アトラシアンのクラウド製品とサーバー製品の比較

description アトラシアンの Cloud、Server、および Data Center 製品の違いについて参照し、ご自身に最適な製品をご確認ください。

アトラシアンの製品は、クラウド、サーバー、およびデータセンターの 3 つのホスティング オプションで提供されます。この記事では、ご自身の組織に最適なオプションを判断する際の考慮事項の概要を説明します。

ホスティング オプション

まず、それぞれのオプションの意味を説明します。

クラウド

アトラシアンがお客様用の製品をクラウドでホスト、セットアップ、およびメンテナンスします。お客様がアトラシアン製品を自身のサーバーにインストールしてメンテナンスする必要はありません。

クラウド製品は次のような理由で選ばれています。

  • 素早いスタートアップ: 簡単にセットアップし、数分で利用を開始できます。サインアップが完了したらすぐに作業を開始し、チーム メンバーを招待できます。
  • コストの削減: 物理ハードウェア、メンテナンス、インストール、サポート、およびその他の潜在的な管理コストを削減できます。
  • アップグレード不要: 特別な操作を行うことなく、最新の機能をすぐに利用できます。
  • セキュリティ: アトラシアンではお客様の組織の安全性や各規格への準拠状態を維持します。お客様の情報を追跡および保護するため、リアルタイムのセキュリティ アップデートと厳格なプラクティスが適用されます。
  • 確実なスケール: クラウドでは、インベントリやストレージ スペースを購入できます。お客様はニーズの急増やチームの成長にすぐに対応することができます。

アトラシアンのクラウド製品を利用することで、チームはどこからでも業務を進めることができます。アトラシアンのクラウド製品にはあらゆるブラウザから安全にアクセスできます。詳細についてはこちらをご覧ください

サーバー

アトラシアンのサーバー製品では、お客様がご自身のハードウェアや AWS などのクラウド ホスティング サービスで、アトラシアン製品のインストール、ホスト、および実行を行います。要件に応じてセットアップをカスタマイズすることができます。 

これは主に次のようなチームに利用されます。

  • すべての詳細設定を管理したいチーム。
  • データ ホスティングやガバナンスの面で厳しい要件があるチーム。
  • 自身のサーバーでの製品のセットアップおよびホスティングに伴う複雑な操作に習熟しているチーム。

データセンター

これは大規模環境で使用されるサーバー製品のイメージです。データセンター製品はサーバー製品と同じ機能を提供しますが、大規模組織に対応した追加機能を持ちます。

このページの以降の説明では、クラウドとサーバーの比較に役立つ情報を提供しています。データセンターの詳細情報やサーバーとの違いについては、「Server vs. Data Center – What’s right for you?」をご参照ください。

その他の違い

クラウドとサーバーのどちらが要件に適しているかの判断に使用できるよう、利用可能なオプションやサポートの、意思決定プロセスでの確認に役立つ一覧をご用意しました。

管理


クラウド サーバー
デプロイメントと管理

ご利用のアトラシアン サイトのクラウドでのホスト、セットアップ、安全性の確保、メンテナンスはアトラシアンが行います。 

アトラシアンのクラウド製品はお客様専用にインストールおよび構成されるため、全体的な管理負荷が低くなります。

システム管理者は存在しないため、サーバーで利用できる管理機能の一部はクラウドでは利用できません。 

アトラシアンのクラウド製品の管理の詳細については、「ユーザーの管理」および「グループおよび製品アクセスの管理」ドキュメントをご参照ください。

お客様はご自身のハードウェアや AWS などのクラウド ホスティング サービスでアトラシアン製品をホストします。要件に応じてセットアップをカスタマイズすることができます。

アトラシアンのサーバー製品の管理者はデータベースへの完全なアクセス権を持つため、完全なカスタマイズおよび管理を行えます。 

一方で、インフラストラクチャ、アトラシアン製品、ユーザー、および、組織のサーバー管理者が責任を追うその他のあらゆる作業を、管理者自身がサポートする必要があります。

アトラシアンの主要なサーバー製品での管理者の作業の詳細については、次のページをご参照ください。

アップグレード

アップグレードは不要です。ユーザーは常に最新バージョンを利用できます。 

手動作業を一切行うことなく、新機能やセキュリティ アップデートをすぐに利用できます。

新しいバージョンがリリースされたら、アトラシアンのサーバー製品を手動でアップグレードする必要があります。組織のサーバー管理者は、ソフトウェア、セキュリティ、およびメンテナンスのための更新、 またはアップグレード の計画や実装の責任を負います。

アップグレードには、アクティブなライセンスまたはソフトウェア メンテナンス プランが必要です。これらがない場合、アップグレードを行うことはできません。

ユーザー管理

アトラシアンのクラウド製品では、製品単位ではなく 中央でユーザー アカウント を管理します。これにより、管理しやすい 1 つの画面ですべてのユーザーを確認できます。グループや各製品へのアクセスは製品レベルで管理されます。

アトラシアン クラウドでのユーザーおよびグループ管理の詳細については、「ユーザーおよびグループの管理」および「組織のセキュリティとアクセス制御を強化する」をご参照ください。

