移行戦略の決定

descriptionサーバーからクラウドにユーザーを移行する方法の決定について、この便利なガイドをご利用ください。

このガイドでは、Jira または Confluence Server (または Data Center) からクラウドにユーザーを移行するために最適な方法の概要について説明します。

ユーザーおよびグループをインポートするための最適な方法は、移行対象の製品、移行の順序、使用する移行方法、サーバー製品でのユーザーおよびグループの現在の管理方法、および SCIM (ユーザー プロビジョニング) 用に Atlassian Access を使用したいかどうかに応じて異なります。

はじめる前に

ユーザーの移行方法を決定する前に、以下を確認する必要があります。

現在、Jira および Confluence Cloud Migration Assistant、または Jira サイト インポートを使用して、ユーザーやグループのサブセットを移行することはできません。これらのメソッドを使用する場合、すべてのユーザーとグループをインポートする必要があります。詳細は以下の情報をお読みください。

Jira と Confluence の両方を移行する場合

Jira と Confluence の両方を移行する場合、両方の移行アシスタントを使用して、ユーザーを、データより前、またはデータとともに移行することをおすすめします。 

Jira Cloud Migration Assistant を使用しない場合、引き続き Jira サイト インポートを使用できますが、この場合は最初に Jira を移行する必要があります。これは、ページの下部に記載されているいくつかの既知の課題を防ぐためです。

Jira Cloud Migration Assistant を使用すると、プロジェクトを移行することなく、すべてのユーザーを移行できます。データの移行に移行アシスタントを使用しない場合も、ユーザーにのみ使用することをご検討ください。たとえば、最初に移行アシスタントを使用して、すべての Jira ユーザーを移行してから、Jira サイト インポートを使用してプロジェクトをインポートできます。Jira データのインポートが完了したら、Confluence の移行アシスタントを使用できます。 

SCIM ユーザー プロビジョニングのために外部アイデンティティ プロバイダーを使用する予定がある場合は、最初に Jira を移行することをおすすめします。詳細は、Atlassian Access についての以下の詳細をご覧ください。

Confluence ユーザーの移行戦略

Confluence ユーザーを移行するには、Confluence Cloud Migration Assistant を使用することをおすすめします。

ユーザーが Confluence の内部ディレクトリで管理されている、またはそのディレクトリと同期されていて、ディレクトリがアクティブな場合、Confluence Cloud Migration Assistant でスペースを移行する際にすべてのユーザーがインポートされます。また、プロジェクト データを含めずに、すべてのユーザーのみを移行することを選択することもできます。

External users that are not synced to Confluence will not be migrated.

移行アシスタントは各ユーザーに新しい Atlassian アカウントを作成し、クラウド サイトと関連付けます。これらのユーザーにはパスワードが割り当てられるため、ユーザーは初回サインイン時にパスワードをリセットする必要があります

ユーザーのすべての履歴とコンテンツが新しい Atlassian アカウントにリンクされ、スペース権限も保持されます。

Jira ユーザーの移行戦略

使用を予定している Jira 移行方法に応じて、Jira ユーザーの移行には 2 つの主な戦略があります。

Jira Cloud Migration Assistant を使用して Jira ユーザーを移行する

このアドバイスは、移行方法として Jira Cloud Migration Assitant を使用する場合に適用されます。

ユーザーが Jira の内部ディレクトリで管理されている、またはそのディレクトリと同期されていて、ディレクトリがアクティブな場合、Jira Cloud Migration Assistant でプロジェクトを移行する際にすべてのユーザーがインポートされます。また、プロジェクト データを含めずに、すべてのユーザーのみを移行することを選択することもできます。

External users that are not synced to Jira will not be migrated.

Jira Cloud Migration Assistant は、プロジェクト データで参照されている場合にのみ、非アクティブなディレクトリのユーザーを移行します。この場合、これらのユーザーは個人情報なしで移行されFormer user として表示されます。

移行アシスタントは各ユーザーに新しい Atlassian アカウントを作成し、クラウド サイトと関連付けます。これらのユーザーにはパスワードが割り当てられるため、ユーザーは初回サインイン時にパスワードをリセットする必要があります

すべてのユーザーの履歴とコンテンツが新しい Atlassian アカウントにリンクされます。

Jira ユーザーを Jira Cloud のサイト インポートで移行する

このアドバイスは、移行方法として Jira Cloud のサイト インポートを使用する場合に適用されます。

ユーザーが Jira の内部ディレクトリで管理されている場合、他のデータとともに Jira のサイト インポート プロセスでインポートされるので、追加の手順は不要です。

