複数の課題を同時に編集する

このページの内容

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

robotsnoindex

いくつかの時点で、同時に複数の問題を変更する必要があるかもしれません。一括操作を行うことで実現できます。

一括操作の中には、制限が設定されているものがあります。たとえば、異なるワークフローを持つ複数の課題を選択した場合、同じワークフローの課題をグループにして、一度に 1 つのグループ単位でトランジションすることしかできません。制限については、該当のセクションで詳しく説明します。

はじめる前に

To perform a bulk operation, you'll need the global Make bulk changes permission and the relevant permission for each project. For example, you would need to have the Move Issue project permission and Make bulk changes global permissions to move a group of issues at the same time. 

課題の検索と一覧の選択

以下の各手順では、必要なフィルタを使用して検索を実行し、課題の一覧を生成する必要があります。

  1. [検索] > [すべての課題を表示] を選択します。
  2. 検索条件を調整し、課題の適切な一覧が表示されるようにします。
  3. Select more (•••) and choose Bulk Change all <n> issues.
  4. 一括操作を行いたい課題を選択し、次へを選択します。

これを完了すると、課題のトランジション削除移動編集、またはウォッチ/ウォッチ解除に進むことができます。

You can choose to deselect Send mail for this update option when you choose what to update for the issues. This avoids notification overload for everyone working on the issues being edited. Notifications, if sent, will likely go to anyone watching an affected issue.By default, service agents (users who have the service project team role but not a project admin or Jira admin role) can bulk edit, but can't disable notifications.

複数課題のトランジション

この一括変更により、ワークフローを通じて複数の課題を同時にトランジションできるようになります。トランジションの一括操作は一度に 1 つしか実行できません。また、トランジションを完了するために必要な値をすべて指定する必要もあります。たとえば、複数の課題をクローズするには、[解決状況] フィールドに [完了]、[修正済み]、[修正しない]、などの値を指定する必要があります。

  1. Select Transition Issues and select Next.
  2. Select the available workflow action. The actions available are dependent on the issues (and their associated workflows) that you have selected. Select Next.
  3. Select a value for any required fields for this transition, and if available, decide whether you'd like to send email notifications. Select Next.
  4. Review your bulk operation, and select Confirm when you are happy with the operation.

複数課題の編集

この一括操作では、複数の課題を同時に編集できます。利用可能な一括編集操作は、選択した課題と変更したいフィールドの性質に依存します。

  1. Select Edit Issues and select Next.
  2. 編集する情報を選択します。

  3. Select a value for any required fields and, if available, decide whether you'd like to send email notifications before selecting Next.
  4. Review your bulk edits and select Confirm.

複数の課題を削除

この一括変更では、複数の課題を同時に削除できます。

  1. Select Delete Issues and select Next.
  2. If available, decide whether you'd like to send email notifications and select Next.
  3. Review your bulk operation, and select Confirm when you are happy with the operation.

Bulk move issues

You can move multiple issues to another project at once using a bulk operation. You could do this to:

  • try a different style of project (either team-managed or company-managed).

  • organize your projects better and maintain a cleaner backlog.

  • cater to your team’s requirements and much more.

While bulk moving issues, some data may be lost. Learn more about data that is lost while bulk moving issues.

To bulk move issues, you must have the Make bulk changes global permission. Learn more about global permissions.

To move multiple issues to another project:

  1. From the navigation, select Search.

  2. Select Advanced search for issues.

  3. Search for the issues you want to move. Learn more about searching for issues.

  4. Select More (…) > Bulk Change all <n> issues.

  5. Select the issues you want to move and select Next.

  6. Choose the Move Issues bulk operation and select Next.

  7. Select your destination project and issue types. Learn more about selecting the destination project and issue type while bulk moving issues.

  8. If necessary, map any statuses and update fields to match the destination project. Learn more about mapping statuses and updating fields.

  9. Review your changes and select Confirm.

Some data is not transferred when moving issues from company-managed to team-managed projects.

Issue component and version Information isn’t retained when you move issues from company-managed to team-managed projects. Once you move the issues, this information is permanently removed.

Learn more about the things to keep in mind while moving between projects.

Select destination project and issue types while bulk moving issues

You can bulk-move issues to other projects on your Jira site. This can help you keep your project workspaces clean and all their issues relevant to the team who’s working on them. Or, you can bulk move issues between issue types in the same project, giving them the correct workflow and fields that best tracks the work needed.

