プロジェクトの詳細を編集する

プロジェクト管理者はプロジェクトの次の項目を編集できます。

  • 名前 
  • キー
  • URL
  • プロジェクトタイプ
  • Project Category
  • アバター
  • 説明
  • プロジェクトのリーダー
  • 既定の担当者

プロジェクトの詳細を編集するには:

  1. プロジェクト サイドバーから [設定] > [詳細] を選択します。
  2. 変更を加えます。
  3. [詳細を保存] を選択します。

プロジェクトの名前を変更すると、ご使用の Jira サイトのすべてのフィルターで新しい名前が自動的に適用されます。

プロジェクトのキーを変更する

プロジェクトのキーを変更するには:

  1. プロジェクト サイドバーから [設定] > [詳細] を選択します。
  2. [キー] フィールドで、希望するキーを入力します。プロジェクトのキーは、2 文字以上で大文字のみを使用しなければなりません。
  3. [詳細を保存] を選択します。

キーを変更したら、ユーザーに変更を伝えることをお勧めします。ボード フィルタ、ダッシュボードのフィルタ ガジェット、およびその他のグローバル クエリを新しいキーで更新する必要があります。

プロジェクト キーの変更で考慮すべき追加事項...
  • 古いプロジェクト キーを使用して新しいプロジェクトを作成することはできません。古いプロジェクト キーは、過去に関連付けられたプロジェクトを削除した場合にのみ利用できます。
  • Confluence と Jira を使用している場合、Confluence の Jira 課題マクロは引き続き動作します。変更をすぐに確認できない場合は、キャッシュが更新されるまでしばらくお待ちください。
  • リンク エイリアスは新しいキーで更新されないため、古いプロジェクト キーを含むリンクが引き続き動作します。たとえば、課題の説明に課題「EXAMPLE-1」へのリンクがあり、プロジェクトキー「EXAMPLE」を「DEMO」に変更した場合、エイリアス「EXAMPLE-1」は「DEMO-1」には更新されません。リンクは引き続きユーザーを DEMO-1 に転送します。
  • 古いプロジェクト キーに関連付けられた課題の添付ファイルには、引き続きアクセスすることができます。添付ファイルが保存されているディレクトリ (<JIRA Home>\data\attachments ディレクトリ) は古いプロジェクト キーを保持します。たとえば、プロジェクト キーを TEST から DEMO に変更すると、添付ファイルは <JIRA Home>\data\attachments\TEST の下に保存されます。
  • 名前を変更したプロジェクトをエクスポートしてインポートする場合。更新されたプロジェクト キーのみが保持されます。プロジェクトの過去のキーはすべて削除されます。

  • REST API 呼び出しは古いプロジェクト キーでも動作します。課題キーを指定する REST 呼び出しは、プロジェクト キーの変更後でも古い課題キーで動作します。たとえば、プロジェクト キーを EXAMPLE から DEMO に変更した後でも、/rest/api/issue/EXAMPLE-100 は機能します。
    • 関連課題キーおよびプロジェクトキー (履歴および現在) すべてを取得する必要がある場合は、次の方法で実行できます。
      • REST: プロジェクトのすべてのプロジェクト キーを取得: /rest/api/2/project/<project key>?expand=projectKeys

プロジェクト URL を使用してプロジェクト詳細へリンクする

プロジェクト URL を追加することで、チーム メンバーや閲覧者を外部のサイトにリンクできます。プロジェクト URL は、ご利用のサイトのプロジェクト ディレクトリに表示されます。

ほとんどのチームは、JIRA サイト外のプロジェクト、ロードマップ、またはその他の重要なコンテンツに関するドキュメントへのアドレスを提供します。コラボレーションのために Confluence を使用する場合、チームのスペースへのリンクを追加することをお勧めします。

プロジェクトの URL を変更するには:

  1. プロジェクト サイドバーから [設定] > [詳細] を選択します。
  2. [URL] フィールドで、リンクを入力します。
  3. [詳細を保存] を選択します。

