プロジェクトのカスタマー権限

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

プロジェクト管理者はカスタマーの権限の設定を 選択することが可能です。

  • 誰がポータルを見ることができるのか
  • 誰がサービスデスクにリクエストを送れるのか
  • リクエストを誰と共有できるのか

ポータルの閲覧およびサービスデスクへのリクエスト送信を許可されたユーザー、また、顧客が共有可能なユーザーを選択できます。

サービス デスク プロジェクトで、[プロジェクト設定] (

) > [顧客の権限] を選択します。

このページの内容:

誰がリクエストを送信できますか?

ここには、Jira 管理者が設定したグローバル カスタマー権限に応じて 2 つのオプションが表示されます。

  • チームがプロジェクトに追加したカスタマー (デフォルト)。プロジェクトに追加したメンバーだけが、URL またはヘルプ センターを通じてポータルにアクセス可能です。
  • %ご利用の Jira Cloud サイト% にアカウントを持つすべてのユーザー。Jira サイトにアカウントを持つユーザーがポータルにリクエストを送信できます。
  • 誰でもポータルまたは %サービス デスクのメール アドレス% からリクエストを送信できる。誰でもアカウントを作成し、ポータルまたはメールからリクエストを送信できます。カスタマーがリクエストを共有できる場合、リクエストを共有されたユーザーもカスタマーになり、リクエストを送信できます。
  • 誰でもログインせずにリクエストを送信することができます。誰でもアカウントを作成せずに、ポータルまたはメールからリクエストを送信できます。カスタマーがリクエストを共有できる場合、リクエストを共有されたユーザーもカスタマーになり、リクエストを送信できます。プロジェクトが匿名アクセスを許可する Confluence ナレッジベースにリンクされる場合、顧客はヘルプ記事を検索エンジンから見つけることができます。カスタマーがリクエストを表示する場合、引き続きログインする必要があります。

カスタマーがリクエストを共有できる相手は誰ですか?

顧客は、ポータルや、メール リクエストで相手を CC に含めることで、リクエストを共有できます。カスタマーがリクエストを共有するユーザーは、そのリクエストの参加者になります。リクエスト参加者は、リクエストにコメントを追加したりリクエストを共有することができ、Jira Service Desk の報告者と同様の通知を受け取ることが可能です。 リクエスト参加者について詳細を読む 。 リクエスト参加者について詳細を読む

以下のオプションから1つ選択します:

  • 組織内の他のカスタマー。 カスタマーは組織とのリクエストの共有をすることができたり、共有しないプライベートリクエストの送信が可能です。カスタマーは共有する相手を組織内で検索できます。組織外のカスタマーはリクエストを共有できません。
  • すべてのカスタマー (入力により)顧客はサービスデスクのいずれかのユーザーとリクエストを共有できます。サービス デスクがパブリック サインアップを許可している場合、ユーザーが共有した相手の顧客も顧客となります。
  • すべてのカスタマー (検索により)顧客は、サービス デスクを検索して共有対象のユーザーを見つけることもできます。サービス デスクがパブリック サインアップを許可している場合、ユーザーが共有した相手の顧客も顧客となります。顧客が組織内で、承認者を検索できるようにするには、このオプションを選択する必要があります。
最終更新日 2018 年 7 月 20 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.