データ レジデンシーの管理

このページの内容

このセクションの項目

お困りですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。

コミュニティに質問

descriptionJira および Confluence の製品データをホストおよび保存する場所を選択します。アトラシアンのデータ レジデンシーの詳細についてご確認ください。


As an organization admin, view where your Jira Software and Confluence data or in-scope product content is hosted.

A realm indicates the geographical boundary where your product content is hosted. All products are hosted within the global realm by default. Location refers to the AWS regions where your data or in-scope product content resides. Learn more about AWS infrastructure and our cloud hosting infrastructure

View where your data is hosted

To view where your data is hosted:

  1. Select the name of your organization at admin.atlassian.com to access your organization’s Administration overview.

  2. [セキュリティ] > [データ レジデンシー] に移動します。

  3. In the data residency table, see the Realm and Location columns.

For your Jira Software Enterprise and Confluence Enterprise, you can choose to have certain product content at rest hosted in the EU or US realms. If you have product content hosted in the EU or US realms and you’d like to release it, choose the Global realm.

Realm

場所

グローバル

All data, including product content, is hosted within any of our AWS regions, determined by Atlassian. We may move this data between regions as needed. All products are in the global realm by default.

APAC (Singapore and Sydney), EU (Frankfurt and Dublin), and US (US East and US West)

EU

In-scope product content for Jira Software Enterprise or Confluence Enterprise is hosted within the Frankfurt and Dublin AWS regions. Your product will show a PINNED status to indicate the in-scope product content is held in place within the realm.

EU (Frankfurt and Dublin)

US

In-scope product content for Jira Software Enterprise or Confluence Enterprise is hosted within the US East and US West AWS regions. Your product will show a PINNED status to indicate the in-scope product content is held in place within the realm.

US (US East and US West)

All data is hosted within our AWS regions. To optimize product performance, we don’t limit data movement when it’s hosted globally and we may move data between regions as needed. Currently, there are certain types of data that can’t be hosted in a specific location.

Product content that can be pinned in the EU or US realms 

(tick) Product content that can be pinned in a realm

(error) Product content that can’t be pinned in a realm

  • Jira Software データ

    • すべての添付ファイル

    • ボードおよびスプリント データ

    • コメント

    • 製品内の通知データ

    • Jira issues and field content (including system and custom fields)

    • Jira の検索データ

    • プロジェクト設定データ (ワークフロー、カスタム フィールド設定、およびボード設定を含む)

  • Confluence データ

    • すべての添付ファイル (埋め込み画像を含む)

    • コメント

    • Confluence のページとブログ データ

    • 製品内の通知データ

    • ページおよびコメントへのいいね!

    • ページのメタデータ

    • Source data for notifications in emails

  • Jira Software データ

    • DSS (Development Status Service: 開発ステータス サービス)

    • 製品分析

  • Confluence データ

    • 権限および制限構成のデータ

    • Product analytics (search data and space keys)

  • General data related to all products

    • Atlassian Marketplace とアプリのデータ

    • キャッシュされているコンテンツ (最大 30 日)

    • 転送されるデータ (最大 30 日)

    • 製品、監査および運用ログ

    • Third-party product integration data

    • User account information data

    • User analytics

Currently, all analytics data is hosted in the US. 

Why we don’t pin user account information data

Atlassian adheres to Standard Contractual Clauses to ensure that all user data is adequately protected as required under the General Data Protection Regulation. We treat all user data the same way and use industry-standard technical and organizational measures to secure the information we store. 

To limit the footprint of user data throughout our system, we centralize user information into a small, controlled set of identity services and use representative IDs to reference this information when required. Products only store IDs, so when products need to display user data they call the identity services to retrieve the user data represented by these IDs.

In order to meet performance requirements for users located around the world, these identity services replicate this user data globally from the centralized identity service.

これらの理由により、現時点でユーザー データにデータ レジデンシーを適用することはできません。アトラシアンではこれが一部のお客様にとって問題となりうる可能性があることを理解しています。アトラシアンでは、お客様のデータ レジデンシー要件に合ったソリューションの選定を支援します。

For more information on where and how we store user data, see the Atlassian Trust center.

Why we don’t pin Atlassian Marketplace and app data

Atlassian Marketplace is comprised primarily of third-party app partners. These partners are not a part of Atlassian. We are in discussions with our Marketplace partners about data residency and we’re working on the ability for you to choose the realm where you’d like your app data hosted.

We will be progressively making more product content available to be pinned within a realm.

データ レジデンシーに関する用語

用語

定義

Atlassian Marketplace とアプリのデータ

サードパーティのアプリ ベンダーによってアトラシアン クラウド外で保存されている可能性のある、Connect アプリのデータ。

添付ファイル

Jira Software または Confluence の課題、ページ、または他のコンテンツに添付または追加されたファイル。

監査ログ

管理者の操作により生成されるログ。

AWS リージョン

Amazon Web Services のリージョン。

キャッシュされたコンテンツ

指定外のリージョンに次の目的のために最大 30 日間保存されるコンテンツ。

  • 指定された領域へのコンテンツのプログレッシブな移行

  • トランザクション コンテンツの一時ストレージ (送信が確認または放棄されるまでのメール データなど)。

転送中のデータ

アトラシアン サービスによって処理され、保存されないデータ。

製品内の通知データ

Jira Software および Confluence の製品内通知に関連するデータ。

運用ログ

運用上の保守および診断目的で使用される、アトラシアンのシステム ログ。

ページのメタデータ

The data used to describe a Confluence space for the purpose of search indexing.

権限および制限構成のデータ

製品またはサイトのアクセス権限/制限構成に関するデータ

Pinned

Product content located and limited to either the EU or US realms is referred to as pinned product content.

製品分析

Events fired by our cloud products for in-product user experience optimization and performance.

製品コンテンツ

ユーザーが直接追加したデータ。

保存される製品コンテンツ

ユーザーによって直接追加され、アトラシアンのクラウド データ ストアに 30 日以上保存されているデータ。

製品ログ

Jira Software および Confluence 製品のコンテンツや設定の変更により生成されるログ。

Source data for notifications in emails

Data in an email with notification details. For example, an email that contains issue names and comments.

Third-party product integration data

Data from any product integrated with Jira Software or Confluence. For example, a Github integration

User account information data

次を含む個人アカウント情報。

  • 名前

  • メール アドレス

  • アバター

User analytics

Events fired by our cloud products to help understand experiences based on how a user interacts with products.




最終更新日: 2020 年 10 月 19 日

この内容はお役に立ちましたか?

はい
いいえ
この記事についてのフィードバックを送信する

このセクションの項目

Powered by Confluence and Scroll Viewport.