The issues in your destination project might have different settings than your source project, even if they are named the same. If issue types use different workflows, you may lose data when bulk moving issues. So, you need to map the status and fields while selecting the destination project and issue types. Your target project and issue type will determine the additional steps that will be needed to migrate status and fields.

If your issues have sub-tasks, then you will need to move the sub-tasks to the destination project as well.

Map statuses while bulk moving issues

The issue type workflow in your destination project might use different status than the issue type workflow in the source project. It is best to check with your source and destination project leads to know more about the projects' workflow. Multiple workflows can be active simultaneously, and some statuses that are associated with a collection of issues may not be valid in the target workflow.

After selecting the destination project and issue types for bulk move, you can map the statuses from your source project to the right statuses in your new workflow by selecting the status your issues should be in after the move.

tip/resting Created with Sketch.

When mapping statuses, it's a good idea to map issues to similar status categories, or you might throw off a project team looking to pick up their next task.

Work with your project leads to understand what statuses mappings make the most sense before completing your bulk move operation.

Update fields while bulk moving issues

The destination project’s issue types may have different field settings than the source project. You can either update the field’s value or retain the field’s current value.

After mapping the statuses, you can update the the values for any required fields. For each field listed, update the value that should appear on the issues you’re moving, or select Retain to leave the field’s value unchanged.

While selecting Retain, the fields need to be of the same custom field type and they need to be named the same. Jira might not display the value of the field, but the value is still stored in the background.

同時に編集できる情報

利用可能な操作

条件

変更が影響するバージョン

  • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはバージョンがある
  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている

割り当ての変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の割り当て" 権限を持っている

コメントの変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "コメントの追加" 権限を持っている

コンポーネントの変更

  • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはコンポーネントがある
  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている

期限の変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題のスケジュール作成" 権限を持っている

バージョンの修正を変更

  • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはバージョンがある
  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている

課題タイプの変更

  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている

優先度の変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている

報告者の変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "報告者の修正" 権限を持っている

セキュリティレベルの変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 選択されたすべての課題が、同じ課題レベル セキュリティ スキームに割り当てられている
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題セキュリティの設定" 権限を持っている

カスタムフィールドの変更

「カスタムフィールドの変更」操作は次の場合にのみ使用できます:

  • グローバルなカスタムフィールドがあるまたは
  • 課題タイプのカスタムフィールドが存在し、課題はすべてこの特有の課題タイプであるまたは
  • プロジェクトのカスタムフィールドが存在し、課題がすべて同じプロジェクトである

クローズドされた課題の編集

  • ワークフローで、クローズドされた課題の編集が許可されている必要があります
組織の変更
  • Available for Jira Service Management
  • 課題は同じプロジェクト内に存在する必要があります
  • プロジェクトのエージェントロールを持っている必要があります
スプリントの変更

Sprint ID を指定する必要があります。

  • この操作はアクティブなスプリントと将来のスプリントにのみ影響します。例:スプリントフィールドを一括編集する際、クローズド/完了したスプリントは含まれません。

利用できない操作

このセクションに記載されているフィールドには一括編集操作はありません。これには、代替方法がある、または一括編集の実行が論理的でないなどの理由があります。

次のシステムフィールドは一括編集を使用できません:

  • 添付ファイル
  • 要約
  • 説明
  • 環境
  • プロジェクト - プロジェクト間で課題を移動させる場合は「一括移動」を使用してください
  • 解決状況 — 課題の解決状況を変更する場合は、「一括ワークフロートランジション」を使用してください
  • 時間管理 フィールド — 元の見積もり、残余見積、消費時間

次のカスタム フィールド タイプは一括編集で利用できません。

  • インポート ID
  • 読み取り専用のテキスト

複数の課題のウォッチとウォッチの停止

これらの一括変更では、複数の課題に対して、同時にウォッチを開始したり、停止したりすることができます。

複数課題のウォッチを開始する手順:

  1. [課題のウォッチ] > [次へ] の順に選択します。
  2. Review your bulk changes and select Confirm.

複数の課題のウォッチを停止する手順: 

  1. Select Stop Watching Issues and select Next.
  2. Review your bulk changes and select Confirm.
最終更新日 2021 年 6 月 24 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.