ユーザーが外部で管理されている場合 (例: LDAP、ADFS、または Crowd 経由)、外部ユーザーはインポートされません。この場合、クラウド製品に移行する前にユーザーを Jira の内部ディレクトリに移行する必要があります。これを実行するには、「ディレクトリ間でユーザーを移行する」や「外部ディレクトリから Jira 内部ユーザー ディレクトリへの移行」で説明する手順に従ってください。

Jira の内部ユーザー ディレクトリにユーザーを移行できない場合、データを移行する前に、アトラシアンのテクニカル サポート チームでユーザーとグループの一括インポートを支援できます。これを実行する方法については、後述する「移行前にユーザーを一括インポートする方法」を参照してください。

SCIM を使用する予定の場合は、以降の SCIM ユーザー プロビジョニングの手順に従います。

Atlassian Access の推奨事項

SAML シングル サインオン (SSO) やユーザー プロビジョニング (SCIM) などの高度なユーザー管理機能を利用するために Atlassian Access のサブスクライブを予定している場合、いくつかの推奨事項について知っておく必要があります。

SAML SSO

クラウド製品で SAML SSO を使用する予定の場合は、移行の前にセットアップを行います。これにより、ユーザーはログイン操作を切り替える必要がなくなります。

SCIM ユーザー プロビジョニング

SCIM ユーザー プロビジョニングのセットアップ プロセスは、何をいつ移行するかによって異なります。

Confluence のみの場合

Confluence のみを移行する (および Jira をまったく使用していない) 場合、Confluence Cloud Migration Assistant でデータやユーザーを移行する前に SCIM をセットアップすることをおすすめします。

Jira のみ / Jira と Confluence 両方の場合

Jira のみを移行する (および Confluence をまったく使用していない) 場合、ユーザーを手動で移行した後データを移行する前に SCIM をセットアップすることをおすすめします。これは、後述の既知の問題を回避するためです。

Jira と Confluence の両方を移行する予定で、SCIM に接続する必要がある場合、最初に Jira を移行するか、Jira の移行が完了するまでは SCIM を接続しないことをおすすめします。最初に SCIM と Confluence を移行して、あとから Jira を移行することを選択した場合、問題が発生する場合があります。以下の手順を利用します。

次の手順が必要になります。

  1. ユーザーを手動でインポートする。ユーザーを手動でインポートするには、アトラシアンのテクニカル サポート チームに問い合わせて作業を依頼する必要があります。「移行前にユーザーを一括インポートする方法」の手順をご確認ください。

  2. SCIM をセットアップする。すべてのユーザーがクラウド製品に正常にインポートされたら、ユーザー プロビジョニングで同期を開始できます。インポート済みの既存のユーザーを外部のアイデンティティ プロバイダーの管理対象とし、外部のアイデンティティ プロバイダーからユーザーを有効化および無効化したり、グループを同期したりすることができます。

  3. データを移行する。次に、上記のいずれかの方法を使用してデータを移行することを選択できます。

移行前にユーザーを一括インポートする方法

CSV でのユーザーのインポートをテクニカル サポート チームに依頼する必要がある場合、以下の手順に従ってください。

まず、Jira Server および Confluence データベースに対して次の SQL クエリを実行し、ユーザーとグループの CSV ファイルを作成します。

ユーザー

SELECT email_address AS "email", user_name AS "username", display_name AS "displayname", active AS "active" FROM cwd_user


グループ

SELECT DISTINCT parent_name AS group, child_name AS username FROM cwd_membership;

次に、2 つの CSV ファイルをアトラシアンの移行サポート チームに提供し、ユーザーおよびグループの Jira Cloud への移行を依頼してください。

ユーザー移行のトラブルシューティング

移行中に問題が発生した場合、アトラシアンのさまざまなリソースを活用できます。最初に、アトラシアンの公開課題トラッカーで既知の問題を検索することをおすすめします。Jira の移行で発生するいくつかの一般的な問題についての情報 (ステータスや推奨される回避策など) を見つけることができます。

次のような既知の問題があります。

詳細情報とサポート

移行をサポートする多数のチャネルをご用意しています。


最終更新日 2020 年 6 月 2 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する
Powered by Confluence and Scroll Viewport.