プロジェクトの説明を追加する

 また、管理者はプロジェクト設定の [概要] セクションで説明を確認できます。

プロジェクトの説明を追加または編集するには:

  1. プロジェクト サイドバーから [設定] > [詳細] を選択します。
  2. [説明] フィールドに、プロジェクトの詳細説明を簡潔に入力します。
  3. [詳細を保存] を選択します。

プロジェクトのタイプを変更する

サイトに複数の Jira アプリケーションがある場合、プロジェクトのタイプを変更することもできます。たとえば、 Jira Core と Jira Software の両方を持っている場合、ビジネス プロジェクトをソフトウェア プロジェクトにアップグレードすると、プロジェクトのワークフローや掲示板設定などをより細かく制御することができます。

プロジェクト タイプの変更は、そのプロジェクトでのユーザーの作業方法を変更することを意味します。用途の拡張後にプロジェクトのタイプを変更するよりも、新しいプロジェクトを作成するほうがはるかに簡単です。

プロジェクト タイプと各タイプの相違点に関する詳細は、こちらをお読みください

プロジェクトのタイプを変更するには:

  1. プロジェクト サイドバーから [設定] > [詳細] を選択します。
  2. [プロジェクト タイプ] フィールドで、変更するプロジェクトのタイプを選択します。
  3. [詳細を保存] を選択します。

プロジェクトのカテゴリを追加または編集する

Jira 管理者が Jira サイト全体のプロジェクト管理を支援するためにプロジェクト カテゴリを追加することもあります。カテゴリが追加されたら、プロジェクトの詳細で、いずれかのカテゴリをプロジェクトに割り当てることができます。

プロジェクトのカテゴリを変更するには:

  1. プロジェクト サイドバーから [設定] > [詳細] を選択します。
  2. [カテゴリ] フィールドで、ドロップ ダウンから適切なカテゴリを選択します。
  3. [詳細を保存] を選択します。

プロジェクトのアバターを変更する

アバターはプロジェクトの名前に顔を与えることができます。アバターはプロジェクト サイドバーおよびサイトの全プロジェクト一覧に表示されます。

プロジェクトのアバターを変更するには:

  1. プロジェクト サイドバーから [設定] > [詳細] を選択します。
  2. [アバター] フィールドで、ご使用の現在のアバターを選択します。
  3. 既定のアイコンから選択するか、独自のものをアップロードします。
  4. [詳細を保存] を選択します。

プロジェクト リーダーを変更する

通常、プロジェクトのリーダーはプロジェクト管理者で、プロジェクト設定の制御と管理を行います。

長期的なプロジェクトでは、チームのメンバーの移動に応じてプロジェクト リーダーを変更する必要が生じる場合もあります。

プロジェクト リーダーを変更するには:

  1. プロジェクト サイドバーから [設定] > [詳細] を選択します。
  2. [プロジェクト リーダー] フィールドで、新たにプロジェクトを率いるチーム メンバーを設定します。
  3. [詳細を保存] を選択します。

プロジェクトの既定の担当者を追加または変更する

プロジェクトで課題が作成されると、既定の担当者を設定できるようになります。これは、サイト上のすべてのユーザーがプロジェクトにタスクを報告できるオープン プロジェクトの場合に便利です。

既定の担当者は一般的に、報告された課題の優先度を決めたり、自分たちのチームが対応する課題であることを検証したりした後、それに応じてこれらのタスクをチーム メンバーに割り振るチーム メンバーです。既定では、プロジェクトで課題が作成されると担当者は通知を受け取ります。

プロジェクトの既定の担当者を変更するには:

  1. プロジェクト サイドバーから [設定] > [詳細] を選択します。
  2. [既定の担当者] フィールドで、プロジェクトの既定の担当者を指名します。
  3. [詳細を保存] を選択します。
最終更新日: 2019 年 2 月 8 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.