を参照してください。

Safari 5 のサポートが追加

次のサポートを提供するようになりました。

  • Confluence 3.5 の Safari 5

Lucene のアップグレード – 一部のメソッドが非推奨になりました

このセクションはプラグイン開発者向けです。前述のように、Confluence 検索エンジンを Lucene 2.2.0 から 2.9.3 にアップグレードしました。いくつかの Lucene メソッドが非推奨になりました。これらのメソッドは、プラグインをコンパイルするときにリストされます。Lucene のドキュメントを参照し、できるだけ早くこれらのメソッドを置き換えることをお勧めします。Confluence が Lucene 3 にアップグレードされた時点で利用できなくなります。このさらなるアップグレードのスケジュールはまだ決まっていませんが、いずれ実施する計画を立てています。

Scriptaculous とプロトタイプの JavaScript ライブラリが削除

jQuery is the supported JavaScript library for plugin developers.

まず、Confluence 2.8 でその他の JavaScript ライブラリの廃止を発表しました。次のライブラリをConfluence から削除しましたのでご確認ください。

  • Prototype
  • Scriptaculous

X11 依存関係/ライブラリが不要に

Unix/Linux ベースのオペレーティング システム上の X11 依存関係/ライブラリは、Confluence 3.5 以降では不要になりました。したがって、Confluence 3.5 アップグレードまたは Confluence 3.5 以降の新しいインスタンスをインストールする際に、これらのライブラリをインストールする必要はありません。

アップグレード手順

Upgrade a test environment first

As always, please test your upgrades in your test environment before rolling into production.

すでに Confluence のいずれかのバージョンを実行している場合、以下の手順に従って最新バージョンにアップグレードしてください。

  1. Before you upgrade, we strongly recommend that you back up your Confluence Home and database. See the documentation on backing up your Confluence site. If you are using an external database, perform a database backup.
  2. ご利用の Confluence のバージョンが 3.4.x より前の場合は、アップグレード ノートの概要とそのページにリストされている Confluence の各バージョンのアップグレード ノートをお読みください (それぞれにハイパーリンクがあります)。また、次をご確認ください。
    • 2.1 以前のバージョンからアップグレードする際には、2.2 リリース ノートをお読みください。
    • If you are upgrading from 2.2 or earlier, you will need to upgrade to Confluence 2.7.x first, confirm the upgrade was successful, then upgrade again from version 2.7.x to the latest. For more details, please refer to CONF-11767.
  3. Download the latest version of Confluence.
  4. アップグレード ガイド」の説明に従います。

その他の既知の問題のチェックと Confluence アップグレードのトラブルシューティング

Confluence インストールのアップグレードに必要な手順が完了したら、「Confluence のアップグレード後のチェックリスト」のすべての項目を確認し、すべてが期待どおりに動作していることを確認します。適切に動作していないところがあれば、既知の Confluence の問題を確認し、以下に記載されているアップグレードのトラブルシューティングを試してください。

  • 既知の問題を確認してください。Confluence のリリース後にその最新バージョンで問題が見つかる場合があります。そのような場合、既知の問題に関する情報を Confluence ナレッジベースで公開します。
  • コミュニティで回答を確認してください。他のユーザーに同じ問題が発生している可能性があります。Atlassian Answers のコミュニティから回答を確認することができます。
  • Confluence のアップグレード中に問題が発生しましたか?Confluence ナレッジベースで、アップグレードのトラブルシューティングを行うガイドを参照してください。

  • アップグレード中に問題が発生して解決できない場合は、サポート チケットを作成してください。弊社のサポート エンジニアがお手伝いします。

Useful Plugins

Confluence サイトにアドオン(プラグインとも言う)をインストールする前に、アドオンの情報ページをチェックし、アドオンがアトラシアンによってサポートされているか、他のベンダーによってサポートされているか、またはまったくサポートされていないか確認してください。 アドオンのサポートについては、弊社のガイドラインを参照してください 。

  • [Unable to render {include} The included page could not be found. ({include} をレンダリングできません。ページが見つかりませんでした)] を選択し、
関連トピック

Confluence 3.5 リリース ノート

最終更新日 2016 年 8 月 11 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.