また、クラウドでのユーザー管理機能を拡張するオプションも提供しています。

  • Atlassian Access: Atlassian Access は、アトラシアンのクラウド製品を利用している組織のユーザーを横断して認証やセキュリティ ポリシーを管理するためのツールです。 Atlassian Access や機能の詳細については、「クラウド製品向けの Atlassian Access の FAQ」をご参照ください。
  • G Suite 連携: 既存の G Suite ユーザー ディレクトリをご利用のアトラシアン クラウド サイトと連携できます。詳細については「G Suite 連携」をご参照ください。

サーバー管理者はアトラシアンのサーバー製品のユーザー管理を、サーバ製品ごと、Jira 経由、Atlassian Crowd への接続などのさまざまな方法で扱うことができます。詳細については「ユーザー管理」をご参照ください。

製品固有のユーザー管理機能の詳細については、次の記事をご参照ください。 

Confluence Server

Jira Server

Atlassian Crowd

SSO および LDAP 連携

組織レベルの視認性、セキュリティ、およびアトラシアン クラウドのインフラストラクチャ全体にわたった制御を実現する、Atlassian Access で利用できます。

Atlassian Access では次の機能を利用できます。

  • SAML SSO やパスワード ポリシーによる、強化されたセキュリティ
  • ユーザー プロビジョニングおよびユーザーのライフサイクル管理
  • Okta、Azure AD、OneLogin などとの連携により、ご利用の Active Directory と自動的に同期

シングル サインオンとサーバー製品で使用しやすいユーザー ID を実現する、Crowd で利用できます。

Crowd では次の機能を利用できます。

  • 中央での ID 管理
  • シングル サインオン (SSO)

スケーラビリティと拡張性


クラウド サーバー
アプリ

アトラシアン クラウド製品の機能を拡張する、1,000 個近くのアプリおよび連携機能が提供されています。

たとえば、Slack や Dropbox などの生産性向上およびコラボレーションを実現する主要な SaaS ツールと連携する、無料の連携機能があります。また、もっとも人気のあるサーバー用のアプリのサブスクリプション ベースのライセンスがあります。

場合によっては、製品のクラウド バージョンに、サーバーではアプリで実現されている機能が含まれることがあります。

サーバー製品の機能を拡張する 3,000 個以上のアプリおよび連携機能が Atlassian Marketplace で提供されています。サーバー用のアプリは、ダウンロードし、サーバにインストールして使用します。

利用可能なアプリの確認、およびサーバー アプリのダウンロードおよびインストールの詳細情報については Atlassian Marketplace をご参照ください。

API Atlassian Connect フレームワークを使用して、アトラシアン クラウド用のアプリ、カスタマイズ、および連携機能を開発できます。詳細についてはこちらをご覧ください 堅牢なサーバー API を使用して、アトラシアンのサーバー製品用のアプリ、カスタマイズ、および連携機能を開発できます。詳細についてはこちらをご覧ください
ユーザー数の制限

現在、各クラウド サイトでは最大で 5,000 ユーザーがサポートされます。

すべてのサイトのユーザーをまとめて管理するために使用できる組織では、ユーザーの制限はりありません。

アトラシアンのサーバー製品にはユーザー数の制限はありません。大規模環境でのセルフ管理オプションをお探しのエンタープライズ企業の場合、データセンター製品の使用をおすすめします。
製品

次の製品のクラウド バージョンを提供しています。

  • Jira Software Cloud
  • Jira Core Cloud
  • Jira Service Desk Cloud
  • Portfolio for Jira Cloud
  • Confluence Cloud
  • Bitbucket Cloud
  • Trello
  • OpsGenie
  • Atlassian Access

アトラシアンのクラウド製品の詳細についてご確認ください

次の製品のサーバー バージョンを提供しています。

  • Jira Software Server
  • Jira Core Server
  • Jira Service Desk Server
  • Portfolio for Jira Server
  • Confluence Server
  • Bitbucket Server
  • Bamboo
  • Fisheye
  • Crucible
  • Crowd

アトラシアンのサーバー製品の詳細についてご確認ください

ホスティングとセキュリティ


クラウド サーバー
セキュリティ

アトラシアンがお客様のセキュリティ、信頼性、コンプライアンス、およびプライバシーを実現します。 

アトラシアンのクラウド製品の基盤、インフラストラクチャ、および各プロセスでセキュリティが実現されるため、お客様はご自身のデータを安全に保つことができます。

詳細についてはこちらをご覧ください

アトラシアンのセルフホスト型のサーバー製品では、お客様およびお客様の組織がセキュリティおよびコンプライアンスの保持の責任を負います。

アトラシアンのサーバー製品でのセキュリティのベスト プラクティスの詳細については、次のページをご参照ください。

ホスティング

アトラシアンのクラウド ホスティング インフラストラクチャは、世界中のお客様の要件を満たす製品パフォーマンスや信頼性基準を実現するように設計されています。本記事の執筆時点では、アトラシアンはクラウド データを 6 つの異なる AWS リージョン: 米国 (East および West)、ヨーロッパ (アイルランドおよびドイツ)、アジア太平洋地域 (シドニーおよびシンガポール) にホストしています。 

アトラシアンはお客様データへのアクセス方法に基づき、お客様データの最適な場所を決定します。 

詳細についてはこちらをご覧ください

お客様がご自身のサーバーでホストします。
プライバシー

アトラシアンは個人データ保護のもっとも厳しい要件の実現に取り組んでいます。また、お客様の組織が GDPR や Privacy Shield などの世界中のデータ プライバシー義務に順守することを支援します。

詳細についてはこちらをご覧ください

お客様がご自身の責任でプライバシーを維持します。
信頼性

アトラシアン製品は高いパフォーマンスおよび可用性を実現するよう設計され、AWS などの業界最高レベルのコア テクノロジーに構築されます。このため、お客様の組織は確実かつ安全にスケールすることができます。

詳細についてはこちらをご覧ください

お客様がご自身の責任で信頼性を維持します。
コンプライアンス

お客様の組織でのコンプライアンス要件の実現を支援するため、アトラシアンはコンプライアンス プログラムを用意しています。独立したサードパーティによる監査を受けているほか、アトラシアンの製品は SOC2、ISO 27001/27018、PCI DSS v3.2、SAQ A などに準拠しています。 

詳細についてはこちらをご覧ください

お客様がご自身の責任でコンプライアンスを維持します。

価格とライセンス


クラウド サーバー
価格

アトラシアンのクラウド製品は月間または年間サブスクリプションとして提供されるため、お客様はタイミングに応じてコストを変更できます。

詳細については、アトラシアン クラウドのライセンス ページ月間サブスクリプションおよび年間サブスクリプションセクションをご参照ください。

アトラシアンのクラウド製品を使用する場合のコストの見積もりを確認したい場合、Cloud Pricing Calculator をご利用ください。

アトラシアンのサーバー製品は永続ライセンスまたは年間のお支払いプランとして提供されます。

サーバー ライセンスにより、お客様はソフトウェアを使用し、12 か月のメンテナンスを受けることができます。12 か月の経過以降は、ライセンス費用の 50 % でメンテナンスを更新することができます。

購入とライセンスの詳細については、「Purchasing & Licensing FAQ」をご参照ください。

管理機能やその他の機能の違い


クラウド サーバー
サイト名 (URL)

アトラシアンではクラウド サブスクリプションに対してセキュアな認証済みサイト名を提供しています。これは 1 つめのクラウド製品へのサインアップ (例: Jira Software Cloud または Confluence Cloud への初回サインアップ) 時にお客様が選択します。

サイト名は example.atlassian.net の形式で作成され、"example" 部分を組織が選択します。

お客様は自身が管理している任意のドメイン配下で製品をホストできます。
言語 アトラシアンのクラウド製品とアプリは現在 24 の言語で利用できます。 現在利用可能な言語の完全な一覧については、「言語」ページをご参照ください。 アトラシアンでは、ソフトウェア製品およびアプリでの提供言語の追加を進めています。 お客様は Confluence Server 向けの言語パックをダウンロードしたり、Jira Server で既定言語を選択したりすることができます。
バックアップ

バックアップは毎日生成され、point-in-time のデータ復元のために 30 日間保持されます。 

お客様はご利用の Jira または Confluence Cloud のオフライン バックアップを 48 時間ごとに生成できます。アトラシアンではこれらのバックアップを 7 日間保持しています。 

また、Bitbucket の自動バックアップを毎日作成しています。

クラウド製品のバックアップの詳細については「データ ストレージ FAQ」をご参照ください。

お客様およびお客様の組織がご自身の責任で、バックアップを保持します。

サーバー製品を選択する際は、データをバックアップする方法と、問題が発生した場合にそれを復元する方法を検討することが重要です。

特定の製品のバックアップの詳細については次のページをご参照ください。

IP ホワイトリスト

IP ホワイトリストは Bitbucket Cloud Premium でサポートされています。

現在、Jira または Confluence Cloud へのアクセスの IP アドレスによる制限はサポートされていません。この機能の状態の詳細な確認、この機能への投票、最新情報の確認、フォローなどについては、公開機能リクエストをご参照ください。 

Jira Cloud ではプロジェクト権限を管理したり、課題レベルのセキュリティを構成したりすることで、アクセスを制御できます。詳細については、「プロジェクト権限の管理」と「課題レベルのセキュリティの構成」をご参照ください。

お客様ご自身でホストするため、ネットワークのアクセス ポリシーもお客様自身で制御できます。
データベースへの直接アクセス お客様は、データベース構造、ファイル システム、その他のサーバー インフラストラクチャを変更するためにそれらに直接アクセスすることはできません。しかし、お客様がデータにプログラム経由でアクセスするためのさまざまな REST API を提供しています。 お客様はデータベースに直接アクセスできます。


製品ごとの比較

個々の製品のクラウド版とサーバー版との違いの詳細については、次のページをご参照ください。


tip/resting Created with Sketch.

サーバーとクラウド間の移行をお考えですか? Cloud Migration Center で詳細をご確認ください。

最終更新日 2019 年 7 月 